「LOST」カテゴリーアーカイブ

人間質問攻めバトン!LOST編

以前WAT編で回答しましたが、Cuomoさんのところで
【LOST】でやったら?なんてお題が出ていて、思わず奪い返してきてしまいました(笑)
いや~キャラクターいっぱいだっただけに、楽しいっす!
CuomoさんのCSI編はこちら
【人間質問攻めバトン!】
指定は【LOST】
各質問に必ず「LOST」キャラ一人だけ回答
無いと言うのは認めず、あてはまるキャラがいない場合はこの人なら許せるというキャラを入れて下さい。
注:キャストを語る上で、シーズン1~2の少々のネタバレがあるかも知れません。
・綺麗と言われて浮かぶ人
綺麗か~。綺麗ね~。好みの問題かも知れないけど、綺麗タイプって・・・・いたっけ?(爆)
今、キャスト表の写真を出していますが、一番整ってると思ったのはシャノンかな。
・癒しと言われて浮かぶ人
ハーリー!
どんなに切羽詰った状況でも、息抜きをみつけだす天才♪
・色気と言われて浮かぶ人
ソーヤー!(爆)
だって・・・・一番脱いでるよね(笑)
・クールと言われて浮かぶ人
しまった、ここ飛ばしてた。
ずっとクールな人っていましたっけ?(笑)
お仕事しているサイードで♪
・男前と言われて浮かぶ人
ビジュアルはジャックvsソーヤーで、いつも私の心の中で闘ってます(笑)
サイードもタイプ違いで男前♪
よ・り・ど・り・み・ど・り♪
お客様にあわせて、どのようなタイプでもご用意できます(笑)
・彼女にしたいのは?
サン。同じアジア系で、価値観が近いかも、とちょっと思ったり。・・・・思わなかったり(爆)
実は、消去法(^^;
女王様シャノンは絶対ヤダ。
ケイトはイロイロ過去あるし、ウソつきだし。
クレアは、笑顔の時はだいすきだけど、波があってな~(^^;
・彼氏にしたいのは?
これは難問。
だって、クセあり過去ありな人ばかり(^^;
んでは、一緒にいて癒されそうなハーリーで♪
・ペットにしたいのは?
ビンセント。
白熊とかはイヤだし(笑)
あぁ、でもハーリーはペットっぽいかも(爆)
・猫っぽいのは?
シャノンかな~
一瞬アナ・ルシアが浮かんだけど、猫というより猛獣系(爆)
ケイトも猫系に属してるような。
・犬っぽいのは?
ビンセント・・って、「ぽい」じゃなくてまんまじゃ!
ブーンかなぁ
どんな犬種かしら(笑)
・兎っぽいのは?
クレア。私にとってのうさぎさんは、やわらか~なイメージなのだ。
・優しいと言われ浮かぶ人は?
最初は全然思わなかったけれど、後半グイグイきたジンあたりで。
・俺様街道まっしぐらなのは?
こりゃジャックだろう~と思いつつも、シーズン2の後半のミスター・エコーも捨てがたい(^^;
シーズン1の中期ロックもそんな感じだったし、マイケルもある意味・・・いや、ソーヤーだって、そうそうチャーリーも!!って俺様ばかりの島!(笑)
・怖いモノ無しなのは?
ウォルト。すごい力をもってそうなのに、なぜに逃げられないのかしら
きっとこれからどんどん怖いものなしになるだろう、という予想も含め、先物買い(ちょっと違う)
・守って(助けて)あげたいのは?
ソーヤー。
ボロボロっしょ。捨てられた子犬ちゃんでしょ。
女性は、そういうのに弱いよね~
・守ってほしいのは?
サイード。いざとなったら一番頼りになる男!!
・自分に忠実な下僕、部下、子分は?
デズモンド。
この方、まだあんまりよく知らないけど、一人でずっと数字押してたと思うと、生真面目だな~と。
・良い相談相手は?
深く知らないうちだったらリビー(笑)
なんつっても、心理系のお仕事してましたもんね
専門っしょ
・大人だなぁ…と思うのは?
・・・・・いたっけ?( ̄▽ ̄メ)
うーん・・・・・・ナマステおじさん。
↑どっかに入れたかっただけ(笑)
バーナードとか、ローズを思ってるだけだったら大人なキャラかも、と思っていられたのに、時再は・・・(- -;)
みんな豹変するからLOSTは油断ならぬっ!!
ということで、やっぱりナマステおじさんに期待しています♪
・作品をそれぞれ指定して8人に回す。
こちらも、特に指定はいたしません~
【LOST】や【WAT】はもちろん、お好きな作品で回答くださいませ♪(まめルール)

2/9DVD「LOSTシーズン2」レンタル開始

LOSTのシーズン2のリリースが決定したのですね~
レンタル
2/9発売
VOL.1 26~27話 VOL.2 28~29話 VOL.330~31話
2/23発売
VOL.4 32~33話 VOL.5 34~35話 VOL.6 36~37話
3/9発売
VOL.7 38~39話 VOL8.40~41話 VOL.9 42~43話
3/21発売
VOL.10 44~45話 VOL.11 46~47話 VOL.12 48~49話
DVD COMPLETE BOXは2007年春発売。とありました。
イマイチ、私のまわりでは、盛り上がってる感が少ないシーズン2なんですが、
話によると、JJさんが「MI3」の撮影の影響で、あんまり制作にかかわれなかった、
と反省して、シーズン3では、盛り返してる、って話もありますんで、
そのつなぎ(つなぎかいっ(爆))のシーズン2も楽しみたいな~と思っています(^^)

小説「LOST運命の啓示」ノベライズ「LOST」Vol.5


原案:ジェフリー・リーバー、J.J.エイブラムス、デイモン・リンデロフ
著:フランク・トンプソン
訳:大城光子
オリジナルノベル三部作の最後の作品。
今回は、アーティスト・ジェフにスポットがあてられる。
オリジナル三作のうちで、展開や過去との組み合わせで、一番ひきこまれました。
(それは主役が32歳の男性だからかも・・・)
それも途中まででしたが(^^;
ロックやハーリー、マイケルなどテレビメンバーも、ジェフと一緒に行動したため、
そこそこ登場する。
ただ、テレビのあのシーンの間に、こういうことをやっていたんだ、
というのはちょっと想像しにくい。
TVと小説の世界観がビミョーに違ってる気がします
結局のところ、「運命の啓示」というタイトルから連想されるように、
ロックさんの世界。
つまりは、夢や幻想、現実離れした方向に行ってしまうんですよね。
結局のところ”この島だから”なオチに、ちょっぴりがっかり。
しかし、それは最初からわかってたことだもんね(笑)
***

原案:ジェフリー・リーバー、J.J.エイブラムス、デイモン・リンデロフ
翻訳:入間眞
ついでに「LOST」Vol.5の紹介も。
ノベライズもこれで完結です
21.悲しみの記憶
22.タイムカプセル
23.迫りくる脅威
24.暗黒地帯
25.漆黒の闇
5冊すべてを読み終えて、みる”時間がない方には、読んで「LOST」の世界に触れられる、
ヒジョーに忠実な、ノベライズ版だったと思います。
そういった意味では、みてしまった方には、少々ものたりない気もするかも知れません。
映像では、彼らの心情は、役者さんの表現にすべてがかかっている。
それが文字化しているので、やっぱりこう思っていたんだ。あれ?こう思っていたの?という楽しみはあります♪
そして、マニアックな読み方をすると、今回いくつかみつけたのですが、ビミョーに構成の違いをみつけることができます。
(あとがきにもありましたが、ノベライズ版は、シナリオの決定稿をもとに書いているそうですので、現場でかわった部分や編集でかわった部分がある、とのこと)
なんだかんだと、映像と小説の比較をするのが大好きなので、これからシーズン2と進んでいっても、きっと買って読んじゃうだろうな~

DVD「LOST」シーズン2レンタルリリース

ソース:
TSUTAYA
LOSTオフィシャル
とうとうシーズン2がリリースですか~
つっても、まだ先なんですけどね(^^;
2007年2月09日(金)Vol.1~3(エピソード26~31)
2007年2月23日(金)Vol.4~6(エピソード32~37)
2007年3月09日(金)Vol.7~9(エピソード38~43)
2007年3月21日(水)Vol.10~12(エピソード44~49)
KEIさんに教えていただきましたが、セル盤は春発売とのことです♪
謎が謎を呼びすぎて、破綻してないといいんですが(^^;
さて、BS-i放映の声はいつかかるのかな♪
ついでに、チャーリーとケイト(の中の人)の結婚その後の記事があったので
おいていきます

LOST1-25話「漆黒の闇」


いよいよシーズン1のファイナル!
本当は1話分を、先週の分と二分割。
タイトルからして、すっきりしなさそうな(^^;
まずは、ハッチ開けるぞダイナマイト組。
何だかわからない謎の”何か”に襲われる。
ロックがつれていかれそうになり(ってか、それを望んでいるようにもみえたぞ)
この後、ジャックにも語っていたけれど、近くにいたら、狂信的な怪しい宗教の信者にみえて、私もジャックのような行動をとってしまいそうだ(^^;
命をなげだしても、仲間を救おうとする姿には、ジャックかっこいい!!と感動しましたが。
・・・・後が悪かった。
ケイトの荷物を持ったことに関しては、紳士として許そう。それをネタに、ロックと対立したら自分につけ。は、ないんじゃないの~?( ̄▽ ̄メ)ずるいぞ。
そんなジャックは、嫌いです。まったくもう。
さて、イカダ組。
ジンとマイケルは、めちゃめちゃ信頼しあったよう。
その証拠に、ジンは、命よりも大切な時計をマイケルに。
もう、何があっても、サンの父の元には帰らないのね。そんな決意をしたジンには、きちんとした形で発見されてはいけない!と思う。だって、お父さんにみつかったらジンの命も危ない。一生島で、というわけにはいかないので、なんとか良い方法で、サンと幸せになってほしいな~。
ソーヤーは死ぬためにイカダに乗った???それって、イカダ組が絶対成功しないって意味?(爆)作ったマイケルに失礼だぞ~と思ってしまった(^^;
疾走者黒い煙を追え!組。
チャーリーが怪我をしてしまい、迫力におされたサイードが荒療治。西部劇なんかでもこの方法みるから、正当な方法なんだろうけど・・・傷口だけじゃなく、目の脇の方までずーーーっと火薬がこぼれてますが、目は大丈夫だったんだろうか。なんて突っ込んでみたり(^^;
過去フラッシュは、前回出てこなかった組。
ハーリーは、いつでもコミカルでいいですね♪
飛行機に間に合って、ラッキーですね、と言われたハーリーですが、ラッキーだったのかどうかは・・・。でも強運男ですからね!
ロックは、支えられての座席着席。屈辱。
さて、いくつかの話をこえて、3方向に分かれた組がそれぞれに動き出します。
まず、疾走者黒い煙を追え!組。
黒い煙のところに、ダニエルはクレアの子供を抱えていた。ヤツらはいなかった、と。でも「確かに男の子をさらう」と言っていたと言う。黒い煙はおとり?
ハッチ開けるぞダイナマイト組。
ハッチに着々とダイナマイトをしかけ、いざ爆発!というその時、ハーリーがハッチの入り口にあの数字を発見。爆破を止めようとするけれども、ロックはさっさと火をつけてしまう。ハーリーの命なんておかまいなしって感じ。ブーンの時のロックとかぶった。そんなハーリーを、身を挺して爆風から守ろうとしたのは、ジャック。こういうときのジャックはかっこいいんだけどねぇ♪咄嗟に判断する行動は、かっこいいんだけどね・・・やっぱり「お前は決断するな」(そんな感じだっけ?)と、父親に言われたように、頭を使う決断には、イマイチなのかも。
そしてイカダ組。
救助の船と遭遇!
と思ったら、なんとやつらだった!!
「子供を渡せ」。さらう男の子はウォルトだったんだ~。
ウォルトをさらわれたマイケル、撃たれた?海に落ちたソーヤー、爆破されたイカダ。何としてでも、島に戻らないとね。
クレアの元に無事アーロンをつれて帰ってきたチャーリー。とてもほっこりシーン・・・だけど、荷物からは、ヘロインがつまっていたマリア像。チャーリーよっ!!
安心の彼らの姿をみて、静かにその場から立ち去るサイード、かっこよすぎる!!そんなサイードにかけよったのは、シャノン。もう、二度と大切な人は失いたくない、そんな気持ちがよくみえて、シャノンがかわいくみえました。(このカップリングは好きじゃないけどね( ̄▽ ̄メ))
最後は、飛行機に乗り込んだみんなの姿が。
みんな、ちょっとづつふれあっていたのね~
最終エピソードらしい、素敵シーン。
そして、ハッチの中には何が?
ろすとーーーーーー
えぇえぇ、わかってましたよ。謎が解けないことくらい(笑)
アメリカのドラマのクリフハンガーには慣れてるので、まぁこんなもんでしょ。という感じです。
これでは、シーズン2をみないわけにはいかないですよね。
BS-iのシーズン2放映、楽しみにしてますよっ!!!

LOST1-24話「暗黒地帯」


なんでも、もともと1話のスペシャル版だったものを、無理矢理2話にバッサリきった前半だとか。
これから!というところで終わったけれど、バッサリきった割には、きれいなところで終わっていた。制作側も、作りを考えてるのねー
ということで、とうとうシーズンファイナルに近づいてまいりました!
本日は、思った通り、前回フラッシュがなかった人たちにもフラッシュが。(再登場の人も、まだ出てきてない人もいるねぇ。来週かしら)
衝撃は、ジンのフラッシュ。
前回フラッシュで、サンのせいでお洋服が汚れてしまったジン。トイレにて、英語圏の人物と出会う。その彼が、突然韓国語を話し出した。
こんなところまで、サンの父親の追っ手が・・・ジンが逃亡しようとしていたこともバレていました。
なるほど、あんなに時計に執着していたのは、搭乗前にこんなことがあったから、というのもあったのね。時計になにかあったら、それは自分じゃなく、サンに還ってくるから。
そして、島に来てサンに厳しかったのも、結局元の世界に戻るしかなかったから・・・。
ジンとサンのお話は、きちんとストーリーに一貫性があって、しかも毎回意外性があっていいですね~。
あ、そうそう。このフラッシュに、前回シャノンにおとしいれられた(笑)サイードと空港の人とのやりとりが。荷物をみてすぐに誤解だとわかったのか、謝罪されておりました。
お次はチャーリー。
搭乗前だから仕方ないけど、またクスリのお話でした(^^;
クレアと癒しカップルのチャーリーをみていたので、忘れそうになっていました。
えーとあとはマイケルとウォルトでしたね。よりによって、母親にウォルトをひきとってもらえなくて、困ってる会話をウォルトに聞かれていたとは(^^;二人のぎくしゃく感、親子になったばかりというのもあるけれど、搭乗前のこの件もあったのねぇ。
さーて、現実です。
黒煙があがったため、海岸組は、洞窟へ移動をはじめる。
大荷物を持ったシャノンのもとへサイードが。
またそんな大荷物で~と思ったら・・・ブーンの荷物でした。涙ながらに運ぶシャノンが切ない。
そこへサイード「持ちきれない荷物は私が持ってやる」
なんと大きな男性なのでしょう!!
あのシャノンに好意を持つってところから、只者ではないと思ってましたが(爆)
いや~泣かされましたよ!!
特に赤ん坊の危機にイライラしていたクレアだけれど、癒しのチャーリーに、また癒し笑顔が戻る。・・・戻ったと思っていたのに、突如現れたダニエルに、赤ん坊を連れ去られてしまった!!
ダニエルが娘アレックスを連れ戻すための囮に違いないと、黒煙に向かって走る野性的なサイードの男前なことっ!!
そだ、その途中で、ブーンが落ちたプロペラ機で休む二人。
よりによってヘロインの山だよ・・・チャーリーどうするっ!!!どうしたの?
さてさて、ダイナマイト組、黒い岩にたどりついたと思ったら、それは大きな難破船だった。
難破船って、ジャングルの中でしたよねぇ(^^;
うーん、この島が本当に存在するかも謎なので、何でもありよね(爆)
中で発見したダイナマイトを外に出すと、アルツトが講義をはじめる。なんでも、長年放置したダイナマイトは、中身(なんだっけ?ニトロだっけ?)が流れ出して危険だとか。ぬらしたシャツで包んで、大丈夫。と思ったら・・・・なんてこと(- -;)
爆発してしまいました・・・アルツト、そんな運命だなんて・・・せっかくハーリーに愚痴言ったりして、何かいいコンビだなぁと思っていたところなのに。
そんな不安定なダイナマイト、じょーだん言いながら、(ジャックもおびえさせながら(笑))とりだすロックは、やっぱりただもんじゃない。
イカダ組は、まだ島の近くにいたのね。
ヒマだからと言って、みんなの書いた手紙読むのは反則でしょう~>ソーヤー。
めがねちゃんはかわいいけど(笑)
でも舵が流れて、海に飛び込む姿は、男前でした♪
サンとシャノンの珍しいコンビのしんみりシーンも意外。
自分たちがこうなったのは、過去のこと、隠していた秘密の罰ではないかと、サン。
みんながみんな過去にドラマを持つ生存者たちだけに、説得力がある。
罰を受ける者が島に選ばれた?
しかしクレアは否定。「罰なんかじゃない、運命なんかじゃない」
アーロン(カブ頭ちゃんに名前が。いつの間に?)奪還に向け、発言前向き。母強し!
信じる力は、何かを生むことを信じたいです
さーて、ハッチの中には希望がつまっているのでしょうか。
To be continued
ろすとーーーーー

LOST1-23話「迫りくる脅威」


なんだかいつもとテイストが違う。
しっとりと進むLOST
ちょっとしんみり。
思わず、最終話だっけ?とTV欄を調べてしまった(爆)
過去のフラッシュ、マイケル&ウォルト親子からはじまったので、
てっきりこの二人かと思ったら違った。
主要メンバーの搭乗直前の姿が。
まず、ホテルで言いあいウォルトとマイケル親子。
(ダメだこりゃ。)
ジャック、アナ・ルシアとの出会い。
(今後の伏線だね。どうしてジャックはこう・・・以下自粛)
ソーヤー、暴れまくって国外退去命令(笑)
(ほんとはジェームズ・フォードって名前なんだ。)
ケイト、保安官のワナにハマり御用。
(あの飛行機は、ケイトをつかまえるためのワナだったってことよね?
あっさり飛行機移動の謎がとけてしまいました)
シャノン、サイードの荷物を見ててくれと頼まれるが、
ブーンの行動に怒って、警備員に通報。
(こらこら。ブーンー(TT)とちょっと泣けた。)
サン&ジン、SAYURIの世界だとバカにされる。
あれ、主要メンバーって言ってもこれだけだったんだ。
次回は、残りのメンバーの搭乗前とかやってくれないのかな
そして現在。とうとうダニエルがみんなの前に姿を現す。
「他の者がくる」と警告しに。
クレアが出産したのを知ってたの?
それにしても「逃げる、隠れる、死ぬ」の三択とは、いやはや・・・(- -;)
更には、ダニエルの島で生まれた娘アレックスが連れ去られたときと同じ、黒い煙があがった。
ということで、ことを進める生存者たち。
まず進めたのはイカダ組の出航。
ジャックがリーダーシップ発揮しておりましたね~
私はまだそのリーダーっぷりに懐疑的なんだけどね。
なぜに、開かずのハッチが隠れ場所に選ばれるかね(笑)
今回は、ことを進めながらも、そのことじゃなく、彼らの墜落時とは違ってきた関係に焦点を置いていた感じ。
イカダ組なので、ジャックとはもう会えないと思ったソーヤー、
とうとうジャックの父が話していたことをジャックに話します。
「息子を誇りに思う、そして愛している」
やっときけてよかったねぇ(TT)なみだ目ジャックにしんみり。
そして、そのソーヤーの心境の変化と、気持ちにしんみり。
やっぱし、このコンビが好きだーーーーー
そのソーヤー、まるで夫婦のようなマイケル&ジンの中に入れずにいたけれど、
自力で関係を修正。
これもまたソーヤーの変化。
上半身裸で、きこりくんのソーヤーが頼もしかったさ♪
更にソーヤー、出航にケイトの姿をさがしていたようす?
その前の出発時にもケイトはソーヤーの姿をさがしていたようす?
この二人、結局今日はすれ違ってしまったけれど・・・心はつながっている、そんなカップルになれる気がする。
(勝手にカップルにするのは、まだ気が早いですか?(笑))
ブーンのことで、落ち込んでいることを察して
ウォルトは、ビンセントの飼い主をシャノンに指名。
これまでのシャノンの様子みていたら、わんちゃん大切にしてくれるかどうか(笑)
でも、ウォルトのことだから、きっと直感で何かわかったんだろうね。
きっとシャノンは大切にしてくれる人だって。
そしてビンセントに話聞いてもらいな、って。。。やさしい子ですね(^^)
さて、一番じじじじじーーーーーんときたのは、
サン&ジン。
ずっとすれ違ってしまっていたけれど、
サンがイカダにのっていくジンに、英語発音表を。
そしてとうとうお互い今までいえなかったことを言いあうのです。
「オレが君を苦しめたから。君は何も悪くない。君のために行くんだ。」
ジンのやさしさが身にしみる~
でも、罰を与えるよりも、サンの近くにいて守ることが愛では?
なんて思ったりも・・・
いろんな愛の形があるってことですね。その選択はジンらしい、かな。
それにしても、ジンは愛するサンに名指しで言うほど、ジャックを信頼してたんだ。
かいかぶりでは?(おぃ。)
何にしても、二人のはぐ&きすは、とっても素敵でした。
そして出航が近づいている。
みんな思い思いの方法で、お互い別れを告げる。
晴れやかでありながら、しんみりと切ない出航シーン。
でも、何が起こるかわからない船旅を思うと、出航を素直に喜べませんね。
ブキミにあがる黒煙・・・
ろすとーーーーー

LOST1-22話「タイムカプセル」

本日は、ケイトの謎が一部明かされた。
逃亡中、故郷に戻ったケイト、まず向かったのは病院。
そこのドクター、トムに会う。
ケイトの逃亡理由を知っていそうなトムは、共犯者?と思っちゃったよ。
だって、夜中に「アレを掘ろう」とか言いだすし(笑)
何?何を掘るの?
と思ったらタイムカプセルでした。
二人つきあっていた楽しい思い出がいっぱい。
その中に・・・
あの飛行機だ!
やっぱり「私が殺した愛した男」はトムのことだったんだ・・・
それがわかってからは、ケイトはどうしてトムを殺しちゃったんだろ?
ってドキドキしていたけれど、ケイトが殺したわけではなかった。
逃亡の際に、ケイトのせいで、警察の撃った弾が当たってしまったのね。
確かに異訳すれば「私が殺した」という状況でした。。。
と、謎の解明はここまで。
飛行機は、車に残されていたし、この前のフラッシュのときに、なぜか銀行の貸金庫にあった飛行機。
どういう経緯があったのかは、あかされてはいない。
ケイトが短い間結婚していたとI neverゲームでソーヤーと話していたけれど、それもこの人かどうかもわからなかった・・・よね?
そう簡単に謎を明かすわけにはいかない!というところでしょう(^^;
この続きは、また楽しみにしたいと思います。
ただ、だんだん過去を埋めるフラッシュがつまらなくなってきがちなので
意外な経緯をがんばってほしいものだと思います(^^)
トムさん、どこかでみた・・・と思ったら、マッケンジー・アスティンさんではないですか!
ショーンの弟くんで、「FBI失踪者を追え!」の”さらわれた花嫁”にも出てましたよね。
癒し系のハンサムくんで、結構好きなんです♪
すぁって。
現実方面ですが、イカダに乗る4人目をめぐって、一波乱。
現在ソーヤー1番手ですが、ヨットのことを知るケイトがマイケルに売り込み。
が、そこで、マイケルに腹痛が。ソーヤーが疑われる(^^;
ソーヤーむきになって、ケイトを疑い、彼女の過去をバラしてしまう。
で、結局、4人目は元の鞘ソーヤーに。
悪悪ソーヤーが戻ってきました。
でも、ケイトのことをみんなの前で明かしてしまうのはやりすぎでは?(^^;
今日のソーヤーは、ちょっと減点。いや原点に戻ったというべきか(笑)
ケイトをみる、みんなの視線が痛かったね。
そうそう、ここで高校の化学教師アルツトだっけ?が登場してましたね。
この方、小説版LOSTに出てきてたんだよな。
こういう顔してたんだ(笑)
サイードは、ジャックをお誘い♪
何かと思ったら、ハッチまでご案内~
これをどうするかで、ロックとジャックで話あってるところ、
頬づえついて見守るサイードがかわいい!(笑)
ジャックとロックが開ける派、サイードとウォルトが開けない派、ということかな。
ウォルトがロックの手を持っただけで、「開けないほうがいい!」
って言ったのは、驚いちゃいますね
どんどん力が強くなってる?島のせい?
ウォルトがそういうなら、あけないほうがいいんだろうなぁ。
ダニエルが前に言っていたみんなが死んじゃった原因の何かが入ってたらイヤだしなぁ。
そのウォルト、マイケルに、以前いかだを燃やしたのは自分だと理由とともに告白。
残りたいか?と聞くマイケルに、今度は「行かなきゃダメだ!」
強い口調と、前のイカダではダメだと直感して燃やしたのかな?と。
イカダ組にも何かありそうだな~と予感。
ハーリーは相変わらずハーリー。聞き込みをするロックに、
ジンとマイケルをみて「いまはケンカも夫婦みたいだよね。」
ジンとマイケルをみる目がかわってしまうではないか(笑)
そこでハーリーが、ロックの知らない秘密を話してしまう。
あちゃーーという顔をしたジャックに
「だって誰が何知ってるかわかんないしー」
ごもっとも(笑)私もわからなくなってます(^^;
ということでジャックは、ひとまずロックと停戦状態。
ロックがハッチのことを黙っていたことを責めたけれど、ジャックもロックに話していない秘密がある、ということでこれでおあいこ♪
クレアとチャーリーは、カブ頭ちゃんと、今日も癒しカップルを貫いてくれました(^^)
そして、視聴者には、毒を盛ったのは、サンだということが判明。
ええっ?それはまったくノーマークでした(^^;
気づいたのはジャック。提案したのはケイトでした。
「夫を海で死なせたくない」
ジンに薬を飲ませるつもりが、マイケルが間違って水を飲んでしまったのだ。
愛する人に出会ったら、一生幸せになれると信じてた。
byサン&ケイト
ろすとーーーーー

LOST1-21話「悲しみの記憶」


私の中で迷走していた(笑)サイードが、戻ってきた!
と感じたエピソード。
やっぱり、サイードはサイードでした。
今回のフラッシュでは、サイードの過去が更に明かされる。
久々に、過去フラッシュの展開にドキドキしました。
(ジャックの結婚式みせられてもねぇ・・・←根にもってる)
実は、ナディアは生きていた!
ん?死んだって言ってたのは、何だったの?
とも思ったけれど(爆)何はともあれ、再会できる望みがあるのは、うれしいこと(^^)
しかし、彼女の居場所を教えてもらうために、CIAがサイードに言い渡した使命は、テロリストとみられる男イサーム(サイードの友人)から、爆弾のありかをさぐること。
最初、場所を知るくらいなら、ナディアのためならえんやーとっと!と思ったかも知れない。
が、現実は、あまりにも過酷なものだった。おりたいと言えば、ナディアに危険が。自分の痛みには強い人だけれど、愛する人に加えられる痛みにはとことん弱い・・・それこそ、サイードです♪
サイードが、イサームに向かって発する数々の嘘が、どんなにサイードの心を痛めたことでしょう(TT)
そして、それを知ったイサームは、裏切られたことにショックを受け、自殺。サイードとしては、最悪の結果。
ナディアをギリギリで逃がしたように、今回もそれでうまくいくはずだという驕りがあったのだろうか。それとも、イサームが言ったように、ナディアを一番に考えてしまった当然の結果?
イスラム教でタブーの火葬だけは避けてあげたい。それがサイードにできる、精いっぱいの罪ほろぼし。。。
火葬についてジャックにつめよったのは、直前にこんなことがあったから、余計にだったんだね。
そうそう、テロリスト仲間に「FBI失踪者を追え!」で、やはりテロリストの嫌疑がかけられた失踪者アンワー・サミール医師が。こちらでも、こんな役か・・・とちょっと気の毒になったりして。
で、現在も、鋭いサイード健在!
ハッチとはなんぞや?そんな疑惑を、ロックがいくら、シラをきろうとしても最後までくいさがったのはサイードでござんした。
そうそう、やっぱり、サイードをぶんなぐったのはロックだったのね。
んが、ハッチ・・・・ひっぱりすぎだよ!もうどうでもよくなってきたぞ(爆)
ハーリーじゃないけど、「だいじょうぶ?目がくぼんじゃってるけど」なジャック。
ロックに怒り心頭。でも、相変わらず追跡は苦手のようで(^^;
ケイトによると、低血糖状態。(貧血じゃないんだ。ろくに食べてないからかな。ちょっとそのあたりよくわかってない・・・ケイトがそういったかさえも自信がないが、ここは低血糖ってことで)「プリズン・ブレイク」でマイケルがインスリンを打って、低血糖になってたわな。なんて違うドラマを思い出してみたり。
なんでも、低血糖状態は、交感神経に影響を与えるということで、ジャックが無駄にロックにつっかかるのは、低血糖のせいだと、みんな、許してあげてください。(低血糖じゃなくても、かわらん気もするが(爆))
ケイトに睡眠薬を飲まされる。そうそう、ちゃんとやすんでね。おやすみなさ~い♪
最近、どうしちゃったの?がソーヤー。
ジャックが倒れたとき、開口一番「水もってこい!」
ソーヤーが?ジャックに?
なんだ、いい人じゃん(笑)
おまけに、クレアの赤ん坊カブ頭ちゃん(チャーリー、もうちょっといいネーミングはないんかい・・・そりゃクレア怒るよ( ̄▽ ̄メ))が、ソーヤーの声を聞いたら、泣き止むからさあ大変。
ソーヤーにくっついてまわるチャーリーもかわいかったけど、走って逃げたソーヤー、激らぼり~!!子供かよっ(爆)
でも、ここからが、いい人ソーヤー。車の雑誌を延々と読み続ける。あの老眼鏡で(爆)
キャラ変更っすね(^^;
ハーリーの歌、生歌で聴きたかった!!
ジンとマイケルは、イカダつくりを通して、どんどんお互いの国の言葉を理解するように。
ジンが英語を発したのは、いい兆候ですね。笑顔も素敵でした♪
さてさて、ジャックがおやすみしている間に、ケースの鍵を盗み、銃まで持ち出したのは、ブーンを殺したのはロックだと思っているシャノン!
サイードにまで「何でもしてくれるんだったら、ロックを殺して」と物騒な願いをしていたわけだが、協力してくれないとわかると、自分の手で殺そうとした・・・。
サイードが飛び掛って、ロックはこめかみをかすっただけですんだけれど、シャノンは、ブーンの死で、ブーンへの思いを再確認したのかな。(発砲までするのは、極端な気がするが)
このまま、サイードとは、フェイドアウトするといいんだけど、サイードの愛で立ち直るという展開もありえなくはないか。
ロックを許していないのはジャックも同じ。
怪我をしたら、真っ先にかけつけるはずのジャックは、ロックのこめかみの傷を、診ようともしませんでしたね。なんだかなぁ~~(- -;)低血糖低血糖←呪文。
そうそう、ロックを許していないのは、ウォルトも同じ?なのかな?
ロックを避ける、ウォルトの視線が怖かった。
ウォルトは、何やらかすかわからんからな~おぃ大丈夫か?
ろすとーーーーー

ノベライズ「LOST」SEASON1 VOL.3


原案:
ジェフリー・リーバー
J.J.エイブラムス
デイモン・リンデロフ
翻訳:入間眞
VOL.3には
「見えない足跡」(ジャック)
「ケースの中の過去」(ケイト)
「絆」(ブーン&シャノン)
「運命の子」(マイケル&ウォルト)
「守るべきもの」(チャーリー)
の5編が入っています。
基本的には、ドラマに忠実なので、目新しい発見はありませんが、
ドラマ視聴時、ちょっと忙しくて斜めみだった時期も重なり
ピンときてない部分がいくつかすっきりしました
マイケルが、ロックから遠ざけるわけは、意地になってるものだと思いこんでいたけど、
ウォルトが、特別な子だと感じつつあったマイケルが、
特別な子から遠ざけたいと思う気持が大きかったのかな。
そうそう、どこで出たくだりか忘れてしまいましたが、
ジンが子どもへ特別の思いを持ってるって?
ドラマでそんなことありましたっけ?
吹替えにかなりなれてしまっているので、
訳で、ん?と思うこともたまにありました。
たとえば、ハーリーが
「いつもスティーブと間違ってごめんね」
そんなかわいいハーリーがすきなんだけど、
ノベライズでは
「いつもおたくのことをスティーブと間違って本当にすまなかった。」
ハーリーじゃないっ(爆)
そんな違和感も、楽しみ(?)つつ、たまにある発見に、
やっぱり続きもノベライズで読みたいな~と思いました。