エバーウッド17話「ドクター刑事」

いつもは、ほっこりなんですが、今日はスタートもミステリアス。
ドアにうつる影は拳銃を持っている?と思ったら、注射器をもったアンドリューでした(笑)
このエピソード好きなんだ~♪サブタイトルの「ドクター刑事」通り、アンドリューとDr.アボットが事件を解決していく様子が、なんとも痛快で(笑)ほっこりな小さな町エバーウッドで起こる奇妙な事件。ほっこりとブラックのバランス。「ピケット・フェンス」を思い出しました。
オリジナルタイトルの「Everwood Confidential」は「LAコンフィデンシャル」のもじりか?
老人性認知症のマーヴィンが、予防接種を受けに来て、アンドリューに突然、「殺した。埋めるしかなかった。」などと話した。ためしに家を掘ってみると、なんと人骨が!
こうしてミステリアスな事件のはじまりはじまり~
警察に拘留されたマーヴィンを一番心配したのが、父が彼の親友であり、彼が名づけ親だと言うDr.アボット。
いつものDr.アボット節で
「ワーワーわめく女とブンブン飛び回る記者は水曜のゴミの日に出す!」
何それ(笑)
警察で、アンドリューと共にマーヴィンに話を聞くDr.アボット。
弁護士を呼ぶ権利を放棄した、と保安官。
Dr.アボット「ほうきだってチリトリだってするだろう。認知症だ。He’d wave for a red flag if you told it was a bullfighter, Roger. 」
相変わらずの吹替えアボット♪
さらに、マーヴィンをかばっていたら、共犯者が父であるかも知れないことを証言。
ドツボにハマるDr.アボット(笑)
なんとか汚名をすすごうと「中国まで掘ってやる!」とがんばるDr.アボット。
ところがどっこい、Dr.アボットが人骨を掘り当ててしまうのでした(笑)
否定して捜査しているものの、捜査官としてのハナが利くDr.アボットでした(笑)
結局、調べるために、アンドリューの指示でDr.アボットが捜査にのりだすわけだが、
ふと我にかえる。
Dr.アボット「君は何を?」
アンドリュー「モロモロ心配」
Dr.アボット「ヤダヤダ」
オリジナルで、アンドリューは I gotta make dinner first.と言ってるのね。
必死に掘り当てた(?)骨を組み立てるDr.アボット。そこへエドナ。
エドナ「がんばるねー」
Dr.アボット「結構ホネだがね」
やった!(笑)
父親の汚名をすすごうとがんばるジュニアの姿を一番喜んでるのは母親よね。
よくやりあってるけど、息のあう二人です。
そして発見。人骨は、男性のものではないと。
そんな父親とは、さぞかし仲がよかったのかと思いきや
「12年間診察のことかローズと子どもたちのことをたずねられただけだった」
お父さんも、Dr.アボットみたいな人かと思いこんでたけど、
無口な人だったんだ(笑)
でも、不器用さは、似てるのかな~
エフラムのデートについていくことになったアンドリュー、
バーに誘ったのはDr.アボットでした。
子育てについて落ち込むアンドリューに、
「はじめて自転車の乗り方を教えた時ブライトを泣かせた。
何か教えようとするたび泣かせた」
と自分の体験を話す。
素敵なほっこりオヤジドクターズシーンでございました♪
ここでは、インフルエンザが脳みそにやってきたか
「バーにいるけどいない。いないいないバー」とか
意味不明なオヤジギャグを飛ばしていたアンドリュー(^^;
あ、いつもどおりか(笑)
オヤジドクターズの(ほとんどDr.アボットのがんばり?(笑))の活躍で、無事事件は解決
(マーヴィンは、うっかり奥様の大切にしていたワンコをクルマでひいて埋めたのでした)
そして人骨は、大昔の集団埋葬のものでした。
黙っててほしいといったのは、土地の価値がさがるから、ということで円満解決♪
一人バッタリ倒れてしまったのは、不動産業者でそこを自分の家にしているブレンダ。
お気の毒(^^;
そしてラスト、マーヴィンがDr.アボットを父親の方と間違えて話だす。
父親は、息子ハロルドを自慢していたことを
「お前は他のやからより恵まれている」
父とかわした言葉は少なかったけれど、そう実感していた。
それを知ったDr.アボットのあたたかい微笑みがなんとも素敵でした♪
奇妙なめぐりわせでしたが、最後は、素敵な言葉待っていて良かったね!
と。
アンドリューとDr.アボット、どんどん仲良くなってるし、コンビとしてかなりいい味でてきましたよね♪
軽快な音楽と共に、ちょっとしたミステリーをみせていただき、嬉しい一作でございました。
でも、ブライトが相変わらず話題でしか出てこないのが(TT)
レイミーは、デートに行ったことで、エフラムがエイミーを好きだということを、再認識させるためだけの当て馬でかわいそうでした。怒って当然なのに、(エイミーだったら大変?(笑))友達宣言。コリンの妹だけあるのかな
そして、二人が別れたことを知ったエイミーは、また中途半端な反応。(ほっとしているようにみえたけど・・・)コリンも戻ってくるようですし、また来週からトライアングルの行方にヤキモキ、と来るのでしょう。
と!そうでした。ここで大きな事実が発覚したんでしたね。
コリンは、事故前にエイミーと別れようとしていた。
コリンは、事故後に生まれ変わった新しいコリンで、またエイミーを好きになりはじめたけれど、そのことを思い出した時、一体流れはどうかわるのでしょう。
さて、今日はアンドリューの弱点が発覚。
インフルエンザにかかったデリアに「医者はうつらない」なんて言ってたけど、実はただの注射嫌いだった!
「注射するのは好きだけど、されるのは嫌い」
やれやれ(^^;
ピアノ教師マットは、情熱はあるようなんですが、それがエフラムにとって吉となるか凶となるか・・・エフラムが楽しくひいてくれればそれでいいと思うのですが、ひいてるところ、ピアノのフタしめようとするなんて、あまり良い教師とは思えないんですけど(- -;)
今日はDr.アボットががんばってくれたからまだいいけど、来週こそ、ブライトに会いたいわ♪

「エバーウッド17話「ドクター刑事」」への6件のフィードバック

  1. まめさん、こんにちは。
    本当に笑いと感動を絶妙にブレンドした素敵なお話でしたね。
    コリンの事故前の決断、なんとなく予感があったのですが、言葉にされるとちょっとドキッとしました。
    ただ、やっぱりあれほどの事故を経験したあと、事故直前の記憶を全て取り戻すのは難しいようですね。
    (私の従兄弟もそうでした。)
    「今」を大事にするしかないようです。
    でも、その「今」がおぼつかなくなっていて、見ていて胃が痛いです。

  2. まめさん、こんばんは。
    エイミーが嫌いという訳じゃないけれど、彼女を見ているのに疲れて来たわたしは、コリンが別れようとしていたという話にちょっと頷けるところがありました。
    自分の気持ちを押し付け過ぎていたのだろうと、想像できますから。
    逆に、レイニーはまだ15歳にもなっていないだろうと思うと、クール過ぎ。
    どちらも、痛々しく感じます。
    とにかく、今回のエフラムはいいところなし。
    ドタバタの2度目のデートの申し込みは、可愛かったですけどね(苦笑)
    それでも、1番言いたいのは、来週こそブライトを!
    今回は、ハロルドの活躍(?)が、楽しく、ホロッともさせてくれて、素敵でした♪

  3. ◆Snowdrops-Fairyさま
    こんばんは~♪
    やはりこのドラマは、ハロルドが暴走してくれなくては!
    と思います(笑)
    笑えてほっこり・・・すごいキャラです(^^;
    コリンの事故前の決断は、予感がありましたか
    鋭い!
    「今」からはじめて、新しい展開が待っているのか、
    はたまた、また同じことを繰り返すのか
    痛くなりながらも、自分の子どものことのように見守ってしまいます。
    どんなカップリングでも、幸せならばそれでいいのですが・・・
    ◆KEIさま
    こんばんは~
    はじめて視聴したときは、かなり早い段階で
    エイミーをみているのに疲れていました。
    今回は、ティーンらしさ、ということを頭に置いて
    がんばってみましたが、やっぱり疲れてきました!(爆)
    なるほど、KEIさんも、コリンの事故前の決断を予想していましたか
    愛されすぎるって、重荷なんですね
    うーん、こうなるとやはりハロルドの存在ってすごい!(笑)
    癒しをもたらして、ティーングループの痛々しさをやわらげてくれる。
    来週は、ブライトとコンビでぜひ!(笑)

  4. アボット先生の活躍が素晴らしく、他のことはどうでもよくなりました。
    いざという時に頼りにならんね、ブラウン先生は。
    きっとインフルエンザ菌を街中に撒き散らし、ひどいことにしてしまったのではないでしょうか。そしてまた集団埋葬が…。
    TBさせていただきます。

  5. ◆yasishiさま
    今回も、主役はDr.アボットでした(笑)
    きっとDr.ブラウンは、
    インフルエンザがつらくて主役の座を譲ってくれたのでしょう
    (って、前からDr.アボットが主役だけど(爆))
    あの調子で、みんなに撒き散らされたら
    ほんと大迷惑ですね(^^;
    TBありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA