LOST2-10話「詩篇23章」

やっぱり意外性は、新キャスト。
以下、未見の方にはネタバレバレ!です。ご注意を。

今日は、面白かったです
今日のフラッシュバック担当は、お待ちかね!のエコー。
ただもんじゃない、とは思ってましたが、かなり黒い方へ手を染めていたんですね。
しかしその道へ足を踏み入れるきっかけは、弟を救うため・・・なんともやりきれん。
そのエコーとあのマリア像がつながっていたとは!!
シーズン1で出てきていたプロペラ機とマリア像とヘロインというミスマッチの謎が一気にとけるという意味でも、みごたえがありました。
さーて、嫌われ者のソーヤーが、戻ってきたことで人気者に?
ハーリーが「よぉ、ソーヤー、よく戻ったな」って言ってくれてるのに、
ソーヤーは「よぉ、ハーリー、痩せねぇな」・・・・あなたらしいよ(^^;
それにしても、そんなにソーヤーの長髪が気になってたのね>ケイト
ついでにヒゲも剃ってくれませんかね~(笑)
さてさて、前回こっそりウォルト(とは限らないが)とパソコンで連絡をとったマイケル、
今日も、こっそりチャットを楽しむ。(違)
今のところ何も恐ろしいことは起こっていないけど・・・
さてさて、今まで皆を恐怖に陥れていた”もの”の正体が。
・・・・・・・なんじゃ、あれ( ̄▽ ̄メ)
ただの黒い煙じゃん(爆)
しかも、エコーをみて退散しちゃったし。
何だったの?
ロックにしても、無事だったわけで、似た匂いを感じる方(キーワードは「運命」?)は、危険ではないとみなされるとか?
正直、あの姿は、ちょっとがっかり~
プロペラ機に辿りついたエコーは、かわりはてた姿となった弟と再会。
同じ島に弟とエコーが落ちたことは、偶然ではなく運命だろうね。
迷いもなく「私は神父だ」とエコーから弟へ、そして弟から今また戻ってきた運命の十字架を首にかけたエコーの姿は、今後の島の人たちの救いの存在になるかな、とさらに頼もしくみえました。
それにしても、ほんと殺人経験者率の高い島だ。
ジンは、孤立していたアナのところへ、サンを紹介しにやってくる。お魚付。
ジンは、すっかり優しきオリジナルジンモードですね(^^)シーズン1は何だったの?ってくらい(笑)
そして、テントがたてられず苦労するリビーのところへは、ハーリーが。
まさか、ハーリーに恋の予感・・・なんて話はないか?(笑)
ハーリーは、誰にでも優しいもんね
ソーヤーとジャックの間でケイトはどういう存在になるのか、
そこにアナはどうからむのかな~
今日も相変わらず、不透明なチャーリー。本当にマリア像は持っているだけで中身のヘロインは使っていない?
黙っていたことで、クレアからも追い出されちゃったチャーリーは、ちゃっかりマリア像をコレクション。
最後に視線がチラっと動いたのが、ちょっと心配。

2 thoughts on “LOST2-10話「詩篇23章」

  1. KEI

    まめさん、こんばんは。
    エコーのお話は、見ごたえありでしたね。
    人ってあんなに変われるものなのか?
    元はイェミと同じ篤い信仰心を持っていたってことなのかなって感じました。
    >ハーリーに恋の予感・・・なんて話はないか?
    あってもいいんじゃない?(笑)

  2. まめ◆KEI様

    ◆KEIさま
    こんばんは~
    とってもみごたえあるエピソードでした
    まったく過去がわからない方の過去をみるのは面白いです(^^)
    おそらく運命の波にのまれつつも
    心の後ろではずっと篤い信仰心を持ち続けては
    いたんではないかと思うんですが・・・
    それにしたって、極がつく悪人、
    撃ってしまったところ、身体にしみついた動きでしたよねぇ
    まだまだ島での行動から目は離せません(^^;
    >>ハーリーに恋の予感・・・なんて話はないか?
    >あってもいいんじゃない?(笑)
    あったんだ!(笑)
    ハーリー、ごめんっ(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA