「80年代洋楽」カテゴリーアーカイブ

ABBA三昧。

Image480

「マンマ・ミーア!」を観たあと、結局こうなりました(笑)
映画館じゃ歌えないけど、自宅では歌いまくってます~♪
ミュージカルは、後々こういう楽しみがあっていいですよね~(*^^*)

映画で聴いたよりも、上手に聴こえるのは気のせい!?
映画が楽しかったので、映画で聴いた曲を聴けるのは、この時期とっても嬉しいです~♪

ABBAは二枚組み。そのほうがお得だったので
↓の二枚がカップリングではいっています。
ちゃーんと、映画で使った曲にはこの曲って、印がついています♪
なぜかサントラに入っていない、「チキチータ」が聴けて嬉しい!


はっぴーはっぴー♪
でも聴きすぎると夜興奮しすぎてねむれなくなります(^_^;)

ブログランキング・にほんブログ村へ

LAS VEGASとJon Bon Jovi

マイミクのmakkyさんから教えていただきました!
(ありがとうございました♪)

まずは、ご覧あれ~

Jon Bon Jovi & John Elway NBC Commercial

もう大ウケっす!!!

これまたmakkyさんに教えていただきましたが、
Jonは、フィラデルフィア・ソウルの共同オーナーをされているそうです。
で、NBCで放映されているよしみで、Jonを加えたAFLとLAS VEGASの豪華版CMができあがったということです!

しっかり舞台がMonteciteで、LAS VEGASのメンバーも出演しているのがいいですね!
でも、オチは、JonとJohn Elwayさんにもっていかれてしまいましたが(笑)
♪You give love a bad name~♪
泣かせる!!!(爆笑)

makkyさん、本当にありがとうございました!

***

せっかくJonの話題が出たので、ちょっと一緒にご紹介しちゃいます。
「FBI失踪者を追え!」のシーズン1の最終話のエンディングでかかった
Jeff Bucklyeの”Hallelujah”。
というか、海外ドラマであちこちで使われていて、海ドラファンおなじみの曲ですが(笑)
ギブス・・・じゃなくて、マーク・ハーモンさんが登場した「ザ・ホワイト・ハウス3」の
ある重要なシーンでもかかって、再度じっくり聴きたくなってしまいました。
YouTubeで、Hallelujah三昧したときに、これはすごくいい!って紹介したかったものです。

Bon Jovi版Hallelujah感動してしまった(TT)
曲を歌う前のJonの言葉付バージョンもありましたので、気になる方は、こちらから。

海ドラおなじみJeff Buckley版をおききになりたいかたはこちらから。 http://www.youtube.com/watch?v=AratTMGrHaQ

Duran Duranニューアルバム発売!

Red Carpet Massacre

レッド・カーペット・マサカー~美しき深紅~

Duran Duranの新譜が12/5に発売されます!
(は。りん、お知らせありがとうございます~
後でゆっくりお返事させていただきますね)

初回生産盤には、DVD付ということで、早速注文しちゃいました♪

残念ながら、オリジナルメンバーであるアンディー・テイラーは音楽性の違いから脱退。
ギタリストはDom Brownさんという方での新生Duran Duranでの新譜の発売となったそうです。

Astronautから3年、今度はどんな音になっているのか、とても楽しみです~

いい男バトン(音楽バージョン海外編)

前回、いい男バトン(俳優限定)と限定させていただいたのは、
いつか、気が向いたらほかのいい男さんもあげたいな~と思ったから(* ̄m ̄*)
ということで、音楽バージョン(海外編)いきますっ!!
(日本人を入れると、またとっちらかるので(^^;)
いい男バトン(俳優限定)はこちら
元は哀生龍さんにまわしていただいた「いい男バトン」です。
哀生龍さんの回答はこちら
1.いい男(ミュージシャン)に絶対必要だと思われる条件は?
スリムであること。
2.いい男(ミュージシャン)に似合うしぐさ、持たせたい小道具はありますか?
タバコ。
俳優とかわんないじゃん(笑)
3.男性(ミュージシャン)の体の部分で好きなところはどこですか?
ミュージシャンはぺらぺらでOKなんですが、
スリムと思っていた方のTシャツからのぞく上腕二頭筋が、たくましくて、
ときめいたことがあります♪
ギタリストの、腕や手のスジスジとか大好きです(笑)
4.ごく普通の人(ミュージシャン)がいい男に見える瞬間はありますか?それはどんなときですか?
ごく普通のミュージシャンって変ですが(笑)
LIVEでのパフォーマンスがステキだとときめいてしまうことがあります。
そんなときは、汗が(リアルに考えてはいけません)かっこよくみえる小道具になったりします♪
5.いい男(ミュージシャン)だと思う人を好きなだけ挙げてください。
かっこ内にバンド名、一番好きなビジュアル(一番好きな曲ではなくビジュアルね(笑))の頃の曲を入れます。
ジョン・テイラー(New Moon On Monday/Duran Duran)
John
ロジャー・テイラー(Hammer to Fall/Queen)
Roger
リック・スプリングフィールド(Love Somebody)
Rick
トム・ベイリー(King for a Day/Thompson Twins)
Tom
グリーン・ガートサイド(Perfect Way/Scritti Politti)
Green_1
デヴィッド・シルビアン(Forbidden Color)
Davids
エドワード・ヴァン・ヘイレン(Hot for Teacher/Van Halen)←チビエディもかわいいので(笑)
Eddie
ダリル・ホール(うーんビジュアルはOut of Touchの頃かなぁ/Hall&Oates)
Hall
リッチー・サンボラ(She Don’t Know Me/Bon Jovi)
Sambora
クリス・ヘイズ(If This Is It/Huey Lewis&The News)
Chirs
ブライアン・アダムス(Cuts like a Knife)
Bryan
↑目的の若い頃の写真がみつからんかったので、中途くらいで。
そこにも、法則はないっ(爆)
6.上に挙げたいい男(ミュージシャン)にハマッて‘こんなことをした’‘自分はこんな風に変わった’というエピソードがあれば教えてください。
これらの方が好きだった頃は、当然ネットもないし、
お小遣いも少ないし、1ヶ月に●枚と決めて、レンタルレコードを借りてきて、
テープにとり、歌詞カードを、手書きで(!)書き写す、
そのくらいのことしかできませんでした( ̄▽ ̄メ)
でも、書いたおかげで、歌詞結構覚えてるんだよね。
7.もっと知名度が高くてもいいはず!といういい男(ミュージシャン)がいたら教えてください。
リック・スプリングフィールド。
LIVE AIDのDVDでもカットされちゃってるんですよね(^^;
彼は、今尚かっこいいっす!!
8.フィクションの人物(ミュージシャン)に恋をしたことはありますか?その経験がある方は、誰に恋をしましたか?
Duran Duranのジョン・テイラーには、マジでほれてた気がする(笑)
↑だからと言って、何をやったわけではないが・・・
9.いい男(ミュージシャン)とふたりきりになれます。誰と、どんなシチュエイションがよいですか?
やっぱりここは、私のいい男原点Duran Duranのジョン・テイラーさんにおいでいただき、
「Rio」をフルコーラスでベースを弾いていただきたい。
しかも、フル笑顔で(笑)
10.自分のまわりの人を全部いい男(ミュージシャン)でかためられます。誰をどんな立場の人に選びますか?
どうもミュージシャンって、ブラウン管から抜け出した姿を想像しにくい。
のでちょっと趣向をかえて、バンドを作ってみます。
ベース:ジョン・テイラー!(ベースで好きなの一人だもんねぇこりゃ簡単(笑))
ドラム:ロジャー・テイラー(若き日限定で(^^;今のドラム重すぎ~)
リードギター:エドワード・ヴァン・ヘイレン(ギターを弾くエディーが一番好き♪)
ギター:リック・スプリングフィールド(贅沢にもコーラス兼任)
ボーカル&キーボード:ダリル・ホール(声、すっごい好きなんです♪彼は声が男前度をあげてるよね)
11.次に廻す方は?
こちらもに置いておきます~
お持ち帰り希望の方は、お知らせくださいませ♪
くりりんさまの回答はこちらから♪

DURAN DURAN LIVE FROM LODON


は。りんに教えてもらって、DVDを購入したところでしたが、
(いつもありがと~♪)
BS-iでの放映があったので、放映にからめてご紹介を♪
DVDとCDの二枚組、ウェンブリーのライブ音源。
初回生産分のみ、3Dメガネ付です(^^)
◆その他の仕様
・カラー12ページブックレット
・解説:今泉圭姫子
・日本語字幕付
◆特典映像
・ドキュメンタリー映像(27分)
・フォトギャラリー
・メンバーによる楽曲コメント
・「愛・ドント・ウォント・チャ・ラブ」ライブ3D版映像
◆DVD
・(Reach Up for the)Sunrise
・Hungry like the wolf
・Is there something I should know?
・Union of the Snake
・Come Undone
・A view to a kill
・What happens tomorrow
・The Chauffeur
・Planet Earth
・I don’t want your love
・New Religion
・Ordinary World
・Night Boat
・Save a Prayer
・Notorious
・The Reflex
・Careless memories
・Wild Boy
・Girls on Film
・Rio
Credit
・I don’t want your love(3D)
◆CD
・Opening
・(Reach up for the )Sunrise
・Hungry like the wolf
・Planet Earth
・Ordinary World
・Save a Prayer
・Notorious
・Careless Memories
・Wild Boys
・Girls on Film
・Rio
盛り沢山っす!!
で、BS-iでの放映でしたが、この中で
「Ordinary World」と「Girls on Film」がカットされていました。
どちらも名曲。なんで?
って全部が名曲なんで、時間あわせの苦肉の策というところでしょうか(^^;
スタート時がなんともかっこいいんですよ~
ステージ上に、カメラのフラッシュのような
断続的なライトがたかれて浮かび上がる5人。
最初は、かっこよくたっているのですが、それぞれの持ち場に向かいます。
そしてライブスタート
いや~トリハダもんっす!!(*^^*)
背後には、スクリーンがあり、それぞれの曲にぴったりの映像が流れます。
セットとかではなく、映像で・・・というのが、今ドキ風であり
また大人なDDにぴったりでしたね~
印象に残っているのが、「A View to a Kill」のスタイリッシュなおねーさんの映像。
かっこいいと思ったら、エリザベス・ハーレーなんですって!
「The Chauffeur」では、懐かしのPVが流れ
「Save a Prayer」でずっと黄色の何かが降ってきているような映像も
花火みたいできれいでした。
ちょっと、は?と思ったのは、「Careless Memories」だったかな?
DDがアニメになって、悪を倒します(笑)
敵が刀を持ってたりして・・・
なんか、「キル・ビル」のアニメ部分を思い出しました(笑)
ライブの音源は、以前から聴いていましたが
このツアー、選曲がたまらないですよね~
「NewReligion」や「Careless Memories」などが流れたら
もう鼻血出てしまいますよ(笑)
サイモンの声の調子もとてもよいし、みんな楽しそうだし
客席もノリノリだし♪
コメントで、年とったから前よりも遅くなった曲があるみたいなこと
話してますが、そんなんわかりません!
むしろ、円熟味ましていて以前よりかっこよいくらいです♪
みごたえのあるDVDだと思います!
そして、放映ではカットされてしまった「Girls on Film」では
メンバー紹介&ちょびっとソロコーナーがあります
(こういうのがあって、カットされちゃったんでしょうね)
いや~みんなかっこいいけど
ジョンがまたかっこいいのよ~o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o
そして大好きな大好きなRIOでしめ、幸せな気持ちをかみしめました♪
サイモン&ジョンの大好きなひとつマイクシーンもあったし
大大大満足~
まだ3D映像をみていないのと、CDを聴いていないので、
追加で書きたいことがあったらまた更新しま~す♪

リック・スプリングフィールドプロモ集

前の枠にも書いたように、リックのファンでありながら、PVの記憶がまったくない私。
そんな私のおさらいにピッタリのプロモ集のレポ

1.ジェシーズ・ガール

お肌ツヤツヤです!目キラキラです!くちびるピンクです!髪長めです!
いや~アイドルだ~!(笑)
基本は、スーツでギターをひいて歌っているか、黒のシャツを三つくらいボタンをあけて、白いおズボン姿でギターをひいて歌っている。
あまりにツヤツヤすぎて、しっくりきません(爆)
なんか踊りも垢抜けない感じで
サービスショットに、ランニング姿で顔を洗ってみたり
本当に、アイドルだったんですね(笑)

ラストにジャケットに使われたワンコが懐かしい!
ワンコが動いてる~とちょっと感動(笑)

2.Don’t talk to stranger

ちょっと髪がすっきりして男前度があがります♪
PBVではストーカーのような役柄ですが、
さすが演じることも本業にしていたので視線のもっていきかたにムードありますね。
見所は、二台の車のボンネットをまたいでギターをかきならす姿。
足なが~~~~!!!

3.What kind of fool am I

フィルム技師の役なのかな
キスシーンのフィルムをながめる姿は
「ニュー・シネマ・パラダイス」を彷彿させます。
(後々、ドライブインシアターでこの映像が流し出されます)
ほとんどは、ドライブインシアターでギターを持って歌うシーンなのですが
この、技師をやっているシーンがとてもお気に入り
パンか何かにパクついて、コーヒーを飲みながらお仕事

4.Affair of the heart

ベッドの中で半裸で寝苦しそうなシーンからスタート。
まさにサービスシーンですな(笑)
基本的には、ライブシーンなのでみやすいPV。
PVも、このあたりから、記憶がよみがえってきました。
髪型も、だんだんと、トップデカデカわき流し後ろ髪長い80年御用達ヘアーに

5.Human Touch

宇宙船(?)の中、カプセルのようなところでキャプテンが目覚める。
そして乗組員たちも全員目覚めて、Let’s ミュージカル!
そうか~こういうPVだったんだねぇ。
ちょっと、「アンドロメダ」を彷彿。
近未来な服の男女が歌って踊って楽しいPV♪
リックもちょびっと踊ります。
ラストには、またトラブルメッセージみたいなのが流れて
みんながカプセルへ。

6.Souls

二通りのリックが楽しめるPV。
一人は、ブショーヒゲのバスの運転手
そして一人は、ノーブルな白スーツを着込み、美しい美しいお金持ちリック。
満たされない日々を送る雰囲気が出てます。
ためいきをつく貴公子って感じでいいわ~(* ̄▽ ̄*)

リックは、俳優でもあるので、
PVでも時々、ふっと素敵な表情をみせますよね♪
「ジェネラル・ホスピタル」「ハイタイド探偵事務所」などなど
(「ワンダーウーマン」のゲスト出演なんてのも。
大好きで欠かさずみていたから、間違いなくみてはいるんだけど
さすがに記憶にはない(^^;)
再放映を願っている作品が多いですが、
今からでも、何か海外ドラマ出てくれないかな~

最近の「Love Somebody」を歌う姿もみることができました。
現在の姿の方がかっこいいとは、どうしたことでしょう!!
年齢を重ねて、ますます渋くかっこよくなるリック♪にほれぼれでした(*^^*)

The Day After Yesterday/Rick Springfield


1.I’m Not In Love
2.Under the Milky Way
3.Life In A Northern Town
4.Broken Wings
5.Human
6.Holding Onto Yesterday
7.Baker Street
8.Waiting For A Girl Like You
9.Lets go Out Tonight
10.For No One
11.Miss You Nights
12.Blue Rose
13.Cry
14.Imagine
がろとさんに教えていただいたリック・スプリングフィールドのカバーCD。
いや~コレいいっす!!
私は、ロックンローラーのイメージが強かったのですが
こんな大人なアルバムも作れるんだと、かな~り嬉しかったです(^^)
カバー曲なので、リックを知らない方でも、
あ、これ聴いたことある!と楽しめる作品となっています。
基本的にリックのお声はかわっていませんが
渋さと落ちつきが加わって、80年代よりも数段良いのではないでしょうか。
個人的に、やはり80年代のラインが嬉しかったです。
3「ライフ・イン・ノーザンタウン」ドリーム・アカデミー
もう、これが入っている時点で購入を決めました。
このアルバムの良いところは、下手に弄らず
オリジナルをとても大切にしたカバーに
リックの声がのっていると言うこと。
特に、この曲は、リックの声質にとてもあってる!
ハスキーな声を活かしたまま、しっとりと優しい曲に仕上がっています。
4「ブロークン・ウィング」Mr.ミスター
オリジナルのリチャード・ペイジさんがコーラスで参加が嬉しい!
5「ヒューマン」ヒューマン・リーグ
しびれます。
3もそうでしたが、こういうミディアムテンポのしっとりたした曲
本当によく似合うようになりましたね。
この曲は、オリジナルも大好きですが
2番以降のサビで、ちょっと高音になるのですよ
そこできゅうぅ~としてしまいました(笑)
8「ガール・ライク・ユー」フォリナー
そして80年代ではないですが
10「For no one」ビートルズ
14「イマジン」ジョン・レノン
この2曲は、ファンの方が多すぎて
賛否両論はあるかも知れませんが
私は、かな~り好きです。
リックが12月に来日しますね。
私はコンサートに行くことはできませんが
チャンスがある方は、次にいつ来るかわかりません
ぜひ行ってきてくださいね~

DVD「QUEEN GREATEST KARAOKE HITS」

QUEEN GREATEST KARAOKE HITS
Featuring The Original Queen Hit Recording
↑はい。その字の通りQUEENのレコーディングを活かして、そのままカラオケにしてしまったという、なんとも大胆なDVDなのでございます。

では、まず、ラインナップ。
01.Bohemian Rhapsody
02.You’re my best friend
03.Somebody to love
04.Tie your mother down
05.We are the Champion
06.We will rock you
07.Spread your wings
08.Bicycle race
09.Fat bottomed girls
10.Don’t stop me now
11.Crazy little thing called love
12.Save me
13.Play the game
14.Another one bites the dust
15.Flash
16.Keep yourself alive
17.A kind of magic
18.Under Pressure
19.Radio gaga
20.I want it all
21.I want to break free
22.It’s a hard life
23.Breakthru
24.Who wants to live forever
25.The miracle
26.I’m going slightly mad
27.The invisible man
28.Hammer to fall
29.Friends will be friends
30.The show must go on
Bonus Tracks
32.These are the days of our lives
33.Heaven for Everyone
34.A winter’s tale
35.I was born to love you(2004 Video)
全35曲、ノンストップの140分。
QUEENのPVの歴史ですよ。圧巻!
声の方は、きちんとフレディーの声入りと声なしで選べますので、VideoClip集としても大変みごたえのある一品でございます。
ただし!(ここ重要)
カラオケですから、思いっきり画面に歌詞が出ます(笑)
(色で歌ってるところを示すあれです!)
カラオケですから、そちらが主役。顔が半分消えようが、顔のまんなかだろうが容赦ないっす。
そこで気付く。QUEENの曲は、「ウー」が多い画面に○○○○と並んでるから何かと思ったら、「ウー(Oooo)」だったのですね(^^ゞ
個人的には、「One Vision」が久々にみられて嬉しかった。
「ボヘミアン・ラプソディー」の4人並んでいる図からはじまって、それが現在(当時の)の姿にかわって、ジョンとロジャーが顔をみあわせるってとこ、すっごい好きだったの~♪
あとは、ずっとレコーディング風景なんだけど、今までのQUEENにはない、そのナチュラルな普通感が好きでした。
フレディーとロジャーがバカノリしていたり(笑)
ドラムソロで、ワンシーンだけ、ジョンにすりかわっていたり(笑)
QUEENのビジュアルが半分文字で隠れるという邪道なDVDかも知れませんが、これはこれで、嬉しかったまめでした。さ!歌詞覚えるぞ~(笑)
音楽情報を求めるという性分じゃないので、情報いただけるのとっても嬉しいです。
は。りん、教えてくれてありがとう~

i-podバトン

いつも大変お世話になっております
Mihoさんからi-podバトンをいただきました
んが!
先日、コメントでも書きましたとおり、私はi-podユーザーではありません( ̄▽ ̄メ)
ということで、本日は、回答ではなく、紹介という形で失礼させていただきます。
お持ち帰りは、こちらからでも、スタートのMihoさんのブログi-podバトンからでも♪
1:あなたのi-podは何ですか?(複数回答可)
2:i-podに入っている曲数は?
3:主に使用している用途は?
4:最近入れた1曲は?
5:よく聞く曲は?とりあえず5曲くらい。
6:中に入っている人に言えない(かもしれない恥ずかしい曲は?(言い訳も可)
7:中に入っている曲数が一番多いアーティストは?
8:iTMSは使ってますか?使うと答えた方、月々の使用金額はいくらぐらいですか?
9:バトンをまわす方3人。
ずっとずっと気になりながらも、面倒くさがりで手にとれないi-pod・・・
i-podのよさを私にぜひ教えてください!
追記:
がろとさま、私が回答してないのにバトン受けとってくださってありがとうございます!
がろとさん回答ページ
真意さん回答ページ

CD「JEWELS/QUEEN」


発売された当初、なんとなく買おうとは思えなかったCDでした。
CCCDだし。(コピーできないように、音質落とすなんて、とんでもないCDじゃ)
DVDも買ったし余計ね。
DVD感想はコチラ
買ってみると、やはりいいとこどり!基本中の基本の曲ばかり入っているので、通して聴くと、とても面白い。
買って良かった
さて、ビジュアルをみてしまうと、ロジャーがいい。で終わってしまいそうなので、そこを押さえて(笑)音のみでレポレポ~
01.I was Born to love you
02.We will Rock You
03.We are the Champion
04.Don’t stop me now
05.To much love will kill you
06.Let me Live
07.You’re my best friend
08.Under Pressure
09.Radio Ga Ga
10.Somebody to love
11.Killer Queen
12.Another one bites the dust
13.Crazy little thing called love
14.Flash
15.The show must go on
16.Bohemian rhapsody
01.ボーン・トゥ・ラブ・ユー
(フレディー・マーキュリー)
CMでも流れたので知ってる方も多いと思いますが、言わずと知れたフレディーソロ発表の名曲。
が、なんでQUEENのCDに?というと、フレディーの死後に、フレディーのボーカルに演奏をつけて録音しなおしたそうです。
フレディーファンにとっては、複雑な気持ちもあったと推察しますが、下手にリミックスとかされるよりもQUEENの手で元気なフレディーが甦るのは、嬉しいことです。
02.ウィ・ウィル・ロック・ユー
(ブライアン・メイ)
格闘技などでよく使われるけれど、本当に、これからはじまる!と気合が入る曲ですよね。
流れるような美しいメロディーラインがあるわけでもなく、すっごく不思議な曲。
(美しいメロディーは、ラストのギターで出てくるのみ)恐ろしいまでに短いし(笑)
売れスジ曲王道の裏街道を突っ走る名曲。(なんじゃそりゃ)
03.伝説のチャンピオン
(フレディー・マーキュリー)
ゴージャスさにかけては世界一。オレたちが世界のチャンピオン。そんな曲をライブエイドのような大勢が演奏するライブで演奏して、違和感をまったく感じないのは、彼らだけだろう。もちろん、”WE”というのは、QUEENだけではなく、会場も含めた”WE”だと実感できる曲だからなんだけどね。誰
もが認める名曲なので、今更この曲に文句つけたら、多くの方に反論されるでしょうけど(笑)
このサクッとした終わり方は、未だに違和感あるのです。
ライブは、ちゃーんとすっきりさせてくれるので嬉しい。
04.ドント・ストッピ・ミー・ナウ
(フレディー・マーキュリー)
ピアノ演奏とともに美しいメロディライン、そして美しいコーラス。まさにQUEEN!疾走感&爽快感溢れる雰囲気が「ボーン・トゥ・ラブ・ユー」系。フレディーの作るラインは天下一品の美しさ。
しかし、美しさだけじゃなく、きちんとブレイク的部分があるのがかっこよいんだよね。
05.トゥー・マッチ・ラヴ・ウィル・キル・ユー
(ブライアン・メイ、Frank Muxker,Elizabeth Lamers)
美しく優しいバラード曲。(愛が多すぎてもダメだという優しいだけじゃない曲でもあるけど)
ブライアンの曲をフレディーが気に入って、フレディーボーカルで録音したそう。
でも、ブライアンの曲という意識がなく、フレディーの死を意識した後、まるでテーマ曲のように、一番彼を思い出すのがこの曲。しっとりとした優しい歌い方だから余計にね
06.レット・ミーリヴ
(QUEEN)
ゴスペル風。大好きな曲
だって、フレディー、ロジャー、ブライアンのリードボーカルが一曲で一気に聴けるんですもの。なんてゴージャス!クレジットも、QUEENとある。既に、発病していたフレディーと一緒の共同作業。
誰かの持ち歌って、他の人が歌うとどこか違和感があるものだけれど、三人の声のどれが一番と選べないくらい、三人の声は、この曲にぴったりなのだ。面白いもんだ。
07.マイ・ベスト・フレンド
(ジョン・ディーコン)
温和な男がやりました!(笑)
そして、その曲も、彼そのもの。とてもあたたかい曲。
08.アンダー・プレッシャー
(QUEEN,David Bowie)
CDの説明によると、たずねてきたデヴィッド・ボウイとセッションしていて出来てしまったという。その間にこの名曲を産み出すのだからさすが
アーティストである。
おさえた演奏が、二人のボーカルをひきたてていてとても好き。こういうベース使いも好き。
09.ラジオ・ガ・ガ
(ロジャー・テイラー)
ロジャーもやりました!(もうええって)
これまでの流れから比較すると、明らかに異色なポップチューン。
しかし、それに拾われた私は、何も言うまい
10.愛にすべてを
(フレディー・マーキュリー)
この曲に限らず、コーラス大好きな私は、メンバーの多重音声(ジョンをのぞく(爆))と聴いただけで嬉しくなってしまう。
こういうときフレディーは、すごいボーカルさんだなぁと思います。ライブでは、さすがにあちこちまわってきて、声に疲れがみえることも(高音
は特に)多かったけど、それでも、あれだけ迫力のある声が出せるんだからすごい。
もちろん、声が疲れたときは、後からダミ声がサポート!(笑)
11.キラー・クイーン
(フレディー・マーキュリー)
なんとも雰囲気が、独特。なんて言うんだろ?耽美系?
この頃のフレディーの声が、中性的なので、より独特の雰囲気が出ている曲。
12.地獄へ道づれ
(ジョン・ディーコン)
基本的に多くの人で作曲しているバンドでは、作曲者の派手な演奏が来るもんだと思っている。
そしてこの曲でも、ベースラインがとてもきいている。
個人的には、ループを使ったドラムをイヤイヤやったというロジャーのエピソードに笑った(笑)
13.愛という名の欲望
(フレディー・マーキュリー)
こんなQUEENQUEENの私が、苦手なタイプも中には存在する、ということで、私この系統はあまり得意でありません。60年代の音楽が苦手なわけじゃ
ないんですが、あまり好んで聴くわけでもないので、身体にしっくり来ないテンポなのかな~。理由はわからんのですが。
14.フラッシュのテーマ
(ブライアン・メイ)
映画「フラッシュゴードン」のテーマ曲。
ロジャーの高音がたまりません。中音があんだけダミ声なのに、高音はかなり金属質な声してるよねぇ。
同じリズムでの緊張感が続いたところから、ふっと転調して抜ける瞬間がたまらん。
15.ショウ・マスト・ゴー・オン
(QUEEN)
CDの説明のところに、ブライアンがフレディーにこの曲を持っていったとある。
アルバム単位で聴いたことがないので、調べてみたら、イニュエンドゥに入っている曲は、全部QUEEN名義。おそらくこれはブライアンの曲なんだと思うけど、それでも全部QUEEN名義。なんか泣けるなぁ
16.ボヘミアン・ラプソディー
(フレディー・マーキュリー)
ドラマティックって言葉がこれほど似合う曲は、ないです!
いや、ドラマなんて言葉じゃーダメですな。舞台一作品分くらいの重みあります。
確かに拾われたのは「ラジオ・ガ・ガ」だったけど、決定打はこの曲と断言しまする。
レコードに針を落とし、当時のでっかいステレオで聴いた時感動したものです。感動じゃない、衝撃かな。
JEWELSとはよくつけたものである。
宝物みたいなCDです(CCCDじゃなければもっとよし)
う~ん、アルバム単位で聴いていない唯一のアルバム「イニュエンドゥ」を聴きたくなってきた。