NCIS2-23「帰ってきた宿敵」

今週は時間がなくて、間すっとばしてラストエピの覚書に突入!

以下大ネタバレ。
***

とうとうきちゃいました・・・・

シーズン3をみるときのおさらいに、
以前ダイジェストでつまんでみましたが、
字幕版できちんと観たら、あらためてラストで涙出てしまった(TT)
なんで、ケイトが死ななくちゃならなかったんでしょう・・・
知らなかったとはいえ、アリを放置したFBIの責任は重いぞ!!!
いや、一番の罪は、NCIS制作側だ~
ケイト、大好きでした。。。さようなら~( T T)ノ~~

初めてケイトをほめてしまったギブスと、
気になる存在だったであろう、そして返り血を浴びてしまったディノッゾ、
失ったものは大きすぎ、心に大きな傷が残ってしまったでしょう。
にっくきアリ!!!!

アリは条件としてギブスを狙っていたのに、なぜにケイトリン?
あそこでギブスを撃つことも出来たろうに、なぜにケイトリン?
二人が再会したときに、ケイトのことを質問したアリ
G「彼女に手を出したら、お前を殺す」
これは、このエンディングへの伏線だったのね。。。
遠くから撃ち殺すなんて簡単な形では、アリの気持ちがおさまらない?
直接対決したかったんでしょうか
そんな誘いに使われたケイト、不憫で仕方ありません(TT)

と、マイナスな気持ちになってしまいましたが、
お笑いもきっちり仕込んでるのもNCIS。
順を追って覚書を

・ディノッゾ不在中
ディノッゾの絵を描くケイトをのぞきこみのマクギー、
K「嫌がらせも引き継いだの?」
トニーと仲が良いので、ケイトを心配しているらしい(^^;

自分のせいだと落ち込むマクギーに
K「侮辱されたことや、お金貸したことを思い出して」
M「・・・・腹がたってくる」

と言いつつ、不在のデスクで鳴り響く電話に
M「さびしい?」
K「ええ。子供っぽさも魅力だった」

M&K「・・・・・・・・・・・・」
↑まるで故人をしのぶ会だな(^^;

K「女性職員にゲイだって言いふらしてたわ」
M「あのやろう・・・」←あら~マクギーのこんな言葉、初めて聞いたわ(笑)
K「その感情、忘れないでp(^・^)q」
M「あなたの話も。パラグアイで寝た、と。」
K「・・・・殺してやる」

あっはっは~~
いいムードだったのに、さすがディノッゾだね(笑)

・エレベーター内
療養復帰まであと一週間残ってるというディノッゾを心配するギブス
G「死人顔だ」
確かに、クマクマできてましたね(^^;
でも、本人、休んでいられないみたい!
その理由は
D「でもボスがオレを必要としてますから」
G「(にや)」
D「・・OK。じゃ、ケイトとマクギーが困ってたでしょ」
G「効率があがったよ」

復帰したのは、たださびしかっただけなんだね!!(笑)

そんなディノッゾを、完全無視で事件へと向かうチーム
D「オレは、幽霊?」
G「試すか?」
D「何を?」
G「(ばしっ)」
D「WOW」
G「生きてるよ。お帰り」

きゃ~~~ギブス、素敵すぎ(* ̄m ̄*)
やっぱりこの後頭部愛のムチがないとね~♪

・復帰したはいいが・・・
もつれてゴロゴロゴロ。
G「大丈夫か!」
D「・・・休憩中です・・・」
G「もう一週休め!ケイト、起こしてやれ!」

ケイト、そんななさけないディノッゾの姿をカシャリ。
いつものお返しだ(笑)
が、ディノッゾがケイトを豊胸と言ったことがわかり、
K「心配して損した。」
更には毒蛇だと騙し、ケイトをおびえさせて
ライダーキィーック!! \\(0)┌θ☆(#/__)/グヘッ

それでこそ、ケイト&ディノッゾ♪
甘いムードは、必要なし!(笑)

ま、キックのおかげで爆弾発見!
「あと一週休むだった」とボヤキつつ
ケイトとマクギーを先に行かせて、
かっこよいところをみせてくれました♪
D「・・・・・BOSS・・・・不死身なんて嘘です」
↑いや、あの爆発を近くで受けてそれだけなんだから、
不死身だとおもう(笑)

・追い出され・・・
ダッキー先生の診断で、ちょびっとお休みすることになったディノッゾ、
デスクの横で寝てたら、ギブスに追い出され、
向かった先は、アビーのお部屋。
アビーの素直な感情表現、とてもかわいい♪
(抱きつかれて、痛かったようですが(^^;)
ぶーぶー音が出るカバさんのクッション枕用に貸してもらいました♪
顔を動かすたびにぶーぶー。
ギブスに、言い訳してたのが笑える(笑)

アビー情報によると
ギブスは膝痛再発
(以前走った後にシップの匂いとか言ってたのは、膝だったのか(^^;)
ケイトは、心の狭い弁護士と別れた。
ゴシップ担当なんだ(笑)

・中華
食事を断るディノッゾに、
M「珍しい!!!」
K「危篤かも」
確かに(笑)
そこへギブス、
G「トニー、何か食べろ」
と中華を渡す。
いつもどおりぶっきらぼうだけど、
こういうときは、”ディノッゾぉ!”じゃなくて、”トニー”なんだね~
そして、この中華がきいてしまったのか、
この後ディノッゾの体調は急速に回復。
・・・・腹が減ってただけでは・・・・?(笑)

・チーム♪
アリの標的がギブスと判明。
シークレットサービス時代の腕前を発揮しようとするケイトに、
ギブスは、監視なんてごめんだ。みんな帰れ。

でも

誰一人帰りませんでした。
みんな、デスクでぐーすか。

(*^^*)

そこでケイトは、ギブスが死んでいる夢を。そして近くにアリの姿。
そしてアビーは、ディノッゾの顔が血まみれの夢を。。。
意味のある夢話だったんだね。
あたってほしくなかったけど・・・

・人生二度目の過ち。
フォーネルを呼び出すときの暗号(?)
F「一度目は?」
G「オレの元妻との結婚!」
F「忠告は?」
G「したぞ!」
F「事実とはおもわなかった」

F「(アリのこと)本当なのか?」
G「浪費癖も事実だったろ!」

すっごい緊迫した後半に、まさかこんなネタを入れてくるとは(笑)
フォーネルさんとの、微妙な友情は、そんな裏側があったのね~
二番目の妻は、浪費癖があったんだ(笑)
あれ、ゴルフクラブも二番目じゃなかったっけ?

・そして・・・・・・・・・・・
アリの思惑を、操作盤をぶっ壊すことで回避した
ギブス&ディノッゾ(マクギーの立場は・・・・)
そんなギブスを狙う銃口!
ケイト横~っとび~
ぎょっとさせられますが、バッチリ防弾チョッキにあたってました。

G「よくやったぞ」
K「はじめてほめられ・・・・・」

その額を撃ちぬく銃弾。。。
アビーの夢どおり、ディノッゾの顔が血だらけに
(でも、瞬間のちょい前にディノッゾの顔が緊張してたのはナイショ(爆))

アリ「ソーリー、ケイトリン。」

G「アリ・・・」
呆然と銃を構えるギブス

To Be Continued!!!

なんつーとこで、終わりにするんだ。という感じですが、
春からの放映がきまり一安心。
(内容としては、とても安心できませんが(- -;))

何は何でも、話しは続く。。。
またシーズン3でお会いしましょう!!

5 thoughts on “NCIS2-23「帰ってきた宿敵」

  1. カクテキ

    ケイトが…というのは知っていてもどっきりでした。
    >瞬間のちょい前にディノッゾの顔が緊張してたのはナイショ
    私もちょっと早いかな?と思いました。ケイトも?(笑)
    ショッキングな話なのに笑いも忘れないNCIS。
    仕事場に泊まったみんなを見るギブスは父ちゃんでした。

  2. ささくれた日々

    NCIS2#23「帰ってきた宿敵」

    ドライブ中に殺された海軍大尉。一人は両手首を持ち去られていた。現場検証時、車に仕掛けられた爆弾でチーム全員吹っ飛ばされるところだったためギブスはNCISへの宣戦布告と睨む。そこへFBIのフォーネル捜査官が宿敵テロリスト、アリが入国したことを知らせに来た。
    感想は書いてないけど、毎回見てました。そしてケイトが死ぬことも知ってました。しかし、あんな最期だとは。
    他のドラマは「助かるかな?どうかな?」というドキドキを孕んだクリフハンガーだが、これはもう誰が見ても助かりません。
    はっきりしていると…

  3. まめ◆カクテキ様

    ◆カクテキさま
    いや~そのタイミングに、めちゃめちゃ
    どっきりさせられますよね(- -;)
    ケイトもでしたか(笑)
    笑いにほっこり付、
    とーちゃん視線、よかったですね~(* ̄m ̄*)
    だから余計に、エンディングが・・・・(TT)
    TBありがとうございました♪

  4. takbout

    出遅れぎみの自分ですが、やっとこの回を今朝みました。(何時に起きたのかは内緒)
    かっこよすぎのディノッゾ!
    不死身な奴がここにも居たんですね。(爆)
    なんとも本調子じゃない感じで捜査するディノッゾが素敵に思えました。
    あ~あ~。
    近づくラストに心が痛み・・・。
    何故に(>_<)
    当分、アリを演じた俳優さんに恨みを持ちそうです。(爆)

  5. まめ◆takbout様

    ◆takboutさま
    本調子じゃないところをみると、
    ゼミルよりは、不死身じゃなかったようですね(笑)
    あのラストは知っていても、そして今でもイヤなものです・・・
    ケイト(><)
    何時に起きたんでしょう(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA