スタスキー&ハッチ

Starsky and Hutch
監督:トッド・フィリップス
出演:ベン・スティラー、オーウェン・ウィルソン

ゆ・・・ゆるい刑事ドラマだな(笑)
「ナイト・ミュージアム」で、主役コンビが気になり、おうかがいしたところ、まず海ドラファンとしては、ここからがよいんでは?とオススメいただき借りてきました。
んが、残念ながら、肝心のオリジナルのドラマは、当時、どちらも好みじゃなく(爆)途中挫折してしまって、あまり記憶にありません。さすがにここまでゆるくなかったと思うんだけど、どうなんでしょう?
いや、時代がゆるかったから、今みるとこんなもんなんだろうか?(笑)

どうも、番組も70年代も愛をこめておちょくってるとしか思えないんですが(笑)
本人出演があるんだから、公認リメイクなんすよね?

だいたい、生真面目な刑事(でも無茶)の方がベン・スティラーですよ。どんなに真面目に捜査してても、絶対、腹に一物あり!としか思えないじゃないですか(笑)
なぜだ・・・破天荒な捜査をしているオーウェン・ウィルソンが真面目にみえてくるのは・・・。

小道具がまたでかいことでかいこと(笑)70年代知らなくても、どこか懐かしい・・・それだけで、そっちこっちで、クスリクスリとさせてもらえるのは間違いない。
メローな音楽にあわせて、浜辺で”スタスキー&ハッチ”Tシャツを着て、どつきながら輝く笑顔で走るシーンなんて、泣けてくるじゃないですか(棒読み)

インタビューも楽しい。
みんな真面目な顔して、辛らつなことを・・・どこまで冗談でどこまで本気なんだか(笑)

キャストで、一番驚いたのは、おひさしゅ~ジュリエット・ルイス!

「ギルバート・グレイプ」の輝く笑顔が懐かしい。
でも、思ったよりかわらない人かも。

あぁ~モリー・シムズが出てたんだ(謎)←WATファンにだけわかる?

刑事ドラマだからって、痛快を求めてはいけないのね。
ゆるゆる70年代ノスタルジー気分を味わいたい方へ♪

そうそう、これは吹き替えでみたんですがお楽しみが!!
だって、スタスキーが堀内賢雄さん(フルハウスおぃたん&ERドゥベンコ)、ハッチが平田広明さん(ERカーター&CSINYダニー)ですよ!!
もう、一人で喜んでしまいました~
おまけに、ヴィンス・ボーン演じる悪役が石塚運昇さん(CSIマイアミホレイショ)ですってば・・・
しかも、ジュリエット・ルイスが安藤麻吹さん(WATサム)ときたもんだ!
これは、海ドラファンには違った意味で楽しめるのではないでしょうか(笑)
声だけで撃ちぬかれましたわよ(どきゅん)

11/8のオーウェンさん。お元気そうで安心いたしました。
Owen

2 thoughts on “スタスキー&ハッチ

  1. ぷりぷり

    好き好きスタハチっ!!
    昔のシリーズもおっちゃんしか出てなかったのに大好きだったんですが、この映画のスタハチのゆるさがうずうずしますぅ(笑)
    スタスキーのあのキャラはというかベン・ステイラーは「おじゃる丸」の実直先生だ!!と思ってみていた私。
    最後に元祖の二人が出てくるんですよねぇ(笑)私はそれが嬉しかったような悲しかったような・・・・
    このドラマってコメディじゃなかったはずですよね??

  2. まめ◆ぷりぷり様

    ◆ぷりぷりさま
    このゆるさ、たまりませんね~(笑)
    シリアスドラマがダメな心境だったので
    ゆるさに癒されました~
    やっぱり、このドラマ、コメディじゃないですよね?(^^;
    観ていて、心配になっちゃいました(笑)
    元祖のお二人、もともとのファンの方は
    どう反応したのか気になりました
    複雑な心境・・・ですよね(^^;
    「おじゃる丸」みてみなくては(笑)
    実直先生って・・・・すごいキャラそうだ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA