ブレイク・アウェイ

出演:ディーン・ケイン、エリカ・エレニアク、エリック・ロバーツ
定期的に暗転するところをみると、テレビ映画だったのねん。
「新スーパーマン」のクラークことディーン・ケインと
「ベイウォッチ」のシャウニことエリカ・エレニアク
それだけで、テレビドラマファンは、満足。
そこに、ジュリア・ロバーツのにーちゃん、エリック・ロバーツがからむ。
(いやぁ、かなり渋くなりましたなぁ)
クリスマスの夜、ケンカしちゃったクラーク(只今休職中の刑事なり)とシャウニ(違うって。でも、そっちのが感じ出るので、TVドラマ役名で失礼(^^ゞ)
母の助言を受け、シャウニが勤めるデパートへ花束持って向かうクラークは
いかにも怪しげな団体を発見。
中央にいるのは、いかにも悪人面のエリック・ロバーツ。
先日、会った時に、今は足を洗ったと言っていた、元犯罪者。
におうぞ。と追いかけたら、やはり、強盗真っ最中。
こいつぁ~阻止せねば!とクラーク奮闘。
ところがどっこい、まだお勤め現場にいたシャウニを含めた数人が
人質になってしまった。
どうするクラーク!
という、いかにもな展開。
しかし、あっちのTVドラマらしい、一夜の密室攻防戦、
実は好きだったりする(* ̄m ̄*)
(ハンサムくん限定。だから「ダイハード」は苦手(おぃ))
そこに、エリック・ロバーツの息子が白血病だが、
資金不足で手術ができないという父の悲劇がからみ
ありがちながらも、いかにも。いかにも。なB級娯楽作として結構楽しめました。

その後の、ディーン・ケイン作品。ちょびっと集。
「ファイナル・ウォー」
なんじゃこりゃ・・・という近未来もの。
最初からいかにもなマットペインティングに興ざめ。
しかも、ディーン主演ちゃうやん!(^^ゞ
こちら、主演は、TVシリーズ「新スーパーマン」で共演のジミー。(またしてもTVのほうの役名です)
将軍様のディーンは、どうも、威厳がたりないように思う。
ということで、ディーン出演シーンのみの、早送り攻撃にあったため、イマイチストーリーがわかりません。

「デスゲーム2025」
こちらテレビ映画。
ウェズリー・スナイプス、ヴァネッサ・ウィリアムズ共演。
ディーンは、テレビ映画のほうがかっこよい役?
こちらも、タイトルでわかるとおりの近未来もので、
良くも悪くも「ローラーボール」系。
(ちなみに、こちら昨年DVD鑑賞作品のワースト作品でしたが(爆))
でも、ディーンが主演というだけで、ポイントが高くなるのは、
そりゃミーハーだからです。
劇中競技が、「ローラーボール」に似ているのです。
(浮かぶスケボーにのって、時間がたつと電流が流れるボールをゴールに入れあう)
ディーンは、その競技のスター選手という役柄。
そこにサスペンス系も絡んでくる。
最終的には、劇中競技で勝ったの負けたので決着がつくわけですが。
アクションあり、ラブロマンスあり、サスペンスあり、スポーツあり、
B級盛りだくさんの、ミーハー映画(笑)
TV映画さ、と期待しないで観ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA