スクール・オブ・ロック

School of Rock

監督:リチャード・リンクレイター
出演:ジャック・ブラック、ジョーン・キューザック
たのし~♪
何も考えずに、れっつろーっく!!
もうそれしかいえません(笑)
おうちで、お酒片手にふんふかふ~んと観るのにぴったり。(酔っても大丈夫(笑))
ちょっとイメージ的には「天使にラブソングを」を思い出しました。
私は、ジャック・ブラックの濃い味わいが苦手だったんですけど、
意外と中和されてる感じで、逆に愛らしさも感じてしまいました(笑)
でも、やっぱり一番愛らしい(ちょっと違うか(笑))のは、子供軍団でしょうね。
ありえないだろーーーー
という部分も、純粋な子供だからこそ許せるってところもあるしね。
そして、ジャック・ブラックが頼み込んだという「移民の歌」も
お話の中でピリッときいていたと思います♪
Smoke On The Waterのリフもね!!
頭疲れてるけど、ちょっと映画でも、というときにいかがでしょう(笑)

2 thoughts on “スクール・オブ・ロック

  1. atsumi

    まめさん、お久しぶりです。
    この映画大好きですよ????!!!!ジャック・ブラック最高。
    ギター担当を探してるシーンで、音楽室を覗く彼の
    眉毛が左から右へうぃーんと動くトコロ、妙に
    感心しました、顔のパーツを自由に動かせるんだなぁ。
    ジョーン・キューザック校長も飛ばしててよかった。
    弟ジョンも姉ジョーンもコメディのセンスがばっちりだわ。
    笑って泣いて血沸き肉踊る映画です。

  2. まめ

    ◆atsumiさま
    おひさしぶりです~♪
    ご訪問&コメントありがとうございますっ
    この映画、実はノーマークだったんですよ(^^;
    こんな楽しい映画なんて、もっと早く観ておくんでした!
    そうそう!眉毛ウェイブ、すっごく器用ですよね~(笑)
    オオウケ(笑)
    ジョーン・キューザックのスティービー・ニックスにまたオオウケ(笑)
    まさに血わいて肉踊ってました(爆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA