エンパイア・レコード

Empire Records
監督:アラン・モイル
出演:アンソニー・ラパーリア、ロリー・コクレイン
1959年創業のエンパイア・レコード。
店員のルーカスが、閉店処理をしているとき、
たまたま大手チェーンに吸収されることを知り
ルーカスは、売り上げ金を持って一路カジノへ。
さてさて、エンパイアレコードの運命は
というお話を軸に、エンパイア・レコードの店員たちの
青春ストーリーを盛り込んだ、コメディっす。
なんだか、あまり話題にならない映画だったんで全然期待しないで観たんですが、
私は好きだな~♪
コメディと書くには、ちょっと地味かな、でもそのほどよいニコニコ感とほっこり感が、
すごく好み!!(^^)
ストーリーというよりも、キャラクターが面白かったんで、
気になる俳優さんを中心に説明付印象を。
***
ネタバレありです
***
まずは、目的の人物から。「FBI失踪者を追え!」のボス・ジャックことアンソニー・ラパーリアみたさにこの映画をチョイス。
痩せてる!長髪!茶髪!ビジュアルでかなり笑わせてもらいましたが
↑笑ったんかい(爆)
あぁ~ボス歩きしてる~と特徴ある歩き方もチェックできて大満足。
役柄は、エンパイア・レコードの店長ジョー。
元ミュージシャンらしく、ドラムをたたくシーンなんかもあります♪
店員たちの悩みに、親身にになってくれる信頼厚き店長、そして、
なんとかエンパイアレコードを救おうとがんばる姿は、頼れる店長!
いい役でした♪
で、エンパイア・レコードを救いたいがためカジノに行ったルーカス。
彼は、「CSI:マイアミ」のスピードルでおなじみ、ロリー・コクレインだった!
知らなかったんでびっくりした(笑)
いや~味のある役柄でした。飄々とした感じは、スピードルにも通じてますね。
結局カジノで全額すってしまったお金は、店長が店を逆買収しようとして
ためていた資金だったんで、こりゃ大変!(笑)
悪びれずに、レコード店に帰ってきた彼に、当然店長は怒って
ずっとカウチに座ってろの刑を受けます。
これがまたかわいさを現してた刑で、まじめな彼は、本当にほとんどずっと座っていて
どーしても席をはずさなくちゃならないときは、
カウチの背中のクッション部分を持って歩き回る(笑)
↑座ってるって言わないっての。
そんな店長ジョーとルーカスには、後半に過去のほっこり話が待っております。
二人の信頼度の高さをうかがうことができる良いシーンであると共に
ジャックとスピードル・・・「WAT」と「CSI:MIAMI」の合同捜査を
願いたくなるシーンでございました♪
このお話にラブストーリーを盛り込むのが、店員コリー役のリブ・タイラー。
へそ出し、ミニスカートがまたキュートなこと♪
ハーバードへの進学が決まった才媛だけど、
やっぱり等身大な悩みがある役柄を、これまたキュートに演じておりました(^^)
そして、コリーの親友である店員・ジーナ役にレネー・ゼルヴィガー。
苦手だ苦手だって言っていたけれど、映画にいる彼女はなかなか魅力的。
苦手なのは、レッドカーペット上の長いドレスをたなびかせて、
振り向く笑顔にだったんだな(爆)
それに、尻軽女。すっごく似合ってるんですけど(笑)
歌うシーンもあり、ほんとに歌ってるのかな?ちょっとハスキー入るシャウトは
嫌いじゃないわ♪
裸エプロン姿(正確には、ショーツはいてますが)で出てきたときは、
ちょうどその話題が出てたところだったので(エリック氏のトークショー)
思わず吹いちゃいましたよ(^^;
コリーとジーナの女の友情物語も、また盛り込まれております(^^)
店員、デボラにロビン・ターニー。
最近だと「プリズン・ブレイク」でおなじみと書くんだろうけれど、
まだ未見なので、「バーティカル・リミット」の、って感じかな。
手首に、ためらい傷を作って出勤、そのままトイレで髪をそり落とす。
なんとも衝撃的でエキセントリックな役柄ですが、坊主がなんともキュートで似合うこと!!
気が強い役としては、「バーティカル・リミット」と似てるのかも知れないけれど
こっちのほうが断然似合っていました(^^)
さて、音楽がたくさん流れるこの映画、
『レックスの日』に流れたのは「ラジオスターの悲劇」。
むふふ、と思ってたら、登場したレックス役は・・・
の前に!
『レックスの日』とは。
田舎のレコード店にやってきて、サイン会。
そのサイン会を開くのが昔のアイドル、レックス。
彼が来る日のことでした。
で、そのレックス役に、マックスウェル・コールフィールド。
「ドクタークイン」や「ニキータ」や「ビバリーヒルズ青春白書」なんかにゲスト出演してるんですが、
なんつっても鳴り物入りでデビューして大コケした「グリース2」は
忘れてはならない。
若き日のミシェル・ファイファーも彼と歌って踊ってます。
歌って踊るグリースでデビューした彼が、映画の中で、歌って踊ってる
しかも、プレスリー入りって感じのもみあげに、派手目の衣装。(ついでにドーランぬりすぎ!)
PVの方は、ぴらぴらシャツに腰振ってるし・・・
こりゃ笑うしかないっ!!
いや~いい人選だ(^^)
他にも、たくさんのノリノリの音楽たち、個性的なキャラクターたち、
そして、お客さんも巻き込んでのダンスなど、
ノリと勢いが楽しい映画でした。
こんなボスがいて、自由に好きな曲かけられるレコード店、勤めてみたいな(笑)
ライブ好きで通っていた、昔を思い出しつつ、
みんな少しづつ悩みをかかえていて、
最後には、ほっこり感を残してくれた、なかなかの佳作だと思うんだけどな~♪
音楽きいてると、思わず歌っちゃう人、踊っちゃう人向けかな(笑)
踊るといえば、踊りのシーン、なんかルーカスの踊りが変だったぞ(爆)
ジョーまで踊ってる~!となんだか、それだけで幸せになれる映画でした♪

5 thoughts on “エンパイア・レコード

  1. KEI

    まめさん、おはようございます!
    ユニークなキャラクターが集まってましたよね。
    そんな中でルーカスくんがやはり印象に残っています。
    かなりの曲者でしたから(笑)
    ボスは、ジャックからかけ離れたちょっとワイルドな風貌に驚きました。
    WATとCSI:マイアミの合同捜査、見たいですね~
    あれからかなり勉強したみたいだけど、ふてぶてしくもなった(スピードルのそこが好き)ルーカスと(体が)成長してより頼もしくなったけれど人間臭さは変わらないボスとのやりとりを見てみたいです。
    あとのキャストでは、リブ・タイラーのキュートさ全開って感じでしたよね。
    レネー・ゼルヴィガーは、確かにスクリーンの中でより魅力的な人かも。
    「シカゴ」でも歌を披露していたから、こちらでも本人っぽいですね。
    まめさんの本当に楽しそうなレビューを読んでいると、改めて見直したくなってきましたよ♪

  2. スージー

    懐かしい~!
    ものすんごい前に見たせいか、リブ・タイラー以外の主演者の記憶がありません。(ホントに見たのでしょうか…(笑))
    ええっ、ジャックさん出てたんですかっ?
    それにレネー・ゼルヴィガーまで??
    確認のため、もう一度見たくなりました。(笑)
    皆がお店をなんとかしたいという思いが伝わってきて、
    いい映画だったな、という記憶は残っています。
    いい作品を思い出させてくださって、ありがとうございました♪

  3. まめ

    ◆KEIさま
    ルーカスは、とってもおいしいキャラでした(笑)
    ボスにひろわれるまで、だめだめだったという過去を
    有無も言わさず納得させるキャラ・・・うまいです!!
    ほかの役柄もみてみたくなりました♪
    そうそう、ボスは身体は大きくなったし
    地味になったけど(笑)
    人間くさくて素敵でした
    銃持ち事件のときも、勇敢だったわ♪
    そうでした!「シカゴ」で歌ってるんですよね。
    ついついブリジットジョーンズと一緒にして
    下手なのかも・・と思いがちです(^^;
    実は、みたら消そう・・・くらいに思っていたんですが
    保存版変更しました。また機会があったらみなおしたいです♪
    ◆スージーさま
    すでにごらんになってたのですね!
    しかもまだ、レネーもボスも知らない頃に
    当時は、リブ・タイラーを前面に宣伝してた頃ですものね
    ぜひ二人を知った今、みなおしてみてください
    違った楽しさがあると思います♪
    かく言う私も、かなり出演者とそのキャラクターで楽しませていただきました(^^)

  4. NOB

    まめさん、こんばんは~♪
    いつ観られるのかな~って思ってました(笑)。けっこう前に観たのであんまり覚えてないんですけど、BOSSは良い役でしたよね~。それだけで良かったです(笑)。レニーとリブが出演してるのは知ってたので認識出来たんですけど、スピードルが出てたとは…。マイアミまだ見てなかったので、全然わかりませんでした~。WAT観る前だったのでBOSS歩きとか気付きませんでした~(笑)。もう一回、見ようかな(笑)。

  5. まめ

    ◆NOBさま
    こんばんは~
    ずーっとDVD待ち箱に入っていたんですが
    ドラマが一段落しそうになかったので
    思い切ってみてみました
    みてよかったです!!
    ボスは、ちょっと左右にユサユサと歩きますよね
    体型のせいだと思っていたのですが(失礼)
    やせてても同じ歩き方だったので、嬉しかったです(笑)
    スピードルと意識してみると、また違った楽しさがあるとおもいますよ~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA