CSI:NY 9-3.2,918 Miles

邦題:2918マイル

***
何かに追われるようにひた走り、海側に走りついた途端、マックに確保される若者。
マックの背後にはゴールデンゲイトブリッジ。
その少し前、ブルックリンブリッジで死体が発見された。
青年イーサン・グロールは腹部を刺されたことによる失血死だった。
そしてイーサンの所持品の中に、血を流してたおれている女性の写真が。
NYの殺人と写真の女性、そしてサンフランシスコの追跡劇の関係は?
***

なぜにマックがゴールデンゲイトブリッジに?とびつくりのオープニング。
まぁ撮影所からだと、NYに行くよりずっと近いわね。ってそういうことを言ってはいけませんね(笑)
サンフランシスコ!自分の意志で行きたい!と思った最初の都市。フルハウスの舞台だから(単純)懐かしいなぁ。
ところがサンフランシスコ登場までは後半まで待つことになる(^^ゞしかも町はあまり重要ではない。あれだ。観光地紹介目的の日本の2時間ドラマみたいなアレなのか?
わざわざ橋をバックに端っこに立つ警察官・・・ポーズとる前に捜査しましょう。と突っ込まれ目的としか思えないもんね(笑)

遺体で登場のイーサン。なかなかハンサムくんなのに、遺体で勿体ないと思ったら、
ハーモン家のご子息ではないか。Sean Harmon。NCISではパパちゃんであるMark Harmon演じるGibbsの若い頃役の登場でおなじみ。
今日は遺体役だけど、これからの活躍を祈ってます♪

今日のダニー。
血を流した女性の写真をみて「僕らの娘が年頃になったら鋼鉄のボディスーツを着せよう」
仕事柄、すっごい過保護なパパちゃんになって、ルーシーちゃんにうっとうしがられる姿が目に浮かぶ~
そして、今日も出ましたぼーん♪
目玉飛び出るほど写真を凝視した甲斐あったよう。

ロバート刑事とドンちゃんも、なかなか良いコンビとして成長中のようだ。
このままだと、コンビを通り越しそうだけど・・・

Garyさんが言っていた、チームの日常。
今日はジョーのターン。
ジョーの家庭が描かれている。
どこの母親も似たようなものだ(笑)でも、なかなかがんばってママさんやっているよう。

シーズン8での終了が濃厚だったので、それを乗り越えたシーズン9では、継続を願ってか、あれこれとネタをしこんできているのがわかる。
それらのネタ、ラストエピまでにスッキリとできると良いのだけど。

INSIDE CSI;NY 本日はSera Ward。
Garyさんは真面目だけど、それ以外のキャストはすっごい面白い人たちだそうだ。
ゴールデンゲートブリッジは濃霧に包まれていたとか。
そういえば冒頭シーン、ずいぶんもやっとしてるんだよね。
橋をバックに三人で立ってるところは合成なのか?それとも最後に晴れた時に急いで撮ったのかしら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA