みにくいアヒルの子

/この記事は、豆飛別館から引っ越しエントリーです/
***
作品の感想、作品のストーリー紹介ではありません。
管理人が応援するChristian Oliver 紹介目的のエントリーです。
紹介シーンのネタバレあり
***

久々のこの枠ですね(笑)
いやですね、作品一覧をみて気づいたの。
これ、レポしてなかった!!
と久々の更新とあいなりました(^^)

A Light in the Forest
監督:ジョン・カール・ビュークラー
出演:ダニエル・ニコレット、トッド・ハニガン、リンゼイ・ワグナー、エドワード・アルバート
2002年

海外ドラマネタをからませますと、
「ドクター・クイン」でクイン先生のお母さんが病気になったときに、
手助けしてくれた先生が、ここではちょっと老けて
悪役だったのが、ちびっと悲しかった。。。

でも、その分、「バイオミック・ジェミー」のリンゼイ・ワグナーが
とってもあたたかな先生役で、素敵でした♪

***
以下、Christianの登場シーンを画像入りで紹介します。
登場シーン、全ネタバレです
***

続きからどうぞ

 

のっけから、絵本が出てきて、ファンタジーな扮装の方々が出てくるこのお話。
そこで、早速おや?と

「バイオミック・ジェミー」じゃございませんか。
リンゼイ・ワグナーさん、今も素敵♪
このままファンタジーが続くのかと思いきや、話は現代へ。

ハリウッドの学校に転校してきたブリタが主人公。
ジェミー(違)は、オードリー先生として現代にもいます。

ブリタや学校を気に掛けてくれる素敵な先生です♪

そして、Chrisitianの登場は、ブリタが転校してきたところから。

ブリタがスイスにいたと聞いて、おや。と
早速、意地悪オンナノコにイヤミを言われたブリタに
「気にすんな」と助言。


ドイツの歌を歌って意気投合
ドイツに小さい頃いた、という設定のゲイブくん役でした。
フランク・シナトラの真似をして、
一人で照れるゲイブくん(笑)
↑本当に顔が赤くなってないか?(笑)

この後、物語の世界と現代がリンクします。
ホリーという勇者(?)が像としてとじこめられてしまったのと同時に
悪もこの世から消え去ったのですが、
ブリタをきっかけに、どちらも現代のクリスマスに甦って
有力者にとりついて悪事を働こうとするお話。


で、現代とファンタジーの境目で諍いの元となるのが、
クリスマスのコンテストなんですが、
校長たちにとっては寄付目的のコンテスト、
生徒たちは、奨学金がもらえる!と目がランラン。
ゲイブは、得意の歌で出場を決めていましたが、
強敵現る!
これじゃ、勝ち目がない、とブリタを誘いますが、
ブリタには悲しい過去があって、
ゲイブの誘いを受けられませんでした。
でも、現代に甦ったホリーのおかげで、立ち直ってきたブリタは、
ゲイブのお誘いを受けることに。


ということで歌と踊りの練習


って、何か間違ってませんか?(爆)
(ブレちゃったけど、南の島の大王風?(笑))



で、歌ってるんですが、なかなかの美声♪


ちょっとラブネタ入るのも、青春もののお約束♪


さてさて、いよいよ善vs悪の戦いとなりますが、


で、拷問して話を聞くんですが、
さすがクリスマスのお話。
足をくすぐってます(爆)
楽しそうに(^_^;)


でも、かわいそうに。
とばっちりで声を奪われちゃいました


なので、ゲイブのかわりにブリタが
コンテストで芸を披露することになりました。
声が出ないのに、笑顔でブリタの補助をする
ゲイブ、いいやつだ


その間に、ホリーが悪を倒してくれたので
ゲイブの声も戻りました
めでたしめでたし


そしてクリスマスの日


ブリタが受け取った奨学金も半分っこ


そして外をみると


LAに雪を!の約束をかなえてくれたホリー

ほっこりやさしいファンタジー♪
保留になっていた分、クリスマスに近く、気分的にもよかったかも(^^)

「みにくいアヒルの子」への2件のフィードバック

  1. リンゼイ ワグナーの最近の出演作は、ドラマ「NCIS」シーズン13第10話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA