2005年下半期映画ランキング

えー今年の下半期は劇場16本 DVDその他10本という鑑賞数でした。後半海外ドラマを観まくったので、DVDの勢いが落ちましたね(^^ゞ では、まず劇場鑑賞ベスト10から!!

10位:宇宙戦争

下半期の最初に観た映画。記憶が古い分不利なのもあるかな場面場面は、その時点で楽しめた気がするけれども現在の印象が、かなり薄くなってますね

9位:コープス・ブライド

観た時はすごく良い!と思っていたのですが、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」を観たとたん少し評価が下がった作品(笑) みためで判断してはいけないことを実感した作品でした。

8位:シンデレラマン

その時点でとても感動はしたけれど、やはり後味は大味だったな、と今思う。本当の原作を読んでしまうと、少々ものたりなさも。でも、久々にハリウッドらしさにのっかれて嬉しかった作品。

7位:シンシティ

作品の匂いはとても好きだけれど、肩入れしたくなるキャラクターに出会えずこの位置。

6位:エリザベスタウン

オーリィーくんの百面相のかわいさと、やっぱりクロウ監督の空気は結構好き♪ ということがわかりました。

5位:イントゥ・ザ・ブルー

これも、構成は難有りですが。なんだかんだと、ポールくんが良かったぞ~♪ えぇえぇ、結局最後にミーハーは勝つ(* ̄^ ̄*)v

4位:ブラザーズ・グリム

お持ち帰りブラザーズに満点!

3位:チャーリーとチョコレート工場

ウンパ~ルンパ~♪ もう楽しければそれで良いじゃないっすか~! ]

2位:スターウォーズ シスの復讐エピソード3

6作出揃いましたね、のお祭りでこれは上位にしておかないと。ヘイデンくんも、立派に成長してましたし!!

1位:ミリオンダラーベイビー

色んな意味で、う~ん・・・とうなってしまいました。内容の空間を埋めることを、いろいろ考えるのが楽しかったしその時の衝撃は、今も持続していたので輝ける1位はこちら♪

*ごめんなさい!あとからよくみたら、「ミリオンダラー~」上半期でした(^^ゞ書きなおすのが面倒なので、1位づつくりあげます。ということで10位は次点からのくりあげで「ヒトラー最期の12日間」に。

なんか、前半はネガティブなコメントたちになっちゃったな(笑) 感想の時点では、だいたいほめてるはずだから、まいっか!

****************

ではでは、お次はDVDその他鑑賞ベスト5!!(少ないので、こんなもんで(^^ゞ)

5位:マッドマックス

あらためて、やっぱり1作目!と実感しました。このなんとも言えない後味は、滅多に味わえませんよ。

4位:デンジャラス・ビューティー

思いがけず、楽しい作品でした。

3位:オータム・イン・ニューヨーク

NYの景色と悲恋がとてもマッチしていました。

2位:ブリジットジョーンズの日記

共感を呼ぶ普通っぽさがたまりません。ヒュー&コリンのケンカシーンは一見の価値あり(笑) ちなみに二作目は圏外!一作目は簡単には超えられませんねぇ

1位:ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

う~ん。確かに名作!!これも見た目で判断してはいけませんでした。あとDVDに入っていたメイキングやバートンの初期作品との相乗効果もおりまぜて輝ける1位に!!

***

さ~て、これがまめ下半期ランキングでした。一年を通したらどうなるでしょう。自分でもどうでるか書くまでわかりません(^^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA