ブロークン・ダウン・パレス

結局ミーハー鑑賞は続いています(^^ゞ
あとちょっとで、入手できる出演作も底をつくと思うので、もう少々がんばらせてください(笑)
監督:ジョナサン・カプラン
へ~「レベル・ポイント」「告発の行方」の監督なんだ。ときたら、辛口系の作りで納得したが、ん?趣味の4人のおねーちゃん西部もの「バッドガールズ」もそうなんだ?(まぁ恋人と円満円満にならなかったところは、辛口と言えるか?)
主演:クレア・デインズ/アリス
「ロミオ&ジュリエット」は、今思えば、彼女にとっても、レオくんにとっても、一番魅力的な時代だったのでしょうか。(とならないように、今後も頑張ってもらいたいものですが)
共演:ケイト・ベッキンセール/ダーリーン
現在「ヴァン・ヘルシング」で、大人の魅力をふりまいておりますが、まだ原石時代の作品。
  ビル・プルマン/ハンク
主演系出演作は多いんだけど、イマイチぱっとしないやさ男。「インデペンデンス・デイ」のような正義系の役がお似合い・・かな?
ポール・ウォーカー/その他大勢(爆)
その他大勢ってわけではありませんが、ノークレジットです。最初出てるかどうかも不安でした(^^ゞ←不安は、初っぱな登場で吹き飛びましたが。
卒業旅行先のタイで、濡れ衣をきせられ投獄されるアリスとダーリーン。そこに、二人を助けだそうと動く弁護士ハンクがからむ。親友だった二人、タイで出会った男性をもとに、互いに疑心暗鬼の二人が、たどる道は・・・
なんとも、救いようがないストーリー展開で、正直困った。ラストのアリスの笑顔に、少々救われる気はするが、なんとも(-_-;)
みてるこっちは、ジェイソンという恋人がありながら、タイで男にひっかかってるからそうなるのよ~と思ったり思わなかったり・・・
で、ミーハー原因のポールくん
カメオ出演かしら?
アリスの恋人ジェイソン役。
出演シーンは3つ。
最初の卒業式シーンで、アリスと一緒に卒業式の装いで学校の階段を降りてくる。
次は、夜の野外パーティで、お酒を渡されて落としてしまう(この時落としたお酒が、タイのお酒なのかな?タイのイラストで、アリスがタイ行きを決意する重要なシーン)
そして、少々間があき、後半に近い中盤で、刑務所まではるばる友人たちと面会に来る。面会の方法が、アリスは他の受刑者と共に金網の中。少々離れた場所に他の面会者と共にポールたち。大声で叫んで会話をする形式。そんなところで、よりによって、「ブラを持ってきた」などとのたまうポール。(赤面)(このブラにも、展開に重要なしこみがあるのですが)
と、カメオ出演の割に、結構重要な位置を与えられていたポールくんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA