いま、会いにゆきます

テレビドラマ「ビューティフルライフ」や「Good Luck!」の土井裕泰初監督作。
脚本は「ちゅらさん」「ビーチボーイズ」などの岡田惠和。
・・・と書いても実は、ドラマは、あまりよくみたことがないです(^^ゞ
ただ、古風な展開のストーリーを作る方たちだな、というイメージ。
この映画も、もれなく印象通りの展開が待ちうけていることでしょう。(ファンタジー要素含)
それはちょっと・・・と言うかたは、まわれ右してください(^^ゞ
予定調和に向け、突っ走る展開は、安心して身を委ねていいよと言われているようで
そのまんま委ねてまいりました。
雨のシーンが多い映画ですが、ロケ地(長野)の町や湖や森など、とてもきれいに撮られてました。
最後に、CG曽利文彦(「ピンポン」の監督さん)って出てたけど、CGなんか使ったシーンあった?と思った
もしかしたら雨のシーンとかがそうだったのかな。天気待ちしたり、たくさん水使うよりも、描き込んだほうが効率的だもんね。
なんて、興ざめな想像書いてすみません(^^ゞ
—-ここからは、ちょっとネタバレかな?—————————
(破線で囲んだとこまで)
最初は、中村獅童演じる巧の視点で竹内結子演じる澪との過去が語られる。
そしてクライマックス。
私は、ここで終わりかと思っていた。
あぁ、やっぱりこういうタイプの映画か~とちょっと残念に思っていたあと続きがありました。
視点がえ。
勘の良い方なら、こんな展開も読めちゃってたのかも知れないけれど
私は、やられちゃいましたね。
——————————————————————-
↑の展開がかなりこの映画のほっこり度を高めてくれました。
なぜかこういう類の映画には必ず竹内結子。(「黄泉がえり」「天国の本屋」)
映画が良かったし、澪にぴったりだったので結局は気にならなくなってたけど、
次回作も同ジャンルだったら
さすがに、観に行くのためらいそうだなぁ・・・
中村獅童くんは、こういう情けない系の役もぴったりなんですね。
小日向さんのへたれ笑顔とのカップリングのシーンは、なんともいえない雰囲気をかもし出していたような(笑)
そうそう。この子ぬきでは語れなかったわね。←忘れてたくせに。
小さなゆうじくん。
舌ったらずな台詞まわし、かわいかった♪
さて、原作が手元にあります。映画と原作の比較でいづれまた♪
追記:エンディングロールは、絵本を配するというあきさせない作り。
しかし、スタッフロールと交互にみるのはヒジョーに大変でした、・・・・ってか無理(^^ゞ
日本沈没地図今うちの地域で公開中の映画なんて枠あったの気付かなかった。
沈まないように、これからは、TBしよう
「ずっと、ずっと、あなたのそばに」感想

4 thoughts on “いま、会いにゆきます

  1. 魔女っ子くろちゃんの映画鑑賞記録

    いま、会いにゆきます ★★★

    監督:土井裕泰
    主演:中村獅童、竹内結子、武井証、浅利陽介
    2004年 日本
     巧(父)と佑司は二人暮らしの親子だった。彼らは一年前に亡くなった妻(母)の澪が約束通り、梅雨の季節に二人の元に返ってくることを信じていた。
     そして雨が降り始めたある日、二人の前に記憶を無くした澪が現れる。戸惑いながら、自分が彼らの妻・母であったことを知り、徐々に家族として彼らと暮らしていく澪。巧も佑司も明るさを取り戻し、…

  2. くりりん

    TB&コメントありがとうございました!
    そうそう、竹内結子はこんな役ばっかですね(笑)私も次は見ないかな。
    種明かしの部分はへ?なるほど?と思ったんですけど、韓国ものにも多い、「実は・・・」という図式にお腹いっぱいだったので、そういう意味で「またか」・・・と。
    こういう小細工なしに普通に感動させる演出もあるのではないか(むしろそうしてくれ?)と思った次第です。
    獅童のあの演技は故川谷拓三ぽくてちょっと抵抗がある私です。オリジナリティーを感じないんですよね。(っと生意気に言ってみました)
    でもこの手の映画にしては良かったデス。

  3. まめ

    ◆くりりんさま
    もともとファンタジー系の原作があったから
    仕方がないことだとは思うのですが
    小細工なしで感動できたら一番素敵ですね♪
    そんな映画みてみたい!
    >種明かしの部分はへ~なるほど~と思ったんですけど、
    >韓国ものにも多い、「実は・・・」という図式にお腹いっぱいだったので、
    なるほど!!
    私、ほとんど韓国もの観ないのですよ。
    そういえば「ラブストーリー」とか「猟奇的な彼女」とかそんな作りだったかも知れません。
    おなかいっぱいになるほど観ていなかったのが
    この映画にそこそこハマれた鍵かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA