スーパーマンリターンズ

Superman Returns

監督:ブライアン・シンガー
出演:ブランドン・ラウス、ケイト・ボズワース、ケヴィン・スペイシー
ある日、マーサ・ケントの家の近くに謎の隕石が落ちる。何かを感じ、マーサ・ケントは現場へと向かう。5年前、地球から去った息子・クラークがそこにいた。
クラークが、デイリープラネットに戻ると、ロイスもバリバリ健在。だが、彼女は夫と息子と新しい人生を歩みはじめて・・・
とにかく、オープニングにはじまり、もろもろオリジナルを踏襲しているのが何よりうれしい。
いまさら「鳥だ!飛行機だ!」と喜ぶ一般人はいないが、こんな台詞まで、ちゃんとあるところで出てくるし(笑)
そして、踏襲したことが、現在の技術で、新しく生まれ変わってるのも嬉しいところ(^^)飛ぶシーンのスムーズさや、マントの翻り方など、重厚感ありましたね~
おまけに旧作の故人まで登場してしまうんだから恐れ入る。
当然クリプトナイトだって、きちんと(?)利用します。
これをワンパターンと呼ぶか?いやいや、監督の愛情だと感じました。
クラーク・ケントを演じたのは、新人のブランドン・ラウス。
新人と言っても映画のことで「コールドケース」なんかにもゲスト出演しているらしい。ま、きっとこれがはじめての大役なんだわね。クリストファー・リーブに似ている、とよく書かれていたけれど、私はそんなには、感じなかった。リーブの方が、繊細な感じ。こちらはアメリカンボーイって感じ。でも、クラークらしさがとてもよく出た好青年でした。キラキラ青い目は、スーパーマンにぴったり!蝋人形みたいな肌質感は狙ったもの?確かに、撃たれてもへっちゃらな人間離れした感じではありました(笑)
ロイス・レインを演じたのは、オーリーの恋人で有名な(ってか、それくらいしか知らん(^^;)ケイト・ボズワース。私は、オリジナルのマーゴット・キダーよりも、TV版「新スーパーマン」のロイスがお気に入り。(「デスパレートな妻たち」などのテリ・ハッチャー)強がってるけど、ちょっとドジなところもあって、ゴージャスで、すごく魅力的だったので、私にはケイト版のロイスは、いろんな意味で、ちょっと線が細すぎるな~と感じてしまった。
そして、レックス・ルーサーを演じたのはケヴィン・スペイシー。オリジナルでは、ジーン・ハックマン、TV版「新スーパーマン」ではジョン・シーア。(「ミュータントX」のアダムね)それぞれに、思いいれのあるレックス・ルーサー像でしたが、今回のケヴィンのレックスは、なんだかかわいい(笑)お茶目さんで笑ってしまった。悪いことしても、どこか憎めないんだよなぁ・・・おバカで(^^;
新キャラに、ロイスの夫、リチャードにジェームズ・マーズデン。・・・って、サイクロプス(「X-MEN」)じゃん!「君に読む物語」でも、似たようなビミョーな位置にいる、男の役だったな・・・と思ったけれど、ロイスと息子・ジェイソンを心から愛し、なんとも理解ある素敵な旦那様でした。(ちょいとした見せ場もあり♪)
ロイスの息子ジェイソンが、なんかかわいい~♪ちょっと髪が鬱陶しい感じではありましたが(^^;身体が弱い彼を、応援したくなっちゃう、ぷりてぃーさ(^^)
さてさて、びっくり嬉しかったのは、しょっぱなから、TV版「ニキータ」のニキータ役でおなじみのペータ・ウィルソンが登場したこと(^^)しかも顔ではなく、声でわかってしまった。あの野太いハスキー声、迫力ありますから(^^;ま、それもこれも、マイケルのウィスパーボイスをオリジナル音声で聞きたくて(もちろん鈴置氏の吹替えもすばらしかった!)何度も聞いた成果でしょうか。残念ながら、ペータは、最初だけのチョイ役オマケ登場でした。
ストーリーも展開も目新しいものはありません。ラブストーリーが中心かなぁ、アクション系としてのすかっと感もそんなにないし・・・どちらかというと、オリジナルを知ってる人が懐かしむ映画のような気がしました。新しくみる方は、突っ込みを楽しみましょう(笑)

3 thoughts on “スーパーマンリターンズ

  1. atsumi

    こんにちは?。
    ブランドン・ラウス君の出た「コールドケース」
    S1の7話、ああこれか!と今見直しています。私の
    大好きなエピソードでした…何回見ても泣け
    ちゃう。
    私も今回のロイス役はちょっと影薄いと
    思いました。『ゴージャス』感は限りなくゼロに
    近いですよね、
    昔からスーパーマン・ファンの友人は「今回の
    スーパーマンはいい!飛ぶ姿勢がいい!」と
    言ってました。なるほど。

  2. まめ

    ◆atsumiさま
    こんばんは~
    ブランドンくんが出た「コールドケース」泣けるお話なんですね!
    あぁ・・・BSに早く来ないかと思ってるんですが、
    まだまだですかね(^^;
    新しいスーパーマンは、本当に飛ぶ姿勢がぴしっとしてました♪
    何もかも、好感度ある、アメリカンボーイスーパーマン
    (いや、クリプトン星の人だけど(^^;)の登場嬉しかったです。
    続編もできるのかな♪

  3. soramove

    「スーパーマン・リターンズ」冒頭シーンは画面に釘付け

    「スーパーマン・リターンズ」★★★☆
    ブランドン・ラウス 、 ケイト・ボスワース 、 ケビン・スペイシー 主演
    ブライアン・シンガー 監督、2006年アメリカ
    バットマンにスーパーマンも帰って来て、
    ざっと作品のラインナップを見ると
    「××× Ⅱ」や「なん……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA