LOST1-23話「迫りくる脅威」


なんだかいつもとテイストが違う。
しっとりと進むLOST
ちょっとしんみり。
思わず、最終話だっけ?とTV欄を調べてしまった(爆)
過去のフラッシュ、マイケル&ウォルト親子からはじまったので、
てっきりこの二人かと思ったら違った。
主要メンバーの搭乗直前の姿が。
まず、ホテルで言いあいウォルトとマイケル親子。
(ダメだこりゃ。)
ジャック、アナ・ルシアとの出会い。
(今後の伏線だね。どうしてジャックはこう・・・以下自粛)
ソーヤー、暴れまくって国外退去命令(笑)
(ほんとはジェームズ・フォードって名前なんだ。)
ケイト、保安官のワナにハマり御用。
(あの飛行機は、ケイトをつかまえるためのワナだったってことよね?
あっさり飛行機移動の謎がとけてしまいました)
シャノン、サイードの荷物を見ててくれと頼まれるが、
ブーンの行動に怒って、警備員に通報。
(こらこら。ブーンー(TT)とちょっと泣けた。)
サン&ジン、SAYURIの世界だとバカにされる。
あれ、主要メンバーって言ってもこれだけだったんだ。
次回は、残りのメンバーの搭乗前とかやってくれないのかな
そして現在。とうとうダニエルがみんなの前に姿を現す。
「他の者がくる」と警告しに。
クレアが出産したのを知ってたの?
それにしても「逃げる、隠れる、死ぬ」の三択とは、いやはや・・・(- -;)
更には、ダニエルの島で生まれた娘アレックスが連れ去られたときと同じ、黒い煙があがった。
ということで、ことを進める生存者たち。
まず進めたのはイカダ組の出航。
ジャックがリーダーシップ発揮しておりましたね~
私はまだそのリーダーっぷりに懐疑的なんだけどね。
なぜに、開かずのハッチが隠れ場所に選ばれるかね(笑)
今回は、ことを進めながらも、そのことじゃなく、彼らの墜落時とは違ってきた関係に焦点を置いていた感じ。
イカダ組なので、ジャックとはもう会えないと思ったソーヤー、
とうとうジャックの父が話していたことをジャックに話します。
「息子を誇りに思う、そして愛している」
やっときけてよかったねぇ(TT)なみだ目ジャックにしんみり。
そして、そのソーヤーの心境の変化と、気持ちにしんみり。
やっぱし、このコンビが好きだーーーーー
そのソーヤー、まるで夫婦のようなマイケル&ジンの中に入れずにいたけれど、
自力で関係を修正。
これもまたソーヤーの変化。
上半身裸で、きこりくんのソーヤーが頼もしかったさ♪
更にソーヤー、出航にケイトの姿をさがしていたようす?
その前の出発時にもケイトはソーヤーの姿をさがしていたようす?
この二人、結局今日はすれ違ってしまったけれど・・・心はつながっている、そんなカップルになれる気がする。
(勝手にカップルにするのは、まだ気が早いですか?(笑))
ブーンのことで、落ち込んでいることを察して
ウォルトは、ビンセントの飼い主をシャノンに指名。
これまでのシャノンの様子みていたら、わんちゃん大切にしてくれるかどうか(笑)
でも、ウォルトのことだから、きっと直感で何かわかったんだろうね。
きっとシャノンは大切にしてくれる人だって。
そしてビンセントに話聞いてもらいな、って。。。やさしい子ですね(^^)
さて、一番じじじじじーーーーーんときたのは、
サン&ジン。
ずっとすれ違ってしまっていたけれど、
サンがイカダにのっていくジンに、英語発音表を。
そしてとうとうお互い今までいえなかったことを言いあうのです。
「オレが君を苦しめたから。君は何も悪くない。君のために行くんだ。」
ジンのやさしさが身にしみる~
でも、罰を与えるよりも、サンの近くにいて守ることが愛では?
なんて思ったりも・・・
いろんな愛の形があるってことですね。その選択はジンらしい、かな。
それにしても、ジンは愛するサンに名指しで言うほど、ジャックを信頼してたんだ。
かいかぶりでは?(おぃ。)
何にしても、二人のはぐ&きすは、とっても素敵でした。
そして出航が近づいている。
みんな思い思いの方法で、お互い別れを告げる。
晴れやかでありながら、しんみりと切ない出航シーン。
でも、何が起こるかわからない船旅を思うと、出航を素直に喜べませんね。
ブキミにあがる黒煙・・・
ろすとーーーーー

2 thoughts on “LOST1-23話「迫りくる脅威」

  1. KEI

    まめさん、こんばんは。
    遂に、筏が出航しましたねっ
    感動の場面でした。
    確かに、最終話にふさわしいエピソードですよね。
    でも、エバーウッドがそうだったように、平和な雰囲気で終わらせてくれないのがアメリカドラマらしいので、本当の最終話はどうなることか…(知ってるくせに)
    >どうしてジャックはこう・・・以下自粛
    ん?何、なに!?(笑)
    ジャックとソーヤー、サンとジン、ウォルトとシャノン、それぞれの別れの場面にも、泣けてしまいました。
    ジャックって、泣き虫ですよね。
    ジンは、最初は嫌な奴だったけれど、このエピソードでは、とても凛々しく素敵になっていました。
    話相手になってくれるよって…母親を失ったばかりのまだ幼いウォルトのシャノンへの気遣いも良かったです。
    いいエピソードでした。

  2. まめ

    ◆KEIさま
    こんばんは~
    てっきりイカダは、1stラストエピに出航するものだと
    思っていました
    晴れ晴れとした出航に、勘違い(笑)
    >>どうしてジャックはこう・・・以下自粛
    >ん?何、なに!?(笑)
    いやいや、たいしたことじゃないんです
    前回の過去フラッシュでも
    結婚式で肩透かしをくらわせてもらっちゃったんで
    また、女性ネタなの!と、ちょっと脚本の方向性を
    うらんでしまったというか(^^;
    泣き虫ジャックは、ソーヤーとのカップル(笑)
    が一番いいんだけどな~
    ジンは、私も、最初と一番イメージがかわったキャラクターです
    みんなの別れ、じーんときました!
    やはりアメリカ
    いいエピソード・・・で終わることはないんですね(^^;
    本当の最終回、どうなるんでしょう・・・(どきどき)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA