ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]

監督:ティム・ストーリー
出演:ヨアン・グリフィズ、ジェシカ・アルバ

実験中になんだかを浴びて、突然変異してしまった4人。
特殊な能力を持った4人が大活躍!
・・・というお話。
なんだかってなんだよって感じですが(爆)
最初にもっともらしいお話があるんですが、そのあたり全然スルーしちゃってかまわない、脳みそ回転果てしなくゼロに近い状態でみられる作品。←その結果が”なんだか”(笑)
4人の紹介編って感じで、海外ドラマのパイロット版みたいな印象が強かった。
こりゃ、最初から続編は考えていたんだろうな。
科学者でゴム男になっちゃったのがヨアン・グフィリズ。「ベリー・アニー・メアリー」「キング・アーサー」と狙ったわけではないけれど、最近なぜか彼の映画続きですわ(笑)この映画では、ちょっとダサめの科学者役ということで、年齢よりも老けてみえたような・・・。でも、全身タイツになると、あら、科学者らしからぬいい身体もお持ちのようで♪その変貌ぶりが、「スーパーマン」的楽しさを生むのだと思うけれど、残念ながら、この作品では、その持ち味を活かしきれたかどうかは疑問。二作目があったら、純粋にそのあたりを楽しめそうです(^^)
そのヨアンさん演じるリードさんの元カノ役にジェシカ・アルバ。久々の再会で、一緒に実験やったと思ったら、一緒に突然変異を起こしてしまい、透明人間に。お顔がかわいいジェシカがみえなくなっちゃうのはもったいないけど、お約束の、透明人間になったらハダカにならなくてはならない、という部分が、女性ということで、男性ファンを楽しませてるわけだ(笑)(でも、みえないんじゃね(爆))
ちょっと私の嫌いな要素がありました。というのは、まわりを巻き込みまくって、何が正義だよ、と思えるシーンがあったことかな。小さい頃も、ウルトラマンが怪獣と闘うとき、町の中で戦うじゃないっすか?ガンガン家壊しまくりで(^^;それが怖くてねぇ・・・。
そんなちっこいこと気にしてたら楽しめないじゃん、ってことですが、正義のためなら、小さな犠牲は仕方がない?ってのが、どうしても気になっちゃうの。ごめんなさい(^^;
ま、笑い飛ばして観よう!という基本姿勢を持って観れば、そこそこ楽しめるのでは♪
私も次回作があったら、キャラクターを楽しみたいと思います(^^)

2 thoughts on “ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]

  1. ナギ

    この映画は、なんっも考えないで観ることをオススメします。
    ナニが素敵なのか実際考えたらわかりませんしね。
    ラスト、なんであれだけ持て囃されてるのかもわからないし、そもそも正義ってナニヨ?
    ってところがありますから。
    キャラ萌え。それだけです(笑)
    続編は来年の独立記念日に米国公開だから、日本じゃ夏休みか明けくらいにやってくるかな~と思ってます。

  2. まめ

    ◆ナギちゃん
    うん(笑)
    まじめにみてたら、ツッコミどころがいろいろでてきちゃったんで(爆)
    つっこんだと言えば、冷やしたゴムの手をぐりぐりやったのはすぐなおっちゃったの?
    ↑結局こういうとこかいって?(爆)
    次回は、何も考えないで、キャラクターだけで観たいと思います~♪
    って、そうか~まだ来年の話なのね
    成長したゴム男さん、楽しみです(^m^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA