ラブ・アクチュアリー/リチャード・カーティス(文庫)

Love Actually

脚本:リチャード・カーティス
訳:石川順子
映画「ラブ・アクチュアリー」のノベライズ版
映画の覚書はこちら
映画のノベライズ本って、映画が上映される時期には発売されるので、
脚本の決定稿から訳して小説にしていくそうなんですね。
この時点ではもちろん映像を観る前。
そんなわけで、映像と比較して、興味深いところがあるのが常。
ノベライズにあるシーンで、映像にないシーンは、カットされたのかな?
撮影すらされなかったのかな?
逆に、映像にだけあるシーンは、アドリブかな?現場でかわったのかな?
といった感じ。
また、映像で心情を表すのは、あくまで役者さんの演技、表情。
(ま、独白で知ることもありますが)
文字化すると、その部分まで表現しなくてはならないので、
映像の補足になることが多い。(それが脚本にあったト書きなのか訳者のオリジナルなのかはわかりませんが)
前置きが長くなってすみません(^^;
この作品の場合、映画にないシーン、補足となるシーンがとても多いので、
映画をご覧になられた方は、きっと楽しめる作品だと思います♪
たとえば、ダニエル(リーアム・ニーソン)とサム(トーマス・ザングスター)が、
最初に結託するシーン、笑っちゃいます(笑)
(キーワードとして、ニコール・キッドマンが出てきますが、是非本人に登場していただきたかった(笑))
サムに関しては、歌姫ジョアンナとのシーンで、映像になかったちょっとかわいいシーンも♪
カレン(エマ・トンプソン)の息子の作文、学校の校長先生のミニエピソードなどなど、
シーンとシーンの細かいつながりなどをあげると、きりがないです。
いくつか、印象的なシーンで歌詞が引用されていて、ジョアンナ(妻)を送る歌、結婚式のゴスペル風All You Need Is Loveやジョアンナ(歌姫)のクリスマスソングあたりは記憶にありますが、
劇中でこの曲は流れたかな?と記憶が定かではない重要な引用曲もあり、またみなおしたくなりました!
映画、もう一度見直したくなっちゃいました♪
いや、セル版でカットシーンチェックしたくなりました~
・・・ん?ちょっと待てよ。私が観たのは、テレビ放映版、
実は本当に放映時にカットされてただけだったりして?( ̄▽ ̄メ)
上記比較シーン、映画にあったよ!と思われた方、是非教えてください(- -;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA