硫黄島からの手紙

Letters from Iwo Jima

監督:クリント・イーストウッド
出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮
「父親たちの星条旗」、硫黄島の闘いを日本側の視点から描いた映画。
「父親たちの星条旗」の時も書いたと思いますが、
イーストウッド作品、ヒロイックな戦争映画は期待しませんように。
もれなくどんよりの渦へと巻き込んでくれるでしょう
全編日本語とは、思いきったことをしてくれる
まずは、戦争じたいだけでなく、映画自体に、国力の差を感じてしまう。
たとえば、日本側視点の映画を日本資本で、日本で作ってくれ、と言われて
このクオリティーの作品が、作れたろうか?
無理だろうな。
ハリウッドで、きちんとした日本を扱ってくれることが嬉しくもあり、
ちょっと悔しくもあるのである(^^ゞ
てっきり栗林が完全主役の映画かと思っていたら、そうではなかった。
いつの間にやら、若い兵士の西郷に感情移入していた。
栗林にしてもそうだけれど、家族を思う、ごく普通の人が戦地にいたこと。
「父親たちの星条旗」では、神出鬼没で、まるで
殺人マシンのように、わいて出てきたように描かれていた日本兵、
でも、アメリカの兵士も日本の兵士も思いは同じ、
この映画では、そんなごく普通の若者が参加していた・・・
人間らしい部分を描きたかったのだろうな。
硫黄島の作品で、それぞれに、印象的な人物が出てくるが、
この映画では、馬術で金メダルまでとって硫黄島に送られた
バロン西、という存在が印象的だった。
栗林の作戦であり、兵士がもっとも苦労した労働、
地下洞窟洞窟を掘れ、という一言で表現されてしまったように
バロン西の作戦、戦車を隠して使う作戦も、
土嚢をつめ、という言葉で表現されてたのみ
この映画は、戦争を描くことが目的ではない、とあちこちで気付かされる。
そのバロン西が一番印象的なシーンは、
やはり、人間的な部分でした。
他にも元憲兵の清水、
いわゆる当時の兵士の象徴でもあるような
退却するくらいならば潔く自決を、というような兵士であり
かつてのやりかたにこだわり栗林と対立する伊藤。
それぞれの行く末も興味深い。
さまざまな立場の日本兵を真摯に描こうとするのが感じられました。
もう一度「父親たちの星条旗」がみたくなりました。
どこかで、島を沈めてしまえばいい、みたいな台詞
出てきたっけ?
ほんと、こんなことなら、ありったけの火薬を使ってでも沈めてしまえば良かったかもと思ってしまった。
島ひとつ沈めるのは、難しいし、問題はあるけど(^^ゞ
///
最後に、自分の見解で、ここはちょっと残念だったな、
という部分をちょっと。
///
あ、ここはネタバレありですので、映画をご覧になっていない方は
読まないでくださいねー
涌き水が一切ないとても過酷な島、
ぞんざいに水をわけて、ぞんざいに白米を食べてる兵士たち、
ただ、「水があわなくてお腹の調子が悪い」というだけでは、
島の状況に、ちょっと説得力がないかな。
せっかく「父親たちの星条旗」の姉妹編として作ったので、
リンクするシーンがあると良かったかな。
日本兵にとらわれたイギー
夜中にわいて出てきた日本兵
など
栗林中将の描かれ方
闘いがはじまってからは、伝令が伝わらないシーンばかりで
あまり有能な策士にみえんぞ(^^ゞ
もちろん、ピックアップする部分は、人それぞれなので
それを批判するつもりはないっす。
でも、私がそれはきっとなかったんじゃないかな~と思うのが、
最後のシーン。
一人十殺を言い渡していた彼が、ああいう死に方をするか疑問です。
当然、栗林と行動を共にしていた方は、全員戦死しているので、
彼の最期はわからないわけだけれど
そこは、ちょっとぼかしていただきたい部分でした
///

10 thoughts on “硫黄島からの手紙

  1. atsumi

    イギーが殺されるシーン、あったように思うのは
    私の気のせいか?ああこうやって殺されたのか、と
    思って見たのですが。
    バロン西が、かなり印象強いですねホントに。
    ああいうリベラルで拓けた人間も「天皇陛下万歳」
    と心底叫ぶことができたのか…。
    デス妻のポールが出てきた時は、ちょっとびっくり。
    TBさせてもらっていいでしょうか?♪

  2. 備忘録

    死にたい人なんて一人もいない

    「硫黄島からの手紙」クリント・イーストウッド監督。
    泣けない映画だ、そこがいい、兵士たちを凝視し続ける
    ことができる。そうじゃないと失礼だ、泣いてなんていられない。
    十人十色の兵隊たち、弾にあたって死ぬ者も、自決を
    する者も、皆生きていたかったに違いない、最初から
    死にたい者なんて誰もいない。
    日本人の顔は変わったと思う、でも「硫黄島からの手紙」の中の
    皆はあの戦争を戦う彼等の顔をしていた。そのように撮った
    イーストウッドはやっぱり偉い。
    今見るべき映画は、やっぱりこれだ。

  3. まめ◆atsumi様

    ◆atsumiさま
    殺された兵士のくだりはありましたが、
    あれはイギーではなかったと思います
    イギーは、酷い拷問の果てに殺された人物なので・・・・
    え?デス妻の方が出てきてたんですか?
    デス妻をみていないので、全然わかりませんでした(^^;
    TBありがとうございます♪

  4. atsumi

    あ、そうかそうか、そうですね。てっきり思い込んで
    ました。訂正ありがとうございまーす(ぺこり)。
    栗林のお別れパーティで、彼に白い拳銃を贈ったのが
    デス妻でポールとしてレギュラー出演してる彼です。

  5. まめ◆atsumi様

    ◆atsumiさま
    あ!あの方ですか!!
    どこかでみたことがある俳優さんだと思っていたのです
    デス妻は見ていないから、ほかの作品かな~

  6. 魔女っ子くろちゃんの映画鑑賞記録

    硫黄島からの手紙

    ★★★★
    監督:クリント・イーストウッド
    主演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮
    2006年 アメリカ
    1944年6月。硫黄島に一人の指揮官がやってきた。栗林忠道は本土防衛の最後の砦である、この硫黄島を死守する命を受けていた。
     しかし頼みとする応援が次々と絶たれ、孤立無援状態の日本軍は、それでも5日で墜ちるち言われた硫黄島をを36日も守り抜いた。生きて恥をさらすより、潔い死を選べと言われた時代、忠道は部下たちに「生きること?…

  7. くりりん

    今さらになってしまいました?。
    でもアカデミーに向けてまだ話題は尽きないようですね。別に賞を穫る穫らないはどうでもいい気もしますが、穫ることで末永く記憶に残り語り継がれていくのであれば、ぜひ穫ってほしいと思います。
    栗林さんはああいう人だったので、これまでは評価の低い人だったと聞いたことがあります。そうそう無能だったとかね。しかもリベラル派だから。
    バロンも栗林も他よりもずっと真実が見えていた人なのに、日本人としての最後を選んでしまうのがつらいし、なにより犬を撃てなくて飛ばされてしまった清水に思いっきり感情移入してしまいました?。
    二宮君ちと少年すぎた気もしましたが、西郷が死ななかったことで救われたことの重みは大きいです。

  8. まめ◆Cuomo様

    ◆くりりんさま
    清水が救いのない分西郷が希望でしたね。
    彼が死んでいたら、どんより度は最高潮だったでしょうね(^^;
    「父親たちの~」の方も、エンディングで救われたし
    イーストウッドも、どんよりだけでは
    終わらせたくなかったのでしょうね
    これだけ真摯に映画に掬い取ってくれたこと
    評価されたら、それはそれで嬉しいですね
    やはり、アカデミー賞って、永遠にその名は刻まれますよね
    TBありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA