ボビーZ

The Death and Life of Bobby Z
監督:ジョン・ハーツフェルド
出演:ポール・ウォーカー、ローレンス・フィッシュバーン

最初に:私は、ポール・ウォーカーファンです(爆)
それゆえ、きちんとした感想になりそうもないことを、ご了承くださいませ(^^;

替え玉作戦に借り出された、ヘタレ三振人生のティム・カーニー。
引き受けなければ地獄が待っている。が、引き受け待ち受けていたのは・・・

原作が、とても痛快で楽しい作品なだけに、その雰囲気が、
きちんと映像にのっていなかったのと(長編原作ものの宿命)、編集のせいか、ん?と思ってしまうシーンもちらほら。。。ちとそういうところが残念でした。

でも!ポールを堪能するには、充分過ぎるほどの作品でございましたv
ティムはヘタレキャラとして描かれているけれど、元海兵隊なので、
その昔とった杵柄で、危機を乗り越えていくのです。
その姿が、かっこよいこと~
お前の息子だ!って言われて、(実際はボビーZの息子なのに)感情移入しちゃって、
子供連れての逃避行となる図も、またかわいい♪

ポール!まだまだこれから(「ワイルド・スピード4」も決まったとか?)
今後も頑張ってほしいです~

そういえば今年上映予定だった「Runing Scared」はどこいっちゃったんだろう・・・

替え玉!?全然似てないじゃん!(爆)と、笑い飛ばせる方向きの作品(笑)
(原作どおりの設定であるゆえご勘弁を!)

ちなみに「SATC6」のジェイソン・ルイスが、ティムの替え玉の元人物ボビーZ役。
似てますか?(笑)

3 thoughts on “ボビーZ

  1. I am invincible !

    ボビーZ

    長期刑で服役中のティム・カーニー(ポール・ウォーカー)は、ムショ内でまた殺人事件を起こしてしまった。 このまま服役していても別の刑務所に移しても、報復を受けることは間違いない。…

  2. 哀生龍

    >原作が、とても痛快で楽しい作品なだけに
    原作を知らずに見たせいか、少々キレの悪い部分もありながら、かなり楽しめちゃいました!
    ポール君も良かったし♪
    脇のみなさんも、個性は揃いで良かったし♪♪
    それなのに、それなのに、がら空きなのは何故?
    ・・・一度も宣伝しているのを見なかったような気も(汗)
    今度、原作を読んでみたいと思います!

  3. まめ◆哀生龍様

    ◆哀生龍さま
    もうちょっとテンポよくみせてくれたら
    最高ですよね♪
    でも、チョイへタレ。なポールくんが
    かわいかったのでキャラ勝ち映画です(^^)v
    それでもガラあき・・・・
    私が観にいった映画館に、ポスターすら貼っていませんでした。
    映画館間違えた!?とあせりました
    試写会や前売り特典なんかつけちゃったんで
    宣伝に費用かけられなかったんでしょうか(^^;
    薄くて読みやすいので、是非原作読んでみてくださいませ(^^)
    TBありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA