自転車通勤向きのレインコート

私は自転車通勤。
大雨にも対応できる態勢が必要です。
紆余曲折した経緯を書き残しておこうと思う。

これまで使用していたのが
rain000
10年以上前にディズニーランドで購入したポンチョ。
愛用していたのだけれど、ビニール!というような素材で防水性はばっちりなのだけれど、重くて暑い。袖丈が短く腕がぬれる。

長年愛用していたけれど、ちょっと切れてしまったのもあり、これ!というレインコートを求めて、レインコートさがしがスタート。

自転車用だと、よく上下セパレートのものが多いのだけれど、ズボンをはくのは面倒なのでまず却下。
ロングコートがよいだろうと思い、

rain001
雑貨店で購入したレインコート。
薄手の撥水加工。これならば軽いし袖もきちんと手首まであるのでよいのではないか、と思い購入。
少し長めの丈だが、スリムなラインなので、自転車にはまったく不向きだった。
軽い素材だけれど、内側がべたべたして夏場気持ち悪かった。
あと撥水加工は、大雨だと結局濡れます。
濃い色は、夜の自転車怖いです。
ちょっとお買いもの時に、傘をさしながらならば良い、程度だった。

rain002
モンベルポンチョ。
これは最強だろう!と思って購入したのだけど、山登りに良いものが自転車に良いとは限らない失敗(^^ゞ
夜、車からもわかるであろう派手な色を選択。
でも、自転車乗りには素材が難だった。軽すぎて風をふくんで袖はめくりあがる、すそは広がる。
幅をとるので非常に危険でした。
防水感はとてもよかったので、何かの時には使用したい。

rain003
これまでの教訓を活かして、購入したのがコレ。
色は夜でも目立つ色。
軽いものは風と大雨NGというのがわかったので、そこそこの重みと厚みを重視。ある程度の長さも必要。
手のカバー付なので手袋がなくても、手が水で冷たくならない。
これがやっと私がたどりついた正解レインコート♪
ハイポンチョという名前らしいです。気になる方はハイポンチョで検索してみて。
ポンチョだけど、モモンガ的な袖があって、風が入らないのに、中にコートなんか着てもまったくきつくないです。
大雨の時、前のファスナーをあまくしめていた時に雨が入ったくらいで、今のところ防水性はまったく問題なし。
厚みあるけれど、真夏でもOKでした。

ただ、多くのレインコートに共通するけれど、帽子部分のツバが短いので顔がびしょ濡れになってしまう。
メガネが濡れると前がまったくみえないのでこれは困る。
視界も考えて、ツバが透明の雨用の帽子を付けてからポンチョを着ている。
ハイポンチョに透明ツバがついてくれたら最高なんだけどな。

あと長さ的に大雨のときはパンツの裾が濡れてしまうので、BIBICAさんの足カバーも利用している。
このBIBICAさんのレイングッズは耐水圧がテント並、というのが売り文句だけれど、その防水性には私も納得。
他に前カゴと後ろカゴのカバーを利用しています。
(カゴカバーもいろいろ失敗しました。撥水加工は雨水たまったら漏れてくるのでダメです(TT)
手のカバーも使用しています。よく読まずに買ったら、防水じゃなくて撥水だった?
ということで防水力はイマイチでしたが、中にフリースがついていて、冬の季節に活躍しそうです。
フリースはとりはずすことができて、春夏も日焼け止めに使えていいです。
BIBICAには、レインコートもあることを後で知り、機会があったら試してみたいなぁと思っています。

強い味方ができて、快適に自転車通勤しているまめでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA