M:I:3

Mission Impossible 3
(3はローマ数字ですが、わけあって普通の数字で失礼)
監督:J・J・エイブラムス 
出演:トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン
今私が楽しく観ている「LOST」や「エイリアス」を成功させた方の初監督作。「アルマゲドン」の脚本なども書いてるので、まぁ方向性はわかる。と思ったら、ポール・ウォーカーの「ロード・キラー」でも製作・脚本担当してたんだ。それは知らなんだ。
さーて、実は、少々勘違いをして行ってしまった。一応、M:Iは一作目も二作目も映画館で観ているのですが、なぜか「マイノリティー・リポート」の続編と思い込んでみはじめていました(爆)あれ?なんか違うぞ・・・。←当たり前です。
イーサン・ハントが未来世界で、目ん玉スキャンされて、追いかけられる図を頭から振り払えたのは、”このメッセージは●秒後に消滅する”をみてからだった(爆)あぁ~M:Iだった!
勘違いの前置き長いっすね。
えーと、つっこみがいのある、M:Iらしい映画でした!シリーズ新作ごとに監督がかわっても、ここはきちんと踏襲するんですね(笑)ちょっと物足りなさを感じた部分もありましたが、イーサン・ハントはばっちりイーサン・ハントでした。
そして、バチカン、ベルリン、上海と、まるで某サスペンス劇場のタイアップのような(笑)、派手なロケ地移動(笑)どこまでロケで、どこからがそうでないのか、私には見極める力はありませんが、もう一度行きたい場所、バチカンが登場したときは、かなり嬉しかったです♪
上映前なので、ここまで!
びっくりは、仲間の一人にジョナサン・リース・マイヤーズが加わっていたこと。「ベルベット・ゴールドマイン」や「楽園をください」などの中性的なイメージはそのままに、いい男に育っています♪思いがけず、眼福♪眼福♪もうちょっと見せ場シーンがあると良かったな~。
そして、更にビリー・クラダップまで。「スリーパーズ」の頃のような線の細さは消え(この頃は、次世代ジョニー・デップなんて呼ばれてましたが・・・懐かしい(^^;)、「ビッグ・フィッシュ」でみせたような、あたたかな微笑みを持つ、いいオヤジに育っています♪←ほめてんのか?
お♪と思ったのは、先日みた「クラッシュ」で、ペルシャ人の雑貨経営をする父を持つ娘役のバハー・スーメクが通訳役で登場。でも、あまり見せ場がなく、残念~。印象的な瞳を持つこの方、今後に期待します(^^)
私はなじみがないのですが、J.J.エイブラムス製作の「フェリシティの青春」のフェリシティ、ケリー・ラッセルがイーサンの愛弟子役で登場。海外ドラマファンにはなじみやすい映画かも♪
夏の大作に浸りたい方、ツッコミがいがある映画がお好きな方(ツッコミがいがあるところを無視できる方か?)向き(笑)
高橋尚子顔負けで突っ走るイーサンをお楽しみあれ~

3 thoughts on “M:I:3

  1. honu☆のつぶやき ?映画に恋して?

    『ミッション・インポッシブル3 / M:i:III (Mission:Impossible III/M:I:3)』☆今年55本目☆

    『ミッション・インポッシブル』待望の新作をやっと観てきました!
    “タッ、タッ、タタ、タッ、タッ、タタ、チャララ?ン、チャララ??♪”このテーマ曲を聞いただけで、アドレナリンが一気に上がるっ(^^♪
    さすがは『スパイ大作戦』がベースのハリウッド超大作。
    ど……

  2. オン・ザ・ブリッジ

    『M:i:3』この映画を見て!

     今回紹介する映画はアメリカで大人気だったテレビドラマ『スパイ大作戦』をトムクルーズ主演でリメイクした『ミッション・イン・ポッシブル』シリーズの3作目『M:i:3』です。テレビ版『スパイ大作戦』はチームプレイを重視したストーリーで毎回楽しませくれましたが、映画版『ミッション・イン・ポッシブル』シリーズはトム・クルーズ…

  3. オン・ザ・ブリッジ

    『M:i:3』この映画を見て!

    『M:i:3』  今回紹介する映画はアメリカで大人気だったテレビドラマ『スパイ大作戦』をトムクルーズ主演でリメイクした『ミッション・イン・ポッシブル』シリーズの3作目『M:i:3』です。テレビ版『スパイ大作戦』はチームプレイを重視したストーリーで毎回楽しませくれましたが、映画版『ミッション・イン・ポッシブル』シリーズ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA