LAS VEGAS1-17.You Can’t Take It with You

*ネタバレあり

今日は冒頭からメインゲスト。
ショーン・アスティンだ!
すっからかんになってダニーに追い出されたところで、たまたまやったマシンで大金を当ててしまう!
取材に継ぐ取材。脚光を浴びる彼だったが、急病で急死してしまう。
おまけに部屋においてあったお金も消えてしまう。
更には、彼の妻もやってきて、新たな事実もわかり・・・
さーて、どうなる!

「ロード・オブ・ザ・リング」では、特殊技術でホビットを演じた彼ですが、もともと身長は大柄ではなく(168cmくらいらしいです)、190cmのダニーが脅しに出てきてて、彼を見上げるシーンでは、笑ってしまった(笑)
エドのままにプリティーボーイとか言われちゃうお顔なので、決して脅しのきくタイプじゃないと思うんだけど、身長勝ちかな~

そして、そう!今日の見所(?)は、エドのママの登場!

エドの落ち着きのないことないこと(笑)
ダニーなんか「あなたがデリンダに捨てられた男ね~もっと筋肉タイプを思い描いていたわ!」とか言われちゃって(笑)
アメドラでは、主要人物の母親って、必ずこんなタイプだね~
エドも例にもれず。ママの前では、かわいいぞ!!!(笑)

エドの昔話を語りだすエドママ。
「3歳のときクマちゃん(Binky)と呼んでたのよ」
ウケすぎダニーにウケた(爆)

でも。。。そんなダニーでしたが、エドが、エドママとの約束の場所に行くのをぐずっていたときの説得の言葉が泣ける。

ダニー「母が生きてるってことだけでうらやましい。」
↓オリジナルはこんななのですよ~。
I would give everything that I own just to have my mother back for one day

エドも、そんな言葉聞いちゃったら行かないわけにはいかないよね。

それにしても、見事な隔世遺伝。

84歳のママは、ベガスで新しい恋人までゲット。
デリンダは、祖母にそっくりだということが証明されました(^^;

ショーン・アスティンのお話も、どたばたといろいろありましたが、楽しくまとまって(笑)

・・・・お金がシャワーのように降ってきたら・・・・浴びてみたいわ!!(笑)
さすが、モンテシート♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA