マーズ・アタック

Mars Attacks!

監督:ティム・バートン
出演:ジャック・ニコルソン、グレン・クローズ、アネット・ベニング、ピアース・ブロスナン、ダニー・デヴィート、マーティン・ショート、マイケル・J・フォックス、ナタリー・ポートマン、ロッド・スタイガー、ルーカス・ハース、ジャック・ブラック、パム・グリア、リサ・マリー、
いや~バートンさんらしい、ノスタルジー&ブラックさ満載の映画です。
ビビッドカラー鮮やかな映画ですので、展開を、というよりは、視覚で楽しみたい。
小さい頃、SFの本なんか読んで、ドキドキした気持ち、そのまんま映画になっているような、
そんな懐かしさも嬉しい。
すっごいグロい火星人も、だんだんかわいくみえてくるのが不思議(笑)
また、豪華な出演者が、消えるは、すごい姿になるは、贅沢な映画(^^;
おぃおぃ・・・・・
みるたびに、この言葉が出てくるに違いない(笑)
個人的には、マイケル・J・フォックスがショック。ピアース・ブロスナンが、ビミョー(^^;でした。
主題歌「よくあることさ」というタイトルだそうですが、きっと一度は聞いたことがあるはず。
でも、どういう人が歌ってるかなんて知らなかった。
トム・ジョーンズ本人が歌って出てくるところが、またまたミソ。
そして、後ろで踊る火星人が、またまたツボ(笑)
最初からA級映画にする気なんて毛頭ないに違いない映画、
観る側もB級C級気分で楽しめる方向き・・・かな(笑)

15 thoughts on “マーズ・アタック

  1. 柚香

    こんばんは!
    かなり昔にこの映画、みたことあります。
    ピアース・ブロスナンが007で見たあとすぐこの映画を観たので、かなりの違和感あったの覚えてます・・・。
    (ちょっと笑えたけど・・・)
    何も考えずに楽しくみれて楽しかったです♪

  2. atsumi

    トム・クルーズの「宇宙戦争」もこの「マーズアタック」も
    基本的には同じものを元にしてますよね。ぜーったい
    私は「マーズアタック」の方が好きっ!
    「宇宙戦争」を見終えた時は「なんで備えておかなかった
    んだ、宇宙人!」と突っ込みまくりだったのですが、
    「マーズアタック」の『あの音楽』にはにやにやーなんですわ。
    ダニー・エルフマンの音楽も、オープニングの映像も
    すばらしい。ピアース・ブロスナン、好きなのであの
    情けない首姿でもかっこいい(よくないってば)。

  3. まめ◆柚香様

    ◆柚香さま
    こんばんは~
    そうそう、ピアースさんは、
    007をやった直後の映画だったんですよね
    また、すごいギャップのある役柄を選んだな、と(笑)
    いや、笑いましたよ!
    てっきり、あそこで倒されちゃうのかと思ったら
    あらら・・・
    倒す人と連れていく人、どう選んでたのかな?(笑)
    ほんと、頭からーっぽで楽しめますよね♪

  4. まめ◆atsumi様

    ◆atsumiさま
    「宇宙戦争」のパロディでもあるんだそうですね~
    くりりんさまのブログでそう書かれていて、
    観たときは気付かなくて、あぁ、なるほど!と思いました
    あの肩すかしなラストの感じ、どこかで経験したと思っていたんですよ(笑)
    でも、とことんシリアス→肩透かしな「宇宙戦争」のラストに比べて
    最初から、姿勢がかわらない「マーズアタック」のほうが
    肩透かし度が、ラストにぴったりですよ(笑)
    『あの音楽』は、ニヤニヤしちゃいますよねぇ~
    ピアースさん、かっこ・・・よかったどうかは、別として
    結構おいしい役・・・(かなぁ?(爆))

  5. くりりん

    TB&コメントありがとうございました。実はまた見なおしてしまったので、加筆した後にTBさせていただきます。
    トム・ジョーンズは往年の大スターですよね!(母の代くらいかな?実家にLPがあるから)
    若きブラック・ジャックもいるし、すごく贅沢な映画です。

  6. pancake

    こんにちは。
    私のだい好きな映画が紹介されていて嬉しいです!
    (少しネタバレになってしまいますが)
    何をしても埒が明かないのに、歌が・・・なんてところが、
    おとぎ話っぽくて?なんというかツボなんですよね~
    たしかインディペンデントディ、と同時期に公開されて、
    比較されることが多かったように思いますが、
    宇宙戦争のパロディなんですね!
    まだ見ていないので、是非見てみたいと思います♪

  7. まめ◆くりりん様

    ◆くりりんさま
    またまた、新たな世界を広げる映画を
    初回いただきましてありがとうございました♪
    加筆、楽しみにしております~
    若きジャック・ブラック、かわいかったです(笑)
    あと、書くの忘れてましたが、ロブ・ロウもいましたね
    視覚でも、かな~り楽しませていただきました(^○^)

  8. まめ◆pancake様

    ◆pancakeさま
    こんばんは~
    万人ウケする映画だと思わなかったので、
    思わぬ人気の高さに驚いています(笑)
    あの頃は、変なブラックコメディだと思いこんでいて
    避けてしまっていました(^^;
    食わず嫌いはいけませんね!
    確かに、あのノリだと、ラストはおとぎ話っぽいですね♪
    「宇宙戦争」でラストを聞いたときは
    はぁ?( ̄□ ̄メ)となったのに(笑)
    「インディペンデント・デイ」と比較とは・・・
    また、好対照な映画が同時期上映だったんですね

  9. くりりん

    え?ロブ・ロウ出てましたっけ?
    どんな役でした?全く気がつきませんでした?。
    「宇宙戦争」のパロディなのは最後の宇宙人の滅び方もだけれど、当然真だと思われたバロンがラストにひょっこり現れるのも今にして思えばそうじゃないですか?。宇宙戦争も真だはずの息子がなんの説明もなくひょっこりラストに現れましたものね。オリジナルがどうなのかは定かではありませんが、スピルバーグ版では「うそ?」と思わず脱力しちゃいましたもの。

  10. まめ◆くりりん様

    ◆くりりんさま
    ◆くりりんさま
    あれ~
    この映画じゃなかったかも>ロブ・ロウ
    私、どこで寝ぼけてたんだろ???(^^;
    あ、ロブ・ロウが出てる、と思ったのですけど
    違う映画だったんですね。多分
    他に、最近どの映画みたっけな
    大変お騒がせいたしました(^^;
    「宇宙戦争」は、原作も読んだのに、
    映画とどう違っていたか、とかすっかり忘れちゃいました
    ただ、終わり方は、ほぼ原作どおりだったような・・・
    それでも、脱力しました(笑)

  11. 1-kakaku.com

    マーズ・アタック!

    アメリカに火星人が襲来した! ジャック・ニコルソン扮する大統領は、火星人と友好関係を結ぼうとするが…。 『シザーハンズ』のティム・バートン監督が、50年代のB級映画テイストたっぷりに製作した、ポップでコミカルなオールスターキャストのSF映画である。ジャック・ニコルソンが無能の大統領と、火星人襲来で大金をせしめようとする不動産王の2役を演じている。ほか、グレン・クローズ扮するホワイトハウスの改装にしか興味がない大統領夫人、ピアース・ブロスナン扮する火星人の善意を信じて疑わない宇宙生物学…

  12. 1-kakaku.com

    マーズ・アタック!

    アメリカに火星人が襲来した! ジャック・ニコルソン扮する大統領は、火星人と友好関係を結ぼうとするが…。 『シザーハンズ』のティム・バートン監督が、50年代のB級映画テイストたっぷりに製作した、ポップでコミカルなオールスターキャストのSF映画である。ジャック・ニコルソンが無能の大統領と、火星人襲来で大金をせしめようとする不動産王の2役を演じている。ほか、グレン・クローズ扮するホワイトハウスの改装にしか興味がない大統領夫人、ピアース・ブロスナン扮する火星人の善意を信じて疑わない宇宙生物学…

  13. この広い空のどこかで今日もいい日旅立ち

    二大スター競演のモノクロのいぶし銀!

    スポーツライターのボギーとボクシング・マネージャーのロッド・スタイガーの丁々発止の会話が、特にスタイガーの押しの強い迫力で見せる。モノクロ映画としても、ボクシング映画としても、黒光りのするテンポのよい切れ味のある作品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA