キングダム・オブ・ヘブン

Kingdom of Heaven
↓こちらはガイド本。

監督:リドリー・スコット
出演:オーランド・ブルーム、エヴァ・グリーン
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地が混在するエルサレムが舞台。
計8回(数え方は様々らしい)の遠征の中、第3回の十字軍遠征の手前のお話。
宗教同士で、聖地を手に入れる闘いは果てることはない・・・
少々、知識を入れていくと、より楽しめる作品だと思います。
そして、この映画がはじまるのは、そんな奪還奪還の歴史の中、
唯一、休戦の協定を結び、安定していた時期だと言います。
リドリー・スコット監督の映画は、ん?という映画と好き!という映画の幅が大きい。
ちなみに私が好きなのは「ブレードランナー」「テルマ&ルイーズ」。
「ブラックホーク・ダウン」も頭では凄いと思ったのですが、体調悪い時に行ったので
気持ち悪くなった記憶が身体に残っていて(^^ゞ
彼は、旬のハンサムくんを見る目も鋭いよね(笑)
ちなみに、熱烈オススメされていながら主役の方が
好みにあわず保留になっているのは「グラディエーター」(^^ゞ
既に演出していて、賞もとっている歴史ものは手慣れたもの、
なのかワンカットワンカットに重みがありました
闘いのシーンなのに(そうでないシーンも)、美しい、と感じてしまいました。
主役の鍛冶屋から騎士への華麗な(?)転身を遂げる役にオーランド・ブルーム!
昼間、「ロード・オブ・ザ・リング」一作目のSEEを観ていたので
いや~成長したねぇ~(TT)と目頭をおさえたくなりました(おおげさ)
実は、こんな大作を支えられるのか?という心配がありました。
いやいやなかなか頑張っていた。
剣の所作もなかなか
(どーしてバリアンがあれだけでうまくなったのかがわからんけど(爆))
まだ、少々無個性に感じた「パイレーツ・オブ・カリビアン」、
続編が俄然楽しみになった。
キャメロン・クロウ監督の「エリザベスタウン」も待機してるしね。
しかし、まだ若さの勢いの方が勝っていて、重厚さには少々かけるわね。
ってことで、その部分を引きうけてくれてるのが
「ロブ・ロイ」に引き続き連発になった、バリアンのとーちゃん役のリーアム・ニーソン。
頼れるけど悲劇のとーちゃん役は、「ギャング・オブ・ニューヨーク」のレオくんのとーちゃんも彷彿。
そのゴッドフリーのお友達。
どっかでみたことあるなーあるなーとずっと気になっていたのが
デヴィッド・シューリス。
そういえば、こちらも「太陽と月にそむいて」でレオくんと共演。
「セブン・イヤーズ・イン・チベット」ではブラッド・ピットと共演。
「タイムライン」ではポール・ウォーカーくんと共演。(嫌なヤツ役だったな~)
・・・何度も観てるんだから、そりゃ観たことがあるはずだ(爆)
そして、ずっと気になっていた仮面の王
誰だろう~と思っていたら、エドワード・ノートンなんだって。
**公開中なので、情報を入れたくない方は以下注意**

映画では、私利私欲の為に闘う者の為に、その安定期が壊れたとなっていますが
それは史実かどうかは私はわかりません。
そんな彼らと、
リーアム・ニーソン演じるゴッドフリーと
その意志を継いだオーランド・ブルーム演じる息子バリアンの意義との対比は、
監督の大きなメッセージになっているのは間違いない。
台詞のそこかしこに、いろんなメッセージが入っている
どう受けとめるかは、自分次第。

7 thoughts on “キングダム・オブ・ヘブン

  1. 猫姫じゃ

    キングダム・オブ・ヘブン 今年の208本目

    キングダム・オブ・ヘブン
    オーランド・ブルーム なかなか、かわいいのよね。あたしはこういう中世ヨーロッパ系大好きだから、楽しめました。いぁ、楽しめた、どころじゃなく、すっごくよかった!ま、なんで鍛冶屋があんなすぐに、強くなるのか?兵法に関しても。その…….

  2. cube1555.com

    キングダム・オブ・ヘブン Kingdom of Heaven (2005年/アメリカ)

    リドリー・スコット監督と言えば、
    やっぱ、「グラディエーター」です。私の中では。
    「テルマ&ルイーズ」とか、「白い嵐」とか、「ブラック・ホーク・ダウン」も好きだけど、
    この映画を観る前に「グラディエーター」のようなモノを期待してしまっていたのは、間違いありません(ー"ー;)
    そこに、大好きオーランド・ブルーム!!
    間違いないわっ!!!
    と、
    勝手に、観る前から盛り上がっちゃってました(笑)
    オープニングのお墓のバックに映る空がキレイでし…

  3. Bon voyage!

    キングダム・オブ・ヘブン

    フランスで鍛冶屋を営んでいた青年バリアン。突然現れた父の誘いで十字軍遠征に参加した彼が、父の意志を継ぎ、エルサレムに平和をもたらすために苦闘する。バリアンの騎士としての成長に、エルサレムでのキリスト教とイスラム教の共存と攻防、王の妹とバリアンの道ならぬ恋が絡んでいく。
    出演:オーランド・ブルーム,エヴァ・グリーン
    監督:リドリー・スコット
    この映画は宗教色が強い。
    日本人には馴染みがあまりない?…

  4. WILD ROAD

    キングダム・オブ・ヘブン

    『キングダム・オブ・ヘブン』
    2005年アメリカ(145分)
    監督:リドリー・スコット
    出演:オーランド・ブルーム
       エヴァ・グリーン
       リーアム・ニーソン
       ジェレミー・アイアンズ
       エドワード・ノートン
    ★ストーリー★
    父親……

  5. Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)

    キングダム・オブ・ヘブン

    評価:★7点(満点10点)
    監督:リドリー・スコット
    主演:オーランド・ブルーム エヴァ・グリーン リーアム・ニーソン
    2005年 145min
    父親が勇敢な騎士ゴッドフリー(リーアム・ニーソン)と知った
    鍛冶屋のバリアン(オーランド・ブルーム)は、十…….

  6. 黄昏ミニヨン想録堂

    キングダム・オブ・ヘブン

     寝正月三日目。気分は太公望(手抜き絵)のソレである。
     そんな中、今日は親父が借りてきた『キングダム・オブ・ヘブン』を見た。例の如くネタバレありありで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA