スティール・シャークス+ビリーワーロック

映画は・・・・う~~~ん。
ある科学者が人質にとられ、チームがくまれ、救出に向かう。
んでも、救出しにくるはずの潜水艦が動けなくて、そのうちにチームのメンバーもとらえられてしまう。
「ネイビー・シールズ」系。
ゲイリー・ビュジー(この方、ビジーだったり表記いろいろですねぇ)がお懐かしい。
「ビッグ・ウェンズデー」よもう一度。(腹にショック)
ビデオケースでは、彼の名前が最初にきてますが、主役じゃないです。
誰が主役かと言うとわからん映画です。
最後もあっさりしてるし、映画のツクリとしては、あんまり・・・
まぁいいんです。久々にビリー・ワーロックくんの名前がみられたので借りただけですから(爆)
(昔はビリー・ウォーロックって表記してなかったっけ)
一体何歳でこの役やったんだ。相変わらず童顔でチビっこかった(爆)
1961年生まれか。
映画が1997年作だったと思うから・・・36歳(爆)
で、新人役か~
ちなみに、身長は170cmか~
そりゃアメリカ人にしたら、しかも、精鋭の軍人さんたちの(役)の中じゃぁちっこくみえるのも仕方がない。
さて、この方、「デイ・アフター・トゥモロー」の感想でも話題に出した「ハット・スクアッド」に末弟マット役で出演していました。
視聴率低迷で打ちきりですが(^^ゞ
結構面白かったと思うんだけどな~暗い雰囲気が当時の風潮にあわなかったんだろうな
ってそれより出世作を書かないとね
「ベイウォッチ」初代メンバーです。
2シーズン出演したのかな?「ハットスクアッド」の主役がまい込んできて、降板したら打ち切り・・・その後「ベイウォッチ」は超人気作に・・・・かわいそうだ( ̄▽ ̄メ)
なんだか書いてたら、懐かしくなって楽しくなってきた。
ビリー・ワーロックの項、次回へつづく(爆)
↑映画の感想はどうした?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA