ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還SEE特典ディスク


数日かけて少しづつ進めた特典ディスク、
オーディオコメンタリーを残して鑑賞終了いたしました!
特典ディスク1
・トールキン~中つ国の遺産(29分)
・原作から脚本へ
 原作から脚本へ:最終章の推敲を重ねて(25分)
 ・未公開コンセプト:アラゴルンとサウロンの戦い
・中つ国 デザインと構築
 デザインの創造(40分)
 巨大ミニチュア~ビガチュア(20分)
 Wetaワークショップ(47分)
 衣裳デザイン(12分)
 デザイン・ギャラリー
・ロード・オブ・ザ・リングの馬たち(30分)
・第三部旅の軌跡
・ニュージーランド~中つ国誕生の地
特典ディスク2
・王の帰還撮影風景
 カメラがとらえた中つ国(73分)
 メイキング写真集
・視覚効果
 Wetaデジタルの仕事(42分)
 デモンストレーション:ムキマルの戦い
・ポスト・プロダクション旅の終焉
 編集作業:三部作完成へ(22分)
 中つ国を奏でる(22分)
 サウンドデザイン(22分)
 すべては終わった(21分)
・ひとつの時代を過ぎて(25分)
・キャメロン・ダンカンに捧ぐ”イントゥ・ザ・ウェスト”
 キャメロン・ダンカンドキュメンタリー(32分)
 DFK6498(5分)
 StrikeZone(11分)
今回も、盛り沢山!!
ネタバレ嫌いなので、細かくは書きませんが、
いつもと同じように、映画制作の課程と裏側がわかり
映画に関しても、更に深く知ることができる。
最初からファンのための特典を考えて撮ってるだけあって
大満足の量。
ちょっと高くても、絶対に損はさせません
↑ってどこのまわしものだよ(笑)
そして!前枠で気になっていた、黒門前の
レゴラスのすっとんきょうな表情の謎が解けました!(笑)
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還SEE感想
嬉しいのでまず書いておこう。
恐ろしいサウロンの口が出てきたところで
どうして、こんな表情してるのかな~と思ったら
実は、あそこで登場する姿は、予定ではまったく違った姿だったそうです。
でも、驚いた画をそのまま使ったので
レゴだけ、なんだか違和感を感じる表情になってしまったのですね(笑)
エルフくんだからね、敏感なのよ。
興味深かったのは、馬のお話し。
中でも、ヴィゴ!点数高いぞ!(笑)
ツボツボでヴィゴが、いい人なんだよな~
みんなに惚れられるのも、納得な人なんですな。
ほんとに旅が終わっちゃったんだな~って
実感するシーンがたくさんあって、そのたびうるるんうるるん。
みんなの努力の結晶が、アカデミー賞に輝いて良かったって心から思えます。
個人の賞ではなく、チームの賞が多いってのがこの作品らしいですね。
最後に、主題歌”イントゥ・ザ・ウェスト”に影響を与えた
若き映画監督キャメロン・ダンカンのドキュメンタリーと
作品がおさめられている。
16歳で作ったとは思えないその作品と
ここに入れたピーターの気持ちに賞賛を送りたい。
もちろん、今回も本編ディスクにおちゃらけ隠し映像もおさめられている。
今回は2つ。
ひとつは、イライジャ&ドミニクのドッキリカメラ風
もうひとつは、いつものMTVコメディ編。
今回の出演者はPJ。

2 thoughts on “ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還SEE特典ディスク

  1. ナギ

    うふふ~~
    ヴィゴ点上がりましたか?(笑)
    ホント、あっちゃの人、こっちゃの人、みんなに気遣える人なんだなぁと思った。
    考えて気遣ってるんじゃなくて、自然にできるとこがいいなぁって。
    レゴの表情って、あのシーンのレゴだったのね。
    敏感なのね!(笑)
    映画本編ではわからない、裏側がああいった感じでバンバンわかるって言うのは本当に観ている人間にとって嬉しいです。
    終わりを遂げた作品だけど、やっぱり永遠に残る作品なんだろうなぁって思います。
    この作品で、個人の賞がなかったのは誰か1人のためのものでは決してないからなんだろうね。
    どの映画もそうかも知れないけれど、作品賞としてあげられたのが素晴らしいと思います。

  2. まめ

    うふふふ~♪
    点はあがりっぱなしですね
    どこから出るものも、素敵なエピソードばかりなんですもの。
    一体何人のヴィゴファンを作るつもりなのか!
    関係者だけで、ファンクラブできるね(笑)
    >レゴの表情って、あのシーンのレゴだったのね。
    とても、怖い人が出てきたとき顔じゃないよね~(笑)
    その後のレゴがみられたり
    撮影中の笑顔がみられたりレゴファンとしても嬉しかったわ♪
    (なぜか、ちゅーーーー(* ̄3 ̄*)口が多い(笑))
    これだけの作品だからできることなんかなぁ
    好きな作品は、特典が多ければ多いほどいいけど
    普通だったら、あんなバカ高いDVD売るのが大変だもんね(^^ゞ
    「オペラ座の怪人」も高いんよ!
    なんでも、収益の4割が日本だとか。
    足元みられたね(^^ゞ
    まぁいいや。日本のおかげと恩を売っておこう!(爆)
    ↑誰にだよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA