シーズ・オール・ザット

【辛口】
相変わらず、ミーハー映画鑑賞を続けておりますが、これまたありきたりなお話すぎて、ストーリーは語ることなし
生徒会長の主人公ザックが、ブロム前にブロムクイーン第一候補の女の子に別れを告げられる。
悪友と、さえない女の子をブロムクイーンにするという賭けをし、レイチェル・リー・クックが選ばれる。
後は、お決まりパターンです(^^ゞ
レイチェル・リー・クックは、確かに一人だとかわいいんだけど(スタイル抜群)、かなり小柄なので、大人数の中では見栄えがしない気が。
「ピアノ・レッスン」のアンナ・パキンが、レイチェル・リー・クックをかわいく変身させる役で出ていました。この子は、「ピアノ・レッスン」が強烈すぎてね(^^ゞ
で、ミーハー目的のポール・ウォーカーは、賭けを言い出だす悪友ディーン・サンプソン・Jr役。
ぜーーーったいにブロムクイーンになりそうにない、変人を賭けに出し、実はかわいいとわかると、ザックのことを悪く言って、ちゃっかりブロムにエスコート。
まぁ、こんな映画に出てたのね。
程度ですね(^^ゞ
さーて、そろそろ映画もミーハーモード脱出して、通常モードに戻そうかな。

1 thought on “シーズ・オール・ザット

  1. ジャケ買いブログ

    シーズ・オール・ザット

    実は巨乳、レイチェル・リー・クック。 ハリソン高校の生徒会長・ザックはサッカー部のヒーローで2,000人の女生徒が彼と寝たがっている、学園一イケてる男子生徒…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA