「本と雑誌」カテゴリーアーカイブ

日本人の知らない日本語

を読みました♪

日本語学校講師の方の体験談がコミックでつづられているエッセイです。
生徒さんの質問は、かなーり深く、彼らが卒業する頃は、(いや入学する頃ですらそうかも・・・)間違いなく、自分のレベルを遥か超えた日本語知識が身についていることでしょう。
ためになることもいっぱいあるけれど、何よりも、面白いっす!(笑)

そうか・・・花札のあれは「あのよろし」じゃなかったんだ・・・・(恥)

お話とお話の間にある日本語テスト、最初の頃は、簡単簡単♪なんて思ってたら、急に難しくなって完敗したり(笑)

第二弾も発売されるみたいですね♪

こちらでちょびっと中身が確認できるので気になる方はぜひ♪

レッツゴー!栃木 U字工事の熱血お国自慢

前にちょびっと触れましたが「レッツゴー!栃木 U字工事の熱血お国自慢」を読みましたー
栃木を思う心は、私も負けないぞー!ということで、宣伝宣伝♪


内容は
栃木の知られざる姿!?を自慢する第一章
関東各県への思いをつづる(一部ライバル心めらめらの?(笑)第二章
栃木の名産、名物、観光地、などの穴場をオススメする第三章
U字工事さんご本人のヒストリーの第四章
に加えて、栃木弁講座、ゆるキャラ、スペシャル対談
などで構成されて、栃木弁そのままでU字工事さんが案内しています♪

U字工事のお二人が(栃木)県北出身ということで、県北の話題がやや多いかな?
宮っこの私には、知らなかったこともあって、ほほ~と楽しく拝見させていただきました♪

しかし、やっぱり読んでて盛り上がるのは、方言ネタ!!
今まで、お話していて、「大事?((心配して)大丈夫?)」とか「いじやける~(イライラする~)」など、これは方言と実感してきましたが(笑)今回の本で初めて方言と知った言葉も(^_^;)

しっぱねあがる。
う~ん、そういわれてみると、いかにも方言でした(笑)

かんまし棒
これも、今思えば、いかにも方言ですね・・・最近はお風呂をかきまぜる必要がないから使ってない言葉だけど。

一番驚いたのは、

ここは、そのまま本を引用させていただきますね!

「あるってくのめんどーだから、車のうら乗せてくんない?」

この文普通に使えるじゃないか!(笑)
あぁ。。。プチショック・・・・
「うら(後ろ)」は知ってたけど「あるってく」って、方言だったんだ!!

そういわれてみると、結構、言葉を、つまって言うことが多い気がしてきた。もっと方言いっぱい話してるかも(><)ブログで、わからない文かいてたらごめんなさいっ!!

あと、すっごい共感した部分が、東京で、イントネーションをなおされたというくだり。
飴と雨、箸と端と橋
どれも同じじゃないの(><)これ、散々なおされたけど覚えられませんでした(^_^;)
えぇ、本に書かれていた通り、私も東京のテンポについていけなくて、栃木に戻りましたさ・・・

ではでは、最後に、本に載っていなかったゆるキャラを紹介。
なぜ、栃木のゆるキャラに、とちぎテレビの”てれすけくん”がいないのか。
って、特定企業の宣伝になっちゃうからだめなのか(^_^;)
ちなみに、てれすけくん、あのアンパンマンと同じ作者さんデザインどす!
とちぎテレビ

近県の方、ライバル心バリバリなことも書かれていますけど、お国を愛するがゆえ。あたたかく見守ってやってくださいませ♪

偽りの・・

正解がない事に関して、ネット上で言葉にすることに消極的ゆえ、紹介だけ。

『偽りの日米開戦』
一気読みしてしまいました。
、開戦時期に関しての総まとめによいかな、と。そのときおきた事柄と、関わった主要人物だけに的をしぼっていて、何より読みやすいのが嬉しい。(その分物足りない部分もありますが)
もちろんこの本で何やかんやと判断できることでないことは前提ね。

ということで、同じ偽りシリーズの『偽りの明治維新』を読み始めました。
作者の星亮一氏のルーツは福島県にあり。ということで、きっとこちらのほうが専門?
我が家のルーツも会津にあり。戊辰戦争をどうとりあげてるのか、とっても興味あります!

ただ、どちらもサブタイトルは、あまり好きではありません(^^ゞ
「~の真実」「なぜ~したのか」
持論は自論。そればすべてではないし結論でもないかな~と
(ついでに言えば、歴史のテストとかに正解があるのも許せん!!(笑))
こういう側面もあったのねん、ということで興味深く読ませていただきました♪

ということで、こういう側面もあるからこれを読んでみたら?なオススメ作あったら是非教えてくださいまし♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

小説「HEROES/チャーリーを救え」

発売日:2008/4/25

スパドラブログのアナウンスで知りましたが、HEROESのオリジナル小説が発売されるそうです。

10話の「6ヶ月前」時、チャーリーを救うために過去へ飛んだヒロのお話のようです。
チャーリー、かわいくて好きだから気になる作品です。アンドウくんは出ないのかな?

同じ4/25には「CSI:NY死の冬」も発売されます♪

文庫「CSI:NY 死の冬」

CSIニューヨークのオリジナル小説が発売になります♪
4/25
740円

詳細は角川文庫のページから

実は、ベガスのオリジナル小説を途中挫折した私(^^;
好き好きニューヨークメンバーが挑む事件はいかがでしょう~
キャラ好き作品ですが、好きなキャラが多いので、楽しめるといいなぁと思っています♪
↑事件はそっちのけ?

海外ドラマムック本二冊

Enjoy!海外TVドラマLife Vol.2
1200円
DVD収録:ギャラクティカ、HEROES、ゴースト

FLIX増刊の海ドラムック本です。
特集は「ギャラクティカ」
注目のドラマに
「ゴースト」
「デスパレートな妻たち」
「HEROES」
「Lの世界」
をもってきてます。

FLIXらしさは、何といってもインタビュー記事が多いこと!
今回も、いろんな方のインタビューが掲載されています♪
デヴィッド・カルーソ、マシュー・フォックス、ロドリコ・サントロ、アメリカ・フェレーラ、マイケル・C・ホール、エミリー・デシャネル、ジェイソン・リー、メアリー=ルイーズ・パーカーなどなどなど

また独自企画として、「見覚えのある俳優ファイル」の第二弾、そして今回は、「TVドラマの気になる兄弟」なんてコーナーも。

私は、大好きな海ドラムック本。これからも続けてほしいな~
***


日経エンタテイメント!海外ドラマSpecial
980円
DVD収録:HEROES1~3話、HEROESインタビュー、クローザー

特集は「HEROES」
検定も含めて、誌面の半分がHEROES特集です。

他、デヴィッド・カルーソのインタビュー&ピンナップ(笑)が売りでしょうか。
他「キャラクティカ」「ローマ」「クローザー」「Lの世界」「BONES」「4400」「LOST」あたりが、みひらき紹介、他作品は1ページづつ。

独自企画は、日経エンタメのコラムを掲載したり、視聴率、レンタル、ストライキなど、エンタメらしい考察ページや、海外スタジオ取材で、パトリック・デンプシー、ケイト・ウォルシュ、キャリスタ・フロックハート、コートニー・コックスへのミニインタビューも。

HEROES検定もスタートしましたね

それぞれのよさが出ている二冊の海ドラ、選択ポイントは、やっぱり好きドラが紹介されてるか?
私がプッシュしているドラマが載ってないぞ・・・・

MOVIE STAR2008年3月号


MOVIESTAR3月号に
「冬の海外ドラマ特集」
の文字が!

ふんふん~とめくったら、「スパナチュ」に「ハイスクール・ミュージカル」と、やっぱりむびすたなラインナップだな・・・と思ってみていると、そんな中で、燦然と輝くオヤジの星!!
「CSI:マイアミ」のホレイショと「CSI」のグリッソムが、それぞれ見開きで紹介されてました~♪
しっかりインタビュー記事です。
ホレイショ侍は、サングラスはずしポーズもみせてくれてます(* ̄m ̄*)

おっとそうそう。「Lの世界」も紹介されていて、ふわふわヘアーのかわいい編集長(「アグリー・ベティ」のダニエル!)のお写真に、びっくり。出てるんだ。知らなかった~
髪型かわると、雰囲気かわるもんですね!

気になる方は、本屋へご~♪

個人的には、追悼ヒース・レジャーに涙。

2/19「日経エンタテイメント!海外ドラマSpecial」

2008/2/19発売
980円

またまた海外ドラマ本、発売です!
HEROES特集で、ホレイショの撮りおろしピンナップ付(笑)
来日密着レポもあるようで、楽しみですね~!

あと、HEROES検定が1/29からスタートするようですね。

人気キャラ投票は以下からどうぞ
メインキャラ編
サブキャラ編
なるほど~。日本では、やっぱりあのコンビが人気ですね!!

「声優グランプリ」で24とコールドケース


10/10発売
980円
ごめんなさい、実はこの雑誌知りませんでしたが(^^;
大好きな小山力也さんのブログ
『力也の気持ち』
http://blog01.seigura.com/koyamakimochi/をたどっていたら・・・
まず辿ったのは
「24-twenty four-特集」
http://www.seigura.com/pickup/24/koyama.html
↑面白い企画だな~
こういうの、いろんなドラマでやってほしい!!
そして、雑誌でも特集!ということで
このページにたどりつきました(笑)
「声グラ」
http://www.seigura.com/seiyu.html
特集の中に
  「海外ドラマにどっぷりハマる」小山力也『24』/高橋広樹『コールドケース』
という項目がありましたので、こちらで紹介させていただいたわけです♪
「コールドケース」は、WOWOWの看板番組となっておりますが、
12月にはAXNにも登場ということで、楽しみにしております!
(ただ、長期不在の年末年始なので、ちょっと不安が・・・・・)
あ、こんなページも!!
 「師弟対談」井上和彦×洞内愛
井上さんといえば、「LOST」のジャック~♪♪♪
ふむふむ。こういった雑誌でも、がんがん海ドラとりあげてくれたら嬉しいな~
個人的にはWATのコンビ小山力也さんと矢崎文也さんの対談とかほしいな(笑)