NCIS 10-20 Chasing Ghosts 21 Berlin

さらっと自分覚書
キャラのツボったところメモのみ。
ストーリーにふれませんが、キャラネタのネタバレあり。

 

20話 邦題:見えない敵

今日は、ジヴァと局長因縁の相手、ボドナーの件で動きが。
ジヴァが単独で、ボドナーの動きを追っているようで、それがCIAにバレちゃった?とかなんとか。
局長は上から手を引くように言われていた。

そんなこんなで、通常の事件は早めに切り上げられ、事件解決後が長かった。
トニーはボスに、ジヴァがやってることを調査することに許可を求め、アビーも協力。
で、わかったことは、マクギーとジヴァで協力して動いていたってこと。(トニー悲しい(^^ゞ)
ボスもそれはわかっていたようだけど、きちんとジヴァの口から言ってくれるのを待ってたみたい。
トニーはボスのわんこ係だったんだな(笑)
局長も無言で頷き、次回はボドナー確保へ?

21話 邦題:ベルリン

前回の終わり方だと、さぞかしシリアスモードなのかと思ったら
やっぱりトニーはトニーだった(笑)
イタリアにバカンスに行くの?ってなくらい、嬉しそう楽しそう(笑)
しかし、そんな時、行く先変更を告げられる。ベルリンへ。
ベルリンはベルリンで”ながめが良い”そうで良かったですけど(^^ゞ
(トニーの言う”ながめ”とは、景色ではない)

ボドナー追跡編。
今回は、トニーネタで何かあったかしら・・・思い出せない(><)
しかし、エンディングにはどびっくり。
ボドナーの件、まだちょっと続くようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA