オペラ座の怪人

The Phantom of the Opera
製作・脚本・音楽:アンドリュー・ロイド・ウェバー
監督:ジョエル・シュマッカー
ファントム役のジェラルド・バトラーファンの方から、
ぜぇぇぇったい映画館で観たほうがよい!の言葉をいただき行ってまいりました。
うんうん。スクリーンで観るべき映画というのは、大納得!
この豪華絢爛さは、舞台では出せないものでしょう。
観られて良かったです。
白黒の「今」とカラーの「過去」
劇場が過去にかわっていくとき、ゾクゾクしちゃいました。
歌やら何やらは、そりゃ生にはかなわないかも知れませんが
なかなか舞台を見に行くことは叶わないので
お手頃価格で、近場で観られて、それだけで充分満足の一作でございました。
映画ならではのシーンも満載でしたしね♪
ファントム役は、ジェラルド・バトラー。
主演クラスの中では、唯一ミュージカル未体験。
どちらかと言うと、ロッカー系。
しかし、映画的アプローチと考えると、まぁこれもありかな。と思える。
「タイムライン」で主役を演じております。
(主役はポールじゃなくて、彼でしょう。
当時はネームバリューがなく、ポール主演で宣伝されてしまったのかな)
クリスティーヌはエミー・ロッサム。
「デイ・アフター・トゥモロー」では、歌の特技があるなんて知らなんだ。
無垢な感じは良かったと思う。
そして、イチオシの(笑)ラウル役パトリック・ウィルソン。
舞台で鍛えただけあって、この中で、一番歌声が好きだ!
ぺっとりしたこの時代っぽい髪型は、ポイントダウンだが、
マスカレードの時の、後髪しばったところは、なかなかかわいい♪
舞台ではないらしい決闘シーン、私的にはあって良かった(* ̄▽ ̄*)
ドタバタうるさいミニー・ドライバーは、コミカル担当。
にくたらしいな~(笑)それだけうまいってことか。
本人も上手とのことですが、歌は吹替えだそうな。
オリジナルキャストのCD欲しいな~
ちなみに、同行者は、ミュージカル映画初体験。
「なんで縄でしばられてまで歌うんだ~」
ってそりゃミュージカルですから・・・( ̄▽ ̄メ)

3 thoughts on “オペラ座の怪人

  1. I am invincible !

    オペラ座の怪人

    公開中なので控えめに 19世紀 パリ・オペラ座では仮面の怪人ファントム(ジェラルド・バトラー)が、影の支配者であった。 クリスティーヌ(エミー・ロッサム)の才能…

  2. ふみふみ

    ちよさんご無沙汰しております。Blogのデザインがかわいらしいですね。
    わたしは先週観に行ってきました。ちよさんならきっとBlogに感想を書かれるのではないかと思って待っておりました(笑)
    一番素晴らしいと思ったのは音楽でした。あの有名なジャジャジャジャーン…!もですが、劇中歌も良いですね~
    主演の彼女がまだ18歳とは思えませんでした。
    >白黒の「今」とカラーの「過去」
    同感です!
    あと、冒頭のセピア色のオペラ座風景が、1900年代のシーンのモノクロ映像に変わったところも良かったです。
    実は恥ずかしながら、わたしはこの「オペラ座の怪人」は(隋分前に名探偵コナン君のアニメでその話になぞった殺人事件をしていて知ったのですが…笑)、観たことも読んだこともなくて詳しいストーリーを全く知りませんでした。^^;
    しかし、ヘンに予備知識がなかったおかげで素直に楽しめましたが、Blogのこの映画の感想を色々見ていると、戸田奈津子さんの訳に不満を持っている方がけっこういるようで、「モノ申す!」と字幕検証サイトまで出来ているのには驚きました。言われてみれば、ファントムのセリフで"えぇ?!"と思ったところがありました。笑 コアなファンの方から見れば色々思うところはあるのだろうなと感じました。
    帰宅してさっそく海外のFanlistingに登録し(笑)、数日後に映画のサントラを買いました。
    劇団四季のファンの従姉が居て何度もオペラ座~を観ているようですが、いつかミュージカルでも観てみたいなと思いました。
    それでは本館(HP)の方にもまたお邪魔させていただきますね~
    長々とすみません。

  3. まめ

    こんにちは~
    こちらこそ、DURAN DURANの来日中止で
    すっかり、ぽーーーっと気がぬけてしまって
    ご無沙汰しておりました(^^ゞ
    そうそう!
    肝心の、音楽のことを書いていませんでしたね。
    有名すぎて、すっかり忘れてました(笑)
    あの音楽は、素晴らしい!の一言です。
    舞台より、ロック系アレンジだったそうですが、
    映画館で聴くことができて、本当に良かったです。
    「オリジナルCD欲しい」が「サントラも欲しい」になってきて
    両方買うかどうか、いまだ悩みつづけております
    (比較して聴いてみたくて(^^ゞ)
    私も、ストーリー自体はほとんど知りませんでした。
    なので、どうなるんだろう~とドキドキワクワク見られたのは
    ラッキーだと思いましたよ♪
    今度、原作も読んでみたいです。
    (比較好き)
    戸田奈津子さんは、「ロード・オブ・ザ・リング」でも反対運動が起きましたが、
    今回もあったのですね(^^ゞ
    どんな違いか、私も検索してさがしてみます。
    そんなツッコミどころさがしも、映画の楽しみのひとつです♪
    私もまたお邪魔しますね~
    傷心なおったら(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA