「EVERWOOD2」カテゴリーアーカイブ

エバーウッド2-22.夢の結末

***
ネタバレあり
***

いや~切なくほっこり。素晴らしいシーズンフィナーレでした

・・・・・ひとつのことをのぞいては( ̄▽ ̄メ)
つーか、そのひとつのこと、かなり重要で
せっかくのあのシーンが全然楽しめなかったんすけど・・・
ということで、早速そこから参りますか。
マディソンの再登場、不吉な予感がしてたんですが、
まさかまさかの妊娠ですか(TT)

そんなことをまったく知らないエフラムは、
NYに行かないで。
と伝えに来たエイミーに、
しっかりと自分の今の精一杯の答えを出し、
一歩大人に成長し、NYに旅立って行きます。
エイミーとの、幸せなちゅーシーンは、
シーズン1から二人を見守ってきた視聴者を
喜ばせてくれるシーン・・・・のはずなのに・・・・

二人の仲がどうなろうと、頭をちらつくのは、
マディソンの姿( ̄▽ ̄メ)
罪な展開にしてくれたもんです・・・・

マディソンに、エフラムには自分から話す。と
うけおったものの、エイミーとのことで悩むエフラムに、
その日、とうとう伝えることができなかったブラウン先生。
彼の決断は、エフラムにはこのことをずっと話さないで、隠すこと。
その理由は「純真さのピリオドを打たないでくれ」
なんつー親のエゴ。
マディソンに対して、良い思いは持っていないけれど、
ブラウン先生のこの決断には大いに疑問を持つ。
エフラムは、自分の問題に自分で答えを出せるくらい大人だ。
くさいものにフタをしても、いつかはにおうものだし、かくしてたことが、噂で耳に入るほうがずっと傷つく。
つーか、この小さな町で、マディソンが妊婦になったら、あっと言う間にバレるって(^_^;)
何にしても、この問題、ここで終わるとは思えないので、
今後を待ちますか。。

さてさて、診療所を続けられなくなったアボット先生、
なんと彼の決断は、ベーグルショップをはじめる(笑)
ブライト「ドーナツにそっくり。見通しバッチリ。それ穴よ~」
パパ「大穴大穴」
相変わらず、素敵な前向き父子である(笑)
ところがどっこい、小さな町エバーウッドでは、ベーグルは早すぎたようで(笑)(ドーナツ屋だったらよかったね!)大失敗(^_^;)
そこにやってきたローズはさすがです。
「なぜ止めなかった?」と理不尽に責め立てるアボット先生に、ちっとも動じずに
「がんばって、ハロルド。愛してる」
ローズったら(*^^*)
止めて止まるような人じゃないし、診療したくてもできないアボット先生気持ちはローズが一番良くわかってる。
素敵シーンでした♪
素敵といえば、ベーグルショップでまでお手伝いしているルイーズも素敵!!(笑)

そして、ずっと続いた絶交宣言にも素敵な終わりのはじまりが待ってました♪(どっかのドラマにそんなタイトルありましたね・・・)
落ち込むブラウン先生の夢のお話に、
人生はずっと続いていく。
とアドバイスのアボット先生。
そして、ブラウン先生は、アボット先生にプロポーズ(*^^*)
保険会社に確認したところ、ブラウン先生のパートナーとして診療することは可能だ。と。
アボット先生のこたえは、アボット先生らしい返し方でした(笑)
対等なパートナーであること。(もちろんルイーズ付でね♪)

ブ「握手は?」
ア「やだね」
ブ「ハグは?」
ア「また明日」
ブ「また明日、パートナー♪」

すごくシンプルだけど、こんな会話は、
シーズン1の彼らのやりとりを思い出させます。
あぁ、思えば微妙な関係の期間が長かった(TT)
またシーズン3では、元通りのオヤジドクターズ♪をみたいです!!

あぁ・・・・・マディソンさえ・・・・(しつこい)

そうそう、ブライトとデリアもいい感じでした(笑)
ブラウン先生の夢の続きは、なんとも切ない。
NY時代の、ジュリアとエフラムとデリアの笑顔がずっと続けばいいと思っていた。
でも、現実は、仕事にかまけて、大切なことを忘れ、
エフラムが怒り、ジュリアがあきれ、三人が帰って、一人ぼっちのレストラン。
ジュリアが求めたブラウン先生の変化は、ジュリアの死がきっかけとは、
なんとも皮肉なものです。。。。
って、まだまだ大人になれないブラウン先生は健在ですけどね(^_^;)
シーズン3もほっこりと切ない素敵ストーリーをお願いします♪
1/29のシーズンスタートが楽しみです!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

エバーウッド2-21.未来が君を待っている

***
ネタバレあり
***

進路が決まらず居場所がないブライトを遠くから見守ってはげますエフラム。

シーズン2のこの二人の親友関係、とっても素敵でしたね
前向きブライトくんでしたが、さすがに進路が決まっていないままの卒業式はこたえるらしく、
卒業式に出ないとダダこね。

一方、アボット診療所は保険を継続できないことに。
なのに、じーじとばーばがいる前なので、保険継続、診療所再開と嘘ついちゃう。
この時、町の人にサクラとしての患者さん役をお願いするのですが、
イボ痔、切れ痔、裂け痔って・・・・なんでみんな痔なの?(笑)傑作(笑)
まぁ、これはあっと言う間にバレてしまいますが(^^ゞ
あちこち保険会社をあたるけれど、どこにも断わられてしまって、
さすがのアボット先生も落ち込みモード。

そんなパパをみて、いちはやく立ち直ってパパを励ますブライトは、やっぱり素敵だ!!
「怖いと思ったのが出発点」
「これから決める楽しみがある」
「将来がみえないのは俺だけじゃないかも知れない
他にもいっぱいいる。俺はその代表なんだ」
前向きブライトくん♪
卒業式に出席することに。
アボット診療所には、最後まで保険会社が受け入れてくれることはありませんでしたが、
前向き笑顔なブライトくんの晴れ姿にみんな素敵な笑顔♪
きっと、みんなで乗り越えてくれるはず!!そう思える、素敵エンディングでした(^^)

って、これじゃアボット一家で感想が終わっちゃうよ(笑)
エイミーとエフラムは、とってもいい感じで進んでいました。
・・・いました・・が、エイミーが告白して、エフラムが受け入れのちゅーをしようとしたところで、
それは突然終わりを迎えてしまいました。
エフラムがまったく驚いていないのに疑問を持つエイミー、
実は、ブライトから教えてもらってた。とバラしちゃう。
「告白するようにしむけた。侮辱された気分」と傷つくエイミー。
それで終われば良かったんだけど、売り言葉に買い言葉で
エフラムが「君は何回嘘ついた?僕をもてあそんだ
今夜はそのお返しだよ」
あーあ。( ̄▽ ̄メ)
なんで、恋がからむと、エフラムはこうなっちゃうかな(^^ゞ
「あなたとはダメみたい」
で、ジ・エンド?えー?(^^ゞ
まぁ、これは、まだまだ続きがあるだろう、と見守りましょう。

エフラム,ジュリアードのサマープログラムに合格。
知らせを受けて手術が成功したのに、うかない顔のブラウン先生。
そんな顔してるから、エフラムがNYにずっと行ってしまうのかと思ったよ!
サマープログラムで8週間だけだったのね(^^ゞ
子離れできないブラウン先生でした。
それとも、エフラムがそのままNYに留まってしまうんじゃないかという不安でも?

次が最終回かー
どういうシーズンフィナーレを迎えるのでしょう
予告の「衝撃的な結末」ってフレーズが気になりますが・・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

エバーウッド2-20.タイミング

***
ネタバレあり
***

久々の日本語吹替え暴走大作戦(笑)

ブライト、いきなり
「みてちょんまげ!」はないでしょう(笑)
また、たとえがシャレてます(?)
プロムカーを借りたブライト
「オレの人生落ちるばっか
ゴムの切れたパンツと同じ
もうまるみえなんだよ。」
まるみえ・・・(* ̄▽ ̄*) (←想像すな)
しかし、その行動は相変わらず。
舌使いで、プロム相手を決めようとするって・・・・・あぁ、高校生(笑)
でも、そんなときでも
「綿密な選定」を「あんみつ?」と聞き間違うのはお約束♪(?)

一方のアボット先生も、
リンダがアボット家でのお食事会を申し出て
「椅子がたりないの」と言えば
「その言い訳いいっすね~」
オヤジギャグもエバーウッドに戻ってまいりました(笑)
おまけに、
「脳みそがとけて味噌汁になったか」
「病院がさっぱりだから美容院にいったんだ」
めちゃくちゃだな(笑)

さーて、今回の大きな軸はみっつ。
ブラウン先生のところにやってきた、お医者さんの師匠。
名前なんだっけ。ドナルドおじさん。
難しい症例をブラウン先生に持って来たら、なんと本人だった。
エバーウッド・・・・どれだけ近しい人を重病にしたら気がすむんでしょう(-_-;)
ブラウン先生は、誰かもわからないときは断わったけれど、
患者が患者なだけに、難しい症例にのぞむ覚悟。

今までは何だったの?ってくらい、あっさりとエフラムが好きになっちゃったエイミー(^_^;)
そんなエイミーにブライトは
「待ってりゃなんでも手に入ると思うな」
モテモテエイミーと、親譲りのニブチンエフラム
しかも、マディソンとの恋に破れたばかり。
ところが自分から告白したことがないのか?エイミーは意外とダメダメ(笑)
みてられなくなったブライトの気遣い、凄いなぁ!
エフラムとエイミーとプロムに行けることになりました
本当におぜん立てなのか、両手に2つづつ花ぶらさげたかっただけなのか(笑)
ビミョウなところだけどね!

そして、町を去る決心をしたリンダ・・・
まずはアボット先生との別れにホロリ。
「自分の居場所を見つけろ」
そう背中を押してあげました(^^)
そして、ブラウン先生に時刻表を持っていってあげる。
ケンカしていても、なんと細やかな配慮でしょう。
だから大好き!!
そして、きちんと納得した上で、ブラウン先生とリンダはお互いに別れを告げることができました。

今度こそ、新キャラ全員いなくなった?
来週からは、シーズン1と同じメンバー
残る問題は、エイミーとエフラムの関係とアボット先生とブラウン先生の恋路(違)、あ!あとブラウン先生が脳外科としての再チャレンジ。
どうフィナーレに転がっていくのかな~
最近ご無沙汰の町の人たちにも会いたいな♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

エバーウッド2-19.明かされた秘密

***
ネタバレあり
***

今までみていたのは、エバーウッド外伝?
やっとエバーウッドが再スタートした。
と言ったら書きすぎでしょうか(^^ゞ
エイミーやエフラムの青春ゴタゴタくんが片付いて
一気にエバーウッドらしくなりました!!

冒頭、デリアがリンダが薬を飲んでいるのをみてしまう。
疑問を持ったデリアに、リンダは、HIVについて話しました。
デリアは、誰にも言わないと約束するけど・・・・

ブラザーズ&シスターズのウォーカー家は、極端な例だけど、
大なり小なり、ここだけの話し。というのは、ここだけじゃないことが多いもの。
自分だって、デリアと同じことをやったことがないとは言いきれない(^^ゞ
今回も、この人だけだったら話してもいいだろう。な相手を伝っていく。
デリア→ブリタニー→ブリタニーの両親
結果、アボット診療所殴り込み→訴訟が起きる?→アボット診療所閉鎖の危機

何かトラブルが起こったときの、キャラクターの対応方法の違いで
それぞれのキャラクターが際だってくる。

まずデリアに話したことで、リンダを怒ったのはブラウン先生。
何が起ころうと、悪いことはしていない。と自分の正義を貫こうとするアボット先生。
市長さんとして町の側に立ちつつも、アボット先生の間で中立を守ろうとするローズ。(しかし今回はアボット先生、分が悪い・・・)
見守り態勢なブライト。
責任を感じるデリア。
そして、何よりも、ブラウン先生の身体を心配したエフラム。
(恋がからむと鬱陶しいけど(笑)何をみても、マディソンを思い出すって、あーた・・(^^ゞ)
そうだよねぇ、いくら気を付けていても、心配だよね。
ましてや母親を亡くすというつらい経験をしているエフラムだけに。

またしても、ブラウン先生は、みんなに完敗。
んでも、だからと言って、それで即リンダに別れを告げるって、
リンダの立場は・・・・・・・・・・・・・

一方、そういえば、エイミーっておばさんがこうなった後
どうしたかさっぱり忘れてしまったんですが(^^ゞ
印象に強く残っていたのは、
エイミーは、エフラムと一緒にいて居心地がよかったらしい。ってこと。
シーズン2もフィナーレに近づいての問題定期
きっとエバーウッドらしい終着点に向かってくれることを信じて

ブログランキング・にほんブログ村へ

エバーウッド2-18「ガラスの心」

***
ネタバレあり
***

まだ、エフラムの件は決着がついていませんでしたか(^_^;)
エフラムが惚れる心配のないシッターさんを雇ったブラウン家。
でも、きっちりした方で、デリアとの関係がイマイチ。
そこで、エフラムは、ブラウン先生に相談せず、シッターだけの関係とマディソンをシッターにと依頼。
別れたばかりで、シッターと雇い主の関係だけ・・・ってそりゃ無理だわな(^_^;)
マディソンが、まだうじうじしているのが気になりましたが、エフラムが大人になってくれて安心しました。
これで、やっと前に進めそう?
何より、デリアが思った以上に大人だ~
「おにーちゃんの悲しい顔はみたくないから、
マディソンとお別れする。」
けなげです(TT)
何だかんだと家族の絆は強し。
そして、デリアも新しいシッターさんとの新しい関係の一歩を踏み出せたようだしね♪

それにしても、エフラムがブライトに持ってきたプリン。
お茶と一緒に食べるとチャップリン。て・・・・・

あーあ、アボット先生とブラウン先生は
歩み寄ったブラウン先生に

「脳みそかっぽじってよくきけ。
お前と私の間には空気しかない。」
ケンカしていても、アボット先生節は相変わらず(笑)
でも、脳みそはかっぽじけないと思う・・・・
あぁ、雪解けはまだ先なのね(TT)

今日の主役はブライトくんですもんね♪
(え?違う?)
結局すべての大学がペケだったブライトくん、
でも、エフラムに言われて、大学に当たって砕けにいったブライトくん、
大学のロビーで待ち構えていたアボット先生の言葉がよい♪
「お前は勇気がある
努力が人を大きくする
お前は立派だ」
素敵な親子関係をこれからも築いていってほしいと思います(^^)

ただ、この流れは、以前もまったく同じ展開があったので(^_^;)
この親子にも、更なる進展をお願いしたいです♪

気づけばシーズン2も後半戦。
どんなシーズンフィナーレを迎えるのか、とても楽しみです!

ブログランキング・にほんブログ村へ

エバーウッド2-17「決意」

***
ネタバレあり
***

エイミーがやっと落ち着きそう!

気づけばシーズン2も、もう後半戦。
思えば長かったけど、よかった
先週の間をぐだぐだとみせずに、
冒頭から家に戻る準備、
トミーにもはっきりと決別の言葉を言うことができて良かった!

ところが、その17話分の迷走っぷりの影響はとても大きく、
学校でまったく相手にされないエイミー。
ちょっと後ろ向きになりそなエイミーを救ったのが
我らがブライト!!
もう、完全にアボット先生が憑依してますね(笑)
「怖いんだろ?
いいか?お前の人生だ。決めるのはお前、他人じゃない。」
これ、アボット先生が言ったって言っても違和感ない台詞だよね。
いいにーちゃんだなぁ~
おまけに、ブライト節付
「俺が酷い扱いするのは兄貴の特権」
(笑)
「お前は逃げずにがんばるんだ。お前はお前。自分らしくな」
にーちゃんとしては、最高です!!
でも、なぜにエフラムの恋愛指南になると、迷走する?(笑)
このあたりも、すっかりとーちゃんたちの関係に近づいてる?

そのとーちゃんたちですが・・・
ブラウン先生がエイミーにピルを渡したことを
アボット先生が知ったから、さぁ大変。。。
医師として守秘義務を守ったブラウン先生に
堪忍袋の緒がきれちゃったアボット先生が絶好宣言。
「友人として話してほしかった」
確かに、今までアボット先生は、なにげなく守秘義務の合間を縫って
上手にブラウン先生を救ってくれたような場面があったんだよね。
でも、ブラウン先生には、コリンとのことから続いているエイミーとの関係があるしねぇ。
どっちの気持ちもわかるな~
あぁ、父親たちの友情も難しいなり・・・・
Doctor!
Doctor!
とまた元気に声をかけあってほしいものです。

一方、久々にカール登場!
しかも、単独親権を要求とは、思い切りましたね。
でも、そこはエバーウッド。
ブラウン先生の訴えがきいたようです
「ニーナとサムを奪わないでください」
って、それじゃニーナへのプロポーズだよ(^_^;)
リンダが聞いたら、また大変~

そして、一足遅くマディソンとエフラムもさようなら。
と、やっとほっと一安心(笑)
て、新キャラ一掃で落ち着くって、そもそも新キャラが不要だったんじゃ・・・
とか言っちゃいけませんね(^_^;)

あーあ、でもそれで割を食うのは、デリアだよね。
シッターとしてのマディソンを気に入っていただけに。
そのうえ、ブラウン先生とリンダの関係次第では、
デリアが一番不幸になりそうで・・・・
(そうだ、一掃じゃなくて、まだ残ってましたね(^_^;))

こそっと一言。
エイミーとエフラムの恋愛のタイミング、ここまであわせなくても・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

エバーウッド2-16「まぼろし」

***
ネタバレあり
***

今日も冒頭からブライトくんで♪

(え?ブラウン一家眼中になしかよって?(爆))
郵便で届いた成績票をみて
「えらいこっちゃ」
アボット先生「どうした、Aでもあったか?」
相変わらずパパ、ブライトを過小評価しすぎです(笑)

以下がブライトくんAの科目。

Spanish(スペイン語圏でのナンパもバッチリ♪)

P.E.(体育?)
Trigonometry(三角法?数学か?)
アボット先生「え~?」って微妙にわかりずらいジョークを言ってる場合ではありません(笑)

ローズも「ケーキをやかなきゃ~」
アボット家の一大事なんだ(笑)
でも、ほんとがんばったかいあったね!!

ところがエイミーの成績票はDにFに・・・・・
!!!
三段階評定じゃなかったんだ
ブライトごめん。私も過小評価してた(爆)

でも、本日の軸は、今回も、
恋に溺れてアップアップのエフラムとエイミー。
何もここまでリンクさせなくてもいいのに、というくらいそろってダメダメ。

ブライトは、エフラムを編み物屋さんに連れていきます。
店主さん、ボインです(byブライト)
時代においていかれたエバーウッドでは、ボインも死語になってないんですね(違)
そんな時代に取り残されたような町に、まさかニセID作成専門に扱っているヤミ業者がいるとはびっくりだ(^_^;)
しかも、75ドルで作れちゃうとは・・・・(田舎価格?)

エフラムは警察の厄介になり(酒癖わるー!(笑))
エイミーはお酒にドラッグ。
どちらも堕ちるところまで堕ちて・・・
ここまできたら、這い上がるしかないよね。
来週こそ。。。

でも、おかげで久々にコリンに会うことができました!
エイミーの妄想で(^_^;)
これでやっとコリンの影から離れられることができる?
妄想の中でのコリンの言葉は、
自分でも、今のままじゃいけないという心の現われ。
コリンにさよならもいえたことだし、
今回のトミーのことで、今度こそ、前に進んでくれることを祈りたい。

トミーは、オーバードーズやね。
先週あたり、二人で一緒に頑張れるのかな?期待したけれど、
やっぱり子供なエイミーでは、トミーを引き上げるのには、無理がありました。

さて、不協和音は大人のほうにも。
ニーナの離婚訴訟に、友人以上のかかわりをしてるとリンダ。
まー、こちらはご勝手に。(←冷たい)

とにかく、一日も早く切なくもほっこりな着地点を望みたい!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

エバーウッド2-15「セカンドチャンス」

***
ネタバレあり
***

・・・・・・・・アボット先生(──┬──__──┬──) 号泣

先週よりは、皆さんアレで頭がいっぱいって感じではありませんでしたが、
(エフラムは、それに近いけど(^_^;))
。。。。。。アボット先生(──┬──__──┬──) 号泣
登場なしで、小さい頃の噂だけって、どういうことよ。。。

そして、エイミーがトミーと別れて一歩前進!と思ったら、
また戻ってるし( ̄▽ ̄メ)
あぁ、エフラムパートとエイミーパートは、まだしばらく
こんな感じなのかな~
前進のないエイミーに言ったレイニーの言葉、
「今日何回こういう会話した?」
まさにこのところそんな気持ちです。
ここで再度戻ったんだから、今度こそトミーと一緒に大人になってくれるんでしょうねぇ~

と愚痴から入っちゃいましたが、
アボット先生が不在の中、ブライト!
ちょっとがんばってくれました(笑)
モンモンモードのエフラムに
「あまり突っ走りすぎるなよ
これはマラソンだ。短距離じゃない。」
名言だ!さすがアボット先生の息子です!!(* ̄▽ ̄*)

そして再登場ジェームズ・アール・ジョーンズのウィル。
おお~♪やっぱりこの方、味があって好きだな~
それなのに、ブラウン先生、
ウィルと一緒に、ジャズフェスティバルに行くことになり
エ「ウィルは気難しいんだ
つまんないジョークとかやめてよね」
ブ「パパは白い犬だ。尾も白い」
おぃおぃ( ̄▽ ̄メ)

と思ったら、ブライトも同行(笑)
すっかり親公認エフラムの大親友の座に落ち着いちゃったのね!
ラップを歌いだすブライトに
ウィル「ペットか。うちの犬もつれてくればよかった」
きゃ~ブライトみたいなペットほしい~~~!!!(爆)

さて。だ。
EVERWOOD二人目の聴覚消え行く人物が。
牧師さんだけじゃ、あきたらず?
またブラウン先生のおせっかいスタートするのでしょうか?
あとは、デリアのベビーシッターを引き受けたリンダへ、ニーナが母親の貫禄でかっこいいところもみせていましたが・・・
困った。アボット先生不在では、これくらいしか書けません。
最後にもう一回
(──┬──__──┬──) 号泣
↑うるさい

ブログランキング・にほんブログ村へ

エバーウッド2-14「初めての経験」

***
ネタバレあり
***

ごめんなさい。今回は、ダメかも(><)

だって、私の注目キャラ、ブライトくんもアボット先生も刺身のツマ状態(><)

これでは、私の苦手ジャンル、ティーンの青春ドラマです。
もちろんエフラムやエイミーの成長も、
このドラマの展開のキモのひとつだってわかってますが、
うまくバランスよく配して欲しいの~(><)
ブライト&アボット先生ファンとしては(笑)

唯一光っていたのが、
ブライトの、勝手な女性語変換(笑)
不正解だったのもブライトらしい(^_^;)
「コではじまってムで終わるもの用意しとけ。
コーヒーガムじゃないぞ」
ってアドバイスも、ブライトらしい。
オリジナルにはなかったけど(^_^;)

エフラムは、マディソンと一歩前進。
エイミーは、ヤクの売人をしていたトミーと一歩後退。
レイニーは思った以上にしっかりしてた。
エイミーへの冷静な助言に好感度アップ。

次週は、私の好きなバランスに戻りますように♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

エバーウッド2-13「忘れないで」

いつの間にか放映時間がかわっていたんですね。
あせりました(^^ゞ
初回放映が木曜に変更になりました。
ということで、今日は引き続き

***
ネタバレあり
***

「ファンがまってるもん♪」

自分の将来の計画すらかわってしまう危機となってしまった停学明け、
相変わらず前向き元気なブライトが素敵(笑)

でも・・・・
あぁアボット先生はまだ落ち込んでるよ~(TT)
今週は、アボット先生のお誕生日だというのに・・・

ラブラブブラウン先生とリンダ
石投げたろか、とか言っちゃいけませんね(笑)
幸せなのはいいことだ(爆)
そのらぶらぶっぷりで、
ニーナの出す危険信号に気づいてあげられず、
忙しさにニーナが寝入ってしまった間にサムは怪我をしてしまう。
まぁ、ブラウン先生なんだから、仕方ないよ。。。
B型(決め付け)は、目の前しかみえないんだから(^^ゞ
さてさて、いまだ落ち込みモードのアボット先生ですが、
ラブラブブラウン&リンダを相手に出ました!
「何がイベントだオベントでももって勝手に行って来い
手をあわせるときふしとふしをあわせるな
不幸せになるぞ」
(笑)
んじゃ久々にオリジナルを。
I endure these lunches as a forum to discuss topical medical issues. Not to engage in a dialogue over your weekend’s events calendar.
どのあたりが不幸せなんでしょう(笑)
吹替え版は、次のリンダの台詞
「今週末はハリーの誕生日なの♪」に
まるでつなげてないところがミソ(笑)
つか、なぜにふしとふしをあわせたんだろ・・・・・・

ちなみに、「しりとりで勝たせてあげなかった復讐だ」と
アボット先生は言ってますが、オリジナルは”Go Fish”で。と。
なんじゃそれ?と思ったら、ゲームカードのことみたいですね

引用:
「ゴーフィッシュ」といって、なるべく早く多くの動物の親子セットを集めるゲームもできる。
かわいい遊びしてたんだ(笑)

エイミーは、家を追い出されたと思ってるんだ~
そりゃ、まだまだ近寄るわけないわな。
そしてポールは、裏があるのかと実は疑っていたんですが、本当にいい人だった?と思ったら、やっぱり不穏な動き。
いまだ読めない人物であります。

エイミーがすっぽかした悲しい悲しいハロルド誕生会。
ブライトのプレゼントは、おじいさんの聴診器。
「小さい頃それで遊んだ。
ママが花は生きてるって言ったから花の心臓の音を聞こうと思ったんだ」
かわいすぎる(笑)
しかし、その気持ちめちゃめちゃわかる!!

そしてプレゼントのカードには”ブライトとエイミーから”
「ほとんどあいつのアイディア」
あぁ、ブライトってほんといい子です(TT)

エイミーからパパへの手紙
一歩前進?だといいのですが・・・
でも、手紙のエイミーとてんこもりポップコーンを持ってくるブライトとでは、比較になりません。ブライトの優しさににすっかりやられてます

ブログランキング・にほんブログ村へ