レボリューション6

What to do in case of fire
監督:グレゴー・シュニッツラー
出演:ティル・シュヴァイガー、マーティン・ファイフェル

80年代、ベルリンでアナーキーな活動を続けるグループ36。
時代はどんどんかわり、10数年がたったある日、彼らが作った爆弾が爆発!
犯人さがしで警察が動く中、それぞれの人生を歩んでいた6人がまた集結する。
すっごい好き!!
いや~やられました。
オープニングが、若き日のアナーキーな彼らが爆弾を作る様子が流される。
(このフィルムが、後々の騒動を巻き起こすのだが)
スタイリッシュなパンクのミュージックビデオ風のその映像から、ぐいぐいひきこまれて、最後まで一気に。
追われる側の6人もいいんだけど、追う側もいい味出してるんだなぁ~。
その追われる側筆頭。ティム役ティル・シュヴァイガー。
若い頃のまま大人になった彼は、そのまま活動を続けている。
ティルと言えば「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」!というくらい、この作品が好きでしたが、
今は、「レボリューション6」も絶対あげる(笑)
ハリウッド映画にも進出していますが、ドイツ映画のほうがしっくり来る。
”今”のティミーは、超短髪でかっこいいんだけど、その対比もあって、80年代のツンツン頭がめっちゃかわいい(笑)
男気あるティムに惚れた!!
同じく、ティムと共に活動を続けていた車椅子のホッテ。
彼の車椅子の原因が、6人の行方を決定づけたらしい。
そんな心にも身体にも傷を持つ男を、マーティン・ファイフェルが。
と言っても、この方はハリウッド進出してないようなんでわからん(^^ゞ
ということで、以下役者さん名は割愛させていただきます(爆)
爆弾が爆発したことで、久しぶりに連絡をとった他の仲間たち
広告業界で成功しているマイク。
検察官目指すテラー。
シングルマザーのネレ。
美しい姿であらわれたフロー。
そして、信念を持って追う側のマノフスキー。
基本は、捕まりたくない6人と捕まえたいマノフスキーの攻防戦。
その中で、過去と向き合い、現実と向き合い成長していく彼らが素敵。
大好きなシーンがたくさんあるんだけど、ネタバレするからこれは言えません(爆)
気になる方は、その目でチェックしてね♪

9 thoughts on “レボリューション6

  1. I am invincible !

    レボリューション6

    ティム(ティル・シュヴァイガー)、ホッテ(マーティン・ファイフェル)、マイク(セバスチャン・ブロンベルグ)、テラー(マティアス・マシュケ)、ネレ(ナジャ・ウール)、フロー(ドリス・シュライツマイヤー)の6人は、ベルリンのマッハナウ通りにある廃屋を不法占拠…..

  2. しょうちゃんの映画観賞日記

    映画「レボリューション6」

    ■感想:
    DVDで観ました。アナーキーな抵抗運動を繰り広げた若者たちが仕掛け、不発に終わった時限装置が15年後に爆発し、警察に押収された犯罪の証拠となるフィルムを取り戻すために、再び結集する話ですが、昔の友達と久々に会った時の感じは好きです。かつて同じ夢を見……

  3. マニアの戯言

    「レボリューション6」

    What to do in case of fire 2003年 ドイツ映画
    監督 グレゴー・シュニッツラー
    出演 ティル・シュヴァイガー マーティン・ファイフェル セバスチャン・ブロンベルグ ナジャ・ウール

  4. takbout

    突然のTB失礼いたしました。takboutこと、たあぼうと申します。
    「レボ6」いいですよね。ティル君大好きなんです。知ってる方が少ないので、ついついお邪魔してしまって・・。
    宜しかったら、こちらにも来てください。
    嫌でしたら、消してください。
    では、失礼いたしました。

  5. まめ

    ◆takboutさま
    こんにちは~
    TB&コメントありがとうございました♪
    「レボリューション6」大好きです!!
    ほんとマイナーな作品だけど、それは知られていないだけで
    観ればきっと好きになる人多いはず。という隠れた名作だと思います。
    私も、このブログでのつながりがなければ観られなかった作品なので
    教えてくださった方に感謝しています♪
    ティルさんも、素敵でした~(* ̄m ̄*)
    今だに、彼の作品は、これと「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」派ですが
    絶対これも!という作品があったら、ぜひ教えてくださいませ~
    後ほど、お邪魔させていただきますね~

  6. takbout

    失礼なお願いを聞いて頂いてありがとうございます。
    このティル君は最高にいいんです。本当に何度もこの映画を見てまして・・・。
    他の作品もいいのですが、日本で見れるのが少なくて皆さんにお見せできないのが残念です。
    ブログ初心者なので失礼等多々あると思いますが、何卒よろしくお願い致します。
    実は、自分もドラマ「ER」大好きなので、近々そちらにもお邪魔させて下さいませ。

  7. まめ

    ◆takboutさま
    いえいえ~とんでもないです♪
    基本的に、コメントをくださった方のところへ
    TB返しをさせていただいているんで
    コメントくださってよかったです(^○^)
    冒頭のツンツン頭がなんとも好きなんです(笑)
    あのツンツン頭に引き込まれたと言っても過言ではないかも(笑)
    私は、まだ一度しかみていないので
    是非手元において、また観たいです~(*^^*)
    そうか、日本未上陸作品が多いのですね
    残念です。
    私も、またちょこまかお邪魔させていただきますね~
    「ER」ネタでも他でも、またお気軽に遊びにいらしてくださいね(^○^)

  8. takbout

    ティル君のお勧め映画で日本でも見れるものを思い出しました。
    「U-ボート 最後の決断」
    という映画です。
    レンタル屋にありましたので、普通に見れるかと思います。この時のティム以上に男気のある艦長さんの役です。
    良かったら、見てあげて下さい。
    もし内容が知りたかったら、自分のブログか哀生龍さんの所でも紹介していると思います♪
    (きっと、哀生龍さんの方が丁寧に書かれていると思います)

  9. まめ

    ◆takboutさま
    ご紹介ありがとうございます♪
    そうそう、「U-ボート 最後の決断」よいらしいですよね~
    息詰まる密室劇!という感じなのかな、と
    気分がよいとき用にとっておいて、
    すっかりそのままになってしまっていました(^^;
    今、海外ドラマ攻勢で、なかなかみられないんですが
    昼の「CSI:MIAMI」でも終わったら挑戦したいと思っています(^^)
    ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA