LAS VEGAS1-18.Nevada State

*ダニー中心レポ。ネタバレあり

本日軸となったのは、サム。
17歳のとき、目撃者として証言した事件の犯人が、脱獄してサムの元へ!!!
残念ながらダニーの活躍は控えめ。
(つーか、とんだダメダメぶり(爆))
グリッソムを殺害して刑務所入り。ベガスといえば・・・・
殺害されたグリッソムを調べたのはグリッソムかなぁ、なんてアホなことを考えていたところ、脱獄犯が登場。

 

あははは~
ベリックじゃん(笑)
(from 「プリズン・ブレイク」)
いや~、みごとな悪人顔、執拗にサムを追いかける脱獄犯が似合うこと似合うこと!!!(笑)
サムが埋蔵銀の在り処を知っていると思い、追いかけてくるさまは、どこからどうみてもベリックそのものでした(^^;
そんなサムを心配して、エドはサムを部屋にいさせ、ボディーガードにダニーを任命するのでした。
新しい顧客開拓中のサムは、(よりによって)デリンダにその大切な役目を任せるのでした。
・・・・モンテシート、人材いなさすぎ(爆)
つーか、デリンダの仕事、そんなにどーでもいいんだ・・・

そのボディーガードのダニーは・・・死?

上のシーンでCMに行きますが、当然主役のダニーがこんなところで、いなくなるはずはなく(^^;

サムの夢オチ。
心配してサムを起こしてあげるダニーたん♪

 

しかし、ナイトになりきれないのが、ダニーらしさ・・・・
もぞもぞ
立ち上がったときの、もぞもぞぶりが、我慢している子供みたくて、うまいっ!!(笑)
かくして、トイレに行っている間にサムが消えてしまいました。
・・・・・ダメなヤツ( ̄▽ ̄メ)

 

ラストは汚名返上。
ってか、エドの作戦勝ちで、腕力さえあればOKな役回りだけどね(笑)
あんな作戦で、ひっかかるベリックは、とてもベリックらしかったけどね(^^;
(ちなみに役名はベリックではなく、ウェスでした)

 

結局、お宝箱の中身はからっぽ。
ダニーが一番残念そうだったような(笑)

 

エドが運転席に向かうと、ダニーがオレっち助手席~♪って感じで走ってって、
サムに「私が助手席!」と先を越されるシーンは、姉弟みたくてほほえましかったな♪

 

今日もラスベガスらしいエンディング♪
さて、デリンダが逃がしたサムの顧客は、結局どうなったのかな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA