CSI:NY 9-17. Today is Life

サラっと覚書。

邦題:今日を生きる

 

泣いても笑ってもCSI:NYの最後の一話。

冒頭、昔の地下鉄のロゴ(動いてるからロゴとは言わない?)
WOWOWさんのプレゼントで当たったTシャツもこの地下鉄タイプだ。
最初の頃のトレードマークだったけど、いつからみなくなったんだろ。
冒頭から懐かしモード。
そして日本語チームからの嬉しいサプライズ。
レポーターさんの声、エイデンの声をやっていた甲斐田さんではないですか♪

最後のお話は、なんとも切ないお話。

チームの最後の集合飲み会シーンがあってよかった(*´ω`*)
大切な時に必ず見せてくれるこのシーンは、とても好きなひととき。
仲良しそうなチームの一体感に癒されたものです。そして今回もとっても癒された♪

そして、ラストのラスト。
マックがクリスティーンへプロポーズ
9.11で主人公マックが妻を亡くした直後というスタート
そして、最後は、マックが新たな女性と一歩を踏み出す。
最後は、きちんと終わっていないようなことを噂で小耳にはさんでいたけれど、キレイに終わっているのではないか。
物語はすべて完結させず、余韻があったほうがよろし。
チームのそれぞれの今後は、楽しく想像させていただこう。

ダニーファンになって、Carmineファンになって、CEESAUが好きになって、すごく楽しい数年間だった!!
長い間本当にお疲れ様でした。ありがとうございました(^-^)

既にいろいろと話が入ってきていますが、
Carmine Giovinazzoのグレイスランド
Hill Harperのコバート・アフェア
Eddie Cahillのアンダー・ザ・ドーム
などなど。
みなさんの新しい番組での今後の活躍、日本でみられる日を楽しみにしています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA