恋のからさわぎ

10 THINGS I HATE ABOUT YOU
監督:ジル・ジャンガー
出演:ジュリア・スタイルズ、ヒース・レジャー、ジョセフ・ゴードン・レビット
みなくちゃならないビデオの間に入っていたので、早送りで観ちゃうか、とみはじめたら
おバカなティーンコメディが、意外とウニった頭にぴったりでした。
前にみて酷評した「シーズ・オール・ザット」と基本ラインは同じだけどね(^^ゞ
かわりものの姉キャット(ジュリア・スタイルズ)とモテモテの妹ビアンカ。
父親が絶対に姉がデートするわけないとふんで、
「キャットがデートしたら、ビアンカもしていい」と言ったことから、
ビアンカは彼女に思いをよせているマイケル(ジョセフ・ゴードン・レビット)に頼み
なんとかキャットと誰かをデートさせようと画策。
マイケルが白羽の矢を立てたのが、同じくかわりもののパトリック(ヒース・レジャー)
ビアンカとデートしたいジョーイから50ドルいただき
(20ドルから50ドルにかけひきってとこがティーンっぽくていいね(笑)
その後値上がりしていったけど)
パトリックがキャットにアタックを開始。
ちょっと長めのクリクリヘアーのヒース。(う~ん(^^ゞ)
かわりもの役を、楽しそうに演じている。
驚きは、突如マイクを持って
「君の瞳に恋してる」を歌い踊るシーンがあること(o_ _)ノ彡☆ばんばん
ファンの方は、必見!(か?)
ジョセフ・ゴードン・レビットは、どこかでみたことある~と思って検索したら
「リバー・ランズ・スルー・イット」で、おにーちゃんの方の子役時代やった子だ。
あちこちでみかけてた気がしてたけど、雰囲気かわらないね~
ここでも、ちょっと気弱そうな感じの男の子役。
わかりきった展開とラスト。
後味は悪くないけれど、まぁ、ティーン映画はこんなもんでしょ。
程度の気持ちで観ていただければ。

7 thoughts on “恋のからさわぎ

  1. BlogPetの「mame」

    きょうリバーの、ひきっぽい値上がりされた。
    リバーとここへリバーとラインみたいな展開された。
    きょうリバーで、かわりを検索しないです。

  2. ALL MY LIFE

    ボーン・スプレマシー

    マット・デイモンがアクションヒーローとして新境地を開いた傑作「ボーン・アイデンティティー」の続編。
    前作でジェイソン=マットに巻き込まれながらも彼をサポートし、必死で逃げ回っているうちに恋に落ちてしまうヒロイン、マリー=フランカ・ポテンテが冒頭あっとい……

  3. nike

    「恋のからさわぎ」私も好きな映画です!
    くりくりロングヘアーのヒース、すごくカッコ良かったです。
    歌も中々上手かったですよね。
    カタブツ高校生のジュリアもクールで良かったし。
    ジュリアの「セイブ・ザ・ラスト・ダンス」は御覧になりました?
    私はこの映画がすっごい好きなんです~!
    でも、ジュリアもヒースも最近脇役ばっかりで主演の映画がないですよね?
    同系でいえばキップ・パルデュー君も最近見ないなあ。
    青春映画スターは大人の役を演じる頃が難しいのかも。
    私も最近映画と音楽中心のブログ始めましたのでトラックバックさせていただきました!
    ヨロシク~♪

  4. ハート

    私は未見ですが、6年前に英国留学していた際、丁度劇場公開されてました。当時ハリウッドでは、シェークスピア作品の現代版アレンジが結構はやっており、この作品も「じゃじゃ馬ならし」の焼き直しだそうですね。
    ところで、ビアンカ役(演じるはドラマ『魔法使いサブリナ』メリッサ・ジョーン・ハート)が劇中で着ていたタンクトップには「阪急電車 急行は速い」と書いてあったと、以前「トリビアの泉」でやっていたのですが、まめさんやNikeさん(はじめまして!よろしくお願いします)はお気づきになりましたか?
    http://www.oride.net/trivia/trivia560-566.htm
    さて、私もそろそろまめさんとこにTBできる映画感想の記事などをブログに書きたいのですが、5月からなかなか忙しくなりそうで…せめて自分のサイトのUpがんばろうっと!

  5. まめ

    >nikeさん
    「セイブ・ザ・ラストダンス」は未見です
    ご紹介ありがとうございます!
    ヒース、なかなかうまかったですよね(笑)
    普段の声も響く良い低音ですもんね。
    ヒースは、「ケリー・ザ・ギャング」以来みてませんが
    昨年新作を撮っている噂は耳にしていました。
    彼は「ロック・ユー!」が一番活き活きかわいかったです♪
    キップ・パルデューくんは、確かに「ルールズ・オブ・アトラクション」
    以来大きな噂きかないような・・・(^^;
    ブログ開設おめでとうございます!
    またゆっくりお邪魔あさせていただきますね~
    >ハートさん
    知られざるハートさんの謎がひとつとけました(笑)
    素晴らしい英語力は、留学でも培われたものだったのですね~
    シェイクスピアが下敷きという話はきいていましたが
    シェイクスピアの作品がよくわからないので
    よくあるパターンだ。としか思いませんでした
    なるほど、数あるパターンのルーツはそこにあったのですね
    「トリビアの泉」も知りませんでした!
    タンクトップチェックしないと(笑)
    またお忙しい日々が続くようですが、お身体にだけは気を付けて
    私も落ち着いたら遊びに行きます♪

  6. お茶の間オレンジシート

    「恋のからさわぎ」?さんまではなくてヒースです!

    1999年アメリカ監督/ジル・ジュンガー出演/ヒース・レジャー ジュリア・スタイルズ ラリサ・オレイニクシェイクスピアの「じゃじゃ馬ならし」を下敷きにした現代の高校生の話。学園一の美女(ラリサ・オレイニク)は父親の監視が厳しくていまだに誰ともデートをしたこ……

  7. 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

    『恋のからさわぎ』’99・米

    あらすじ転校生のキャメロン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は学園のアイドル・ビアンカ(ラリサ・オレイニク)に一目惚れする。しかし、彼女は父親(ラリー・ミラー)から、嫌われ者の姉のキャット(ジュリア・スタイルズ)がデートしない限りデートを禁じられていた……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA