「健康」カテゴリーアーカイブ

UV除菌掃除機ATOCAREを買ってみた♪

相方と私が立て続けに、蚊ではない何かに刺された。
かゆみや痕の残り方から、こりゃダニではないか?ということで、対策を色々練ってみた。
そんなとき、UV除菌掃除機なる商品を知り、試してみたい!ということで導入してみた。
他にも同様の機能を持つ似た商品の候補があったのだけれど、吸い込み範囲、吸引パワー、汎用性などを考慮して、ATOCAREを選びました。
atocare1.jpg
お顔も好み(笑)(我が家での通称は”あいあん丸”)
この手の商品、基本は、ファブリック用。
普通の掃除機だと、吸引力を落とさないと布が吸い付いて大変なことになるけれど、布用なだけあって、フルパワーでもスムーズに布ものに掃除機がけができるのが魅力♪
プラス、ホースがついていて、角や隙間などにも使えるというのが気に入った。
ぬいぐるみなどもこのホースで吸いまくる!
我が家は籐のソファなのだけれど、ソファ面は直接本体で、編みこみ部分はホースで吸い込むとスッキリさわやか。
(ついでに、ふすまの敷居部分の掃除にも活用させていただいている)
カーペットを含むファブリック製品だけでなく、畳もOKということで、これに決めた。畳は干せないからね(><)
atocare2.jpg
がんがんほこりがたまるので気持ち良い。
以前、充電式の某サイクロンクリーナーを使ったことがあるのだけれど、その商品は、パワーに難ありでストレスがたまりまくった過去が。
コードはジャマでも、直接電気が送られてくるほうがパワフルで、私には断然良い。
このマーク、どこぞの映画に出てきたヤツに似てるような(笑)
紫外線の除菌率というのはどんなもんなのか専門的なことは私はわからない。
時期的なものもあるかも知れないので完全に安心はできないけど、これを導入してからは、まだ二人とも刺され痕は増えていない。
英国アレルギー協会推奨ということで、花粉の時期にも期待している。
(全日本動物専門教育協会も推奨らしい)
デメリット>
・うるさい。
吸引力はかなりのもの。でもその分、うなるうなる。パワフルにうなってくるので、音に敏感なご家庭むきではない。
・重い。
片手で本体ごと持ちあげてかけるので、長く使うと腕が疲れてくる(^^ゞ箸より重いものを持ったことがない方向きではない。筋トレだと思ってかけてる。
・コードがじゃま。
コードが収納式じゃないので、しゅるしゅるできる掃除機に慣れた身にはちょっと面倒だし置いておくときコード分場所をとる。(慣れればOK)
・フィルターをキレイにするのが少々面倒。
ゴミが捨てやすいとあるけれど、フィルターのお手入れはちょっと面倒。
大きなほこりは、確かにカパっとふたをあけてぱかっと捨てるだけだけど、かなり細かいほこりがついているのと、フィルターまわりに髪の毛などがまきついているので、実際はぱかっとはいかない。
分解してほこりをかきだす必要がある。
分解が簡単なのはありがたい。
透明な部分は、水洗いで簡単にさっぱりキレイになる。
厄介なのはフィルター。じゃばらになったところに、細かいほこりがまとわりついている。
ゴミ箱の上で、付属のブラシでこすりだしたのだけれど、細かいだけに舞い散る舞い散る。これではせっかく集めたごみを再度まき散らしているようだ(^^ゞ
のどもいがらっぽくなる。
面倒でも、外ゴミ箱でかきだすことにした。
フィルター部分も水洗いできるのだけれど、ゴミをかきだす過程を適当にして水をかけたら、じゃばらの谷部分に全部ほこりが集まってしまった( ̄▽ ̄メ)水流でかきだせないかとがんばってみたけど、大きいのは流れたけど、細かいのは寄っただけ。濡れて団子になったほこりがまたとりずらいんだ(><)
これはデメリットではなく、私の失敗か(^^ゞ
面倒でも乾いているうちに、丹念にほこりをかきだしてから水洗いすること。
あと、完全に乾いてからセットして使うこと、ですね。
<追記>
外のゴミ箱でチャレンジしたけど、じゃばらの部分のゴミを全部かきだすのは無理だった。
そこで、ある程度かきだしたあと水で流して、最後にじゃばらの端にたまったほこりを楊枝でとるようにしている。フィルターが破損しないように丁寧にね。<追記ここまで>
まぁ、使ってみるとわかることはいろいろとあったけれど、想定の範囲内。
みるみるほこりがたまるのが楽しくて、ついついピカっと目を光らせて、がーがーと掃除機がけをしてしまう(笑)
楽しいのが何よりだったりして♪
あとは、今後ダニのかみ痕が増えなければ、ばんばんざいだわ♪

湿疹のない帯状疱疹(頭痛耳痛)

その頭痛、耳痛は帯状疱疹原因かも知れない
長い間、疲れた時に出る原因不明の耳の痛みに悩まされてきましたが、もしかすると帯状疱疹が原因ではないか?ということになったので、耳痛!でも原因わからない!という方むけにもなるよう、覚書に書いておきます~。

続きを読む 湿疹のない帯状疱疹(頭痛耳痛)