ポセイドン

Pioseidon
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
出演:ジョッシュ・ルーカス、カート・ラッセル、エミー・ロッサム
オリジナルは、その昔途中で挫折しました。
その理由は・・・・好みのハンサムくんが出てなかったから(爆)
ミーハー理由で、すんません、すんません、すんません(^^;
まったくこれがはじめて、ということ感じで観てまいりました。
その点で、リメイクのこちらは楽しめるだろう~くらいのミーハーな気持ちでいってまいりました。
で、最初は、いつものパニックムービーね~気楽にみよう~、
なんて姿勢だったんですが、気づいたら、身体かたくなってガチガチでした!(笑)
それに気づかないってことは、かなり長い時間のめりこんでいたんですね。
ツメがくいこんでました(^^;
こういう映画でありがちな、おぃおぃそれはないだろう~な部分も、もちろんあるんですが(^^;
こういう映画では、そういうことは忘れて楽しめ!ということだと思います。
(ちょっとBODYが多いですので、そのあたりもご覚悟を)
そういうのがOKな方は、大画面の方がよろしいかと♪
以下役柄紹介で、ネタバレありなので、未見の方はご注意を。
***
てっきりカート・ラッセルが主役だと思っていたので、トップの名前が、ジョッシュ・ルーカスって人で驚いた。・・・・・誰?「ビューティフル・マインド」で、ポール・ベタニーを覚えていなかった私には、ちと難しい問題だと思ったら、「ステルス」の人か。なるほど。
派手なタイプではありませんが、なかなかのハンサムさんでした(^^)
で、質問。なぜ彼は、大広間から出て上に行こうと思ったの?ここにいては助からないと思った理由は、船の何かを知ってたのか?と思ったけど、そんな感じでもなかったし・・・。深読みしすぎましたか(笑)
さて、主役だと思いこんでいたカート・ラッセルは、元消防士役。おお~「バックドラフト」再び感。別の階にいる娘を助けに行くため、と彼が大広間から出た理由は明確。娘のためにがんばる父!は定番ですからね(^^)
リチャード・ドレイファスは、ゲイのおじいちゃん役。
最初に、男の人と別れたようなことを話してたので、伏線かと思ったら、そんなことはなく(笑)エレナさんという女性のことをいつも気にかけてる好々爺でした。
そう、好々爺!最初驚きました。すっかりおじいちゃんなんですもの!!
最後に映画館で観たのは。。。と調べたら19年前の「張り込み」。そりゃふけててもしゃーないわな(^^;←自分も確実にふけてるわけだ。
しかし、その意味ではカート・ラッセルはすごいかも。リチャード・ドレイファスと4歳しか違わないんだ。走り回ってても、まったく違和感なかった。もしかしたら、リチャード・ドレイファスの方は、役のために老けてみせてた?走り回って大丈夫か?とそう思わせる役にしたかったのかも、と推測。
カート・ラッセルの娘役にエミー・ロッサム。「デイ・アフター・トゥモロー」で経験済。こういったパニックものはお手の物か?ボイストレーニングの成果で、水の中での息とめがかなり長くできることを発見できたとか。ちょっと頼りなげな彼女(守ってあげたいタイプってやつ?)は、こういう役にぴったりかも知れませんね。
懐かし組としては、マット・ディロンの弟、ケヴィン・ディロンか。正直、あまりにわかりやすい役柄に、がっくりですが(^^;でも、しばらく姿をみせていなかったけれど、これだけの大作に出られたんだから、OKというところかも。おにーちゃんのマットだって、しばらくそんな感じだけど、良い作品に出会えたしね♪
他の方は、正直あまり印象に残っていない(^^;でもまぁ、全員のキャラクターを明確に書いてたら、それだけの時間を費やすことになるし、この映画は、ストレスを感じる前に、すぱーんとパニックへと突入したので、だからってそれは特に気になりませんでした。

8 thoughts on “ポセイドン

  1. ジェニファー

    こんばんわ。今日見てきました。
    私も固まりまくりで、もうハラハラどきどきで
    すっごく面白かったです。ホラーはだめなのですが あのbodyは不思議に気になりませんでした。
    イケメン多くて!
    TB頂いていきますね。
    よかったら遊びに来てくださいね。

  2. どん底から一発逆転するブログ!

    ポセイドン

    めちゃめちゃ面白かったです。
    大興奮、 涙、涙、
    手に汗握り、ほんとうに はらはらドキドキの連続でした。
    主役のディランを演じるのは ジョシュ・ルーカス
    ステルスのかっこいいパイロットです。
      
    DVD ステルス デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) <送料無料>
    セクシーで 超イケメン。
    大好きです。
    ステルスを見るまで ノーマークだった?…

  3. まめ

    ◆ジェニファーさま
    いらっしゃいませ~
    かたまりますよねぇ
    それも、気づかないうちにかたまってたんで
    自分で驚いちゃいました!
    TBありがとうございました♪

  4. たあぼう

    みたんですね。ポセイドン!
    自分は2回もみましたよ!
    カート・ラッセルファンには必見ですから。(笑)
    彼は一応この時9キロ痩せている状態なので少々若く見えますが、今現在は9キロ戻っている状態なのでオジサンになってますよ。(まあ、映画でもそうだったけど)
    ディラン(ジョシュ)は、ギャンブラーなので直感で「ここに居たらやばいかも?」と思っての行動らしいです。
    TBしてもいいですか?
    言い忘れましたが、リニューアルしました?

  5. takbout

    takboutこと、たあぼうでした。
    (こちらでは、どちらで名乗ってたか忘れちゃって。)すみません。<(_ _)>

  6. まめ

    ◆たあぼうさま
    おお~2回も!
    たあぼうさん、カートさんのファンでしたものね
    是非是非TBおねがいします
    いつでもガンガン送ってくださいませ(^^)
    たあぼうさんの感想楽しみです♪
    9キロ痩せてたんですね!
    驚くほど(年齢より)若くみえました。
    ハリウッド俳優って、体重の増減が自在で、
    すごいな~と思います。
    >ディラン(ジョシュ)は、ギャンブラーなので直感で「ここに居たらやばいかも?」と思っての行動らしいです。
    なるほど!
    そういう設定だったんですね(^^)
    ギャンブラーの設定は、ただの捨てネタじゃなかったんだ(^^;
    ありがとうございました。
    はい、デザイン変更してみました♪
    前のデザインは、一部のブログさまからTBが受けられなかったのですが
    今のところ、百発百中でデザイン変更の甲斐がありました!

  7. マニアの戯言

    「ポセイドン」

    Poseidon 2006年 アメリカ作品 6月3日よりロードショー
    監督 ウォルフガング・ペーターゼン出演 ジョシュ・ルーカス カート・ラッセル リチャード・ドレイファス エミー・ロッサム
    勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)豪華客船ポセイドン号。カウントダウンパーティーが盛り上がっているその時、けたたましく緊急を知らせるサイレンが鳴る。ポセイドン号の目の前に大きな水の壁が出来てい?…

  8. soramove

    「ポセイドン」大味だけど楽しめる

    「ポセイドン」★★★
    ジョシュ・ルーカス、カート・ラッセル、エミー・ロッサム主演
    ウォルフガング・ペーターゼン 監督、アメリカ、2006年
    あんな大津波が来るのが何故分からなかったんだろう、
    まあ、昔はそうだったんだろうな。
    そんなふうに設定を飲み込ん……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA