リベリオン


Equilibrium
監督:カート・ウィマー
出演:クリスチャン・ベール
な・・・なんかヤバイ映画を観てしまった・・・という鑑賞後感でした(笑)
舞台は、第三次世界大戦後。戦争=憎悪、人間の感情ということに目をつけ、感情を抑制する薬を開発。その薬の投与を義務づけられた。感情を呼び起こすようなもの、音楽、芸術関連は発見次第即焼却処分。これを所持、または、薬の義務を怠ると、処刑である。
ね、こんな設定だけでヤバイと思うでしょ?
この後は、ネタバレになるので、書きませんが、展開もヤバイっす。
とにかく、まず設定が凄いですね。戦争を起こさないために感情を抑制、・・・世界をとりしきるFATHER。でもそれって、まるまるヒットラーだよねぇ。
そして、予告をみたときは、出来の悪いカンフー映画?と失礼な感想を抱いてしまったのですが(笑)戦闘シーンは、まるでダンスですね。いや、剣道に、チャンバラに、アジア系の美しい殺陣をお手本にしたのでしょう。様式美にこだわりまくってるので、なんで、主役に傷がつかないん?とツッコムどころではない(笑)(そんなん、わかりきっていること)
主役のプレストンを演じるのは、クリスチャン・ベール。とりがら状態まで痩せた彼です。この映画では、みごとウェイトを増やし、美しい筋肉美を作り上げてます(^^)そして、違反者を追う優秀な”感情を持たない側”クラリックをみごとに体現しておりました。感情がない分、お顔の造形が際立って、いやぁ、彼って美形だったのですねぇ~。そして、彼がかわっていくサマがまた素敵でした
テレビ放映でみたのですが、何よりも嬉しかったのは、プレストンの声が小山力也さんだったことだったりして。
WATのダニーだダニーだぁ♪喜んでしまいました(笑)
さてさて、クラリックとして一緒に登場したのが、あらん!ショーン・ビーンじゃございませんか。まったく知らなかったので、嬉しいわ(^^)感情のないクラリックのはずなのに、陰を持った表情が素敵・・・と思ったら・・・。登場シーンは少なかったけれど、かなり深い印象を残す役柄、表情でございました。
そして、さらに、反乱側として登場したのが、おやおや、ウィリアム・フィクナーじゃございませんか。あちらこちらでお目にかかる俳優さんですが、古くは「アルマゲドン」最近は「クラッシュ」、そしてちょっとマイナーなところでは「go」なんかでもおみかけしましたが、相変わらず、怪しさ満載!(笑)
ちょっとばかし、エンディングが安易で、B級感を感じましたが、設定は買い!感情があれば争いもあるけれど、赦しもある。どんな未来が待っているのか、思いをはせつつ、美形アクションに酔いましょう(なんだそれ)

11 thoughts on “リベリオン

  1. くりりん

    そうそう、フィクナーさんは「クラッシュ」にも出ていました。ひょんな映画でお目にかかることが多々ある、なかなか個性的な気になる人です。 
     私はこれ、ショーン・ビーン目当てで観たのですが、意外と早く消えてしまって・・・・。
    でもあの不気味な顔の子供が、しっかり父親を守るところがよかったですね。

  2. 魔女っ子くろちゃんの映画鑑賞記録

    リベリオン ★★★

    監督 カート・ウィマー
    出演 クリスチャン・ベール、ショーン・ビーン、エミリー・ワトソン
     第四次世界大戦を未然に防ぐという名目で人間の感情を薬によって抑制し、感情の発露になる芸術や書物などの文化的なもの一切合切を抹殺する未来社会。それでも反対分子が隠れて抵抗、見つける側がやがて変心していくシナリオは「華氏451」を髣髴させる。
     そもそも感情の抑圧が徹底されておらず、警察側の人間も怒ったり、にやついたり、出世欲…

  3. くみ

    こんばんは。
    こういうコミックチックなものって苦手なので
    観る気しなかったのですが、フィクナー目当てに
    DVD買ったんです。
    (そしたらクリスチャンがかっこよかった。)
    この映画についてはよく考えさせられます。
    感情ってとても大切で必要なものだと分かっている反面、
    もしこんな薬があったら、日々の嫌なことから
    開放されるのかな、な~んて。
    なんたって最近は鶏まで登場してますから。
    それにしても、みんな鍛えられているはずなのに
    あまりにも弱すぎですよねぇ。
    撃たれるの待ってるみたいなんだもん。
    「ウルトラヴァイオレット」も監督が同じだからか
    これに似た映画だそうで、フィクナーも出てるそうです。

  4. まめ

    ◆くりりんさま
    フィクナーさんは、意外なところで
    おっと!と出てきますよね(^^)
    ショーン・ビーンはまったく知らなかったので
    嬉しいオマケでした
    しかも、すごく素敵な役柄で♪
    哀愁漂うショーンさん、ボロミアを思い出してしまいました。
    あと、そうそう!息子さんよかったです♪
    父さえだましていたんだね。隠し切れなかったおとーちゃんよりおとなだ(笑)
    TBありがとうございました♪
    そして、バトンありがとございました♪
    アップはちょっと遅くなるかと思いますが
    書き上げたら、お知らせにまいりますね~
    ◆くみさま
    私、予告だけみてて、カンフー系の映画?
    と思ってノーチェックだったのですよ
    あの紹介は、どうかと思います(笑)
    でもある掲示板で「クラッシュ」がお好きならば
    きっとこの映画もお好きなはず、とお勧めいただきました。
    そして、疑いつつもみたら、クリスチャンがオトコマエでした(爆)
    そして、いろいろ考えさせられました。
    感情がなくなったら、私の好きなこと全部否定されちゃうのね
    やっぱりそれはイヤだわ~(笑)
    でも、コケコッコーからは逃れたいですよね(- -;
    ほんと、みんな弱かったですね
    最後など、あっけなさすぎて、あんぐりしてしまいました。
    「ウルトラヴァイオレット」も同じ監督さんなんですか
    知りませんでした~

  5. I am invincible !

    リベリオン

    21世紀初頭、第三次世界大戦後。生き残った人類達は、組織的に人間の暴力的な部分を抑制する事にした。 残虐性を根絶するために、プロジウムという薬を定期的に注射して感情を抑制すると共に、感情の発露を促す芸術の抹消を行う。 違反者を取り締まるのは“クラリック”と…..

  6. 哀生龍

    >あらん!ショーン・ビーンじゃございませんか。まったく知らなかったので、嬉しいわ(^^)
    哀生龍はショーン目当てに見たので、最初に見た時はあまりの短さにショック(苦笑)
    でもよく見てみたら、好きな俳優さんがいっぱいなんですよねぇ~♪
    画像ブログにも載せたし、ショート・ショートも書いたし(と、何気に宣伝)
    >「ウルトラヴァイオレット」も同じ監督さんなんですか
    ストーリーは違うけれど、雰囲気は一緒(笑)
    もうガン=カタ“Ⅱ”って感じです!!
    ストーリーは二の次で、キャラを楽しむ映画でした。(フィクナーさんのキャラが一番素敵!)

  7. まめ

    ◆哀生龍さま
    目当てだったら、あのスクリーンタイムの少なさには、がっくりですよね(^^;
    でも、キャラクター的には大好きです!
    そういえば、私はTV放映でみてしまったんですが
    かなりがっつりカットされていたそうです(- -;)
    あらためてみなおしたいと思いました。
    TBとご紹介ありがとうございました♪

  8. pointdpo

    まめ様こんばんは!
    TBさせてくださいね!
    おおあの人フィクナーさんといいますか。どこかで見た、この特徴あるお顔・・と首を捻っておりました。いい雰囲気の俳優さんです。
    この映画、私はガンカタが気に入ってしまいました。ベイルさんかっこいいですね!!子犬ちゃんばれそうになって仲間皆殺ししてしまうシーンが特にかっこよくて・・・その後子犬はどうなった?今でも車のトランクの中?
    DVDにはガンカタばっかり集めたおまけが付いてました。
    それではまたお邪魔致します!

  9. まめ

    ◆pointdpoさま
    こんばんは~
    コメントありがとうございました!
    とっても嬉しいです(^○^)
    フィクナーさんは他にも「ブラックホーク・ダウン」に出ていたり「パーフェクト・ストーム」にでていたり
    名前がすぐ思いつくタイプではないのですが、
    どこかでみた!という方多そうですね。
    なんとも味があります♪
    あれ、子犬ちゃんは連れ帰ったのではなかったのでしたっけ
    何か記憶が・・(^^;
    TV版はカットが多かったそうなので
    また絶対DVDで見直してみたいと思います!
    ガンカタだらけの特典、すっごく派手そうですね~(笑)
    TBですが、どうも受信できなかったようなんです(TT)
    もしもよろしければ、もう一度お願いできますでしょうか
    すみません<(_ _)>

  10. Ossan's Blog

    リベリオン -反逆者-

    監督 : カート・ウィマー 出演 : クリスチャン・ベール , エミリー・ワトソン , テイ・ディッグス , アンガス・マクファーデン 原題 : EQUILIBRIUM 製作 : ヤン・デ・ボン…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA