アイランド

レビューではなく自分用覚書です

隔離された世界で生活する人々。
衣装も靴もみな同じ。何もかも管理され、(体調管理のため食事制限があったりするけれど)何不自由なく生活していた人々の夢は、抽選に選ばれた者だけが行くことができる、「アイランド」。

なかなか考えさせられるお話で、とても興味深かったです!

ユアン・マクレガーは、もともとチャーミングで、動いているのをみるのが大好きな俳優さん。ちょっとヘタレな無菌室育ちのリンカーン役がとってもお似合い!!
そして、彼よりずっと強い女性(笑)そして聡明な、ジョーダン役に、スカーレット・ヨハンソン。

事情があって、吹替えでみました。
この二人の声をあてていたのが、平田広明さんと、甲斐田裕子さん。
CSI:NYのダニーとエイデンだ!!声優さんて役にあわせて口調をかえますが、キャラが似てるため、まさにダニー声でした(笑)
ということで、かなーり楽しくみることができました♪
さらには、後から、キャラ名にマック(スティーブン・ブシェミが、相変わらずいい味だしてる!)や、ホークス先生の声の楠大典さんがリンカーンを追うことになるローラン役で登場した日にゃ~、NY祭りっすよ(笑)

***以下ネタバレトーク***
***エンディングに至るまでのネタバレが含まれます***
さて、実は、彼らは『保険』として産み育てられていたクライアントのクローンたちだったことがわかっていくわけですが、その思惑を知って、ジョーダンと施設を脱出したリンカーンも、終盤でとうとうトムと遭遇!
ダブルユアンくん♪ダブルダニー声♪と楽しんでいたんですが、あっさり殺されてしまった(><)えぇ。リンカーンの演技により、オリジナルトムのほうが(><)
自由と生きる権利を求めているリンカーンが生き残るためとはいえ、肝臓の病気で2年の命なので、保険をかけたのに、クローンがやってきてしまったことで、殺されちゃうって・・・・どうなの?( ̄▽ ̄メ)どんな皮肉なの?( ̄▽ ̄メ)
このシーンは、かなーり、オリジナルに同情してしまった(><)

最後は、リンカーンのがんばりで、施設から飛び出したクローンたち。とってもさわやかなシーンで終わった。感動的な演出で、一見、そうみみせている。
彼らは用済みになると、あっさり殺される。まるで戦時中の強制収容所のように。
でもさ、生きるために、かけた保険。命の危険にさらされた時に、臓器を提供してもらえる相手。クローンに生きる権利を与えたら、生きられるはずが死に行く命もある。
クローンは知らぬうちに保険として管理されているんだから、クローンにもちろん罪はない。
あうーーーーーーーー
どっちの肩もつってことじゃなくて・・・・ほんとブラックだな~(><)

友人と一緒に観たのですが、もし自分の子供の命のためにかけた保険だったら、クローンにも生きる権利があるからあきらめろって言われてもあきらめきれないよね。って。

さて、クローンが市民権を持つ日は来るのか?色々問題が多そうだ、と思いつつも
NYダニーなクローンを安価売り出すって言われたら、買っちゃうかもね(笑)

友人へ>さんきゅー!

7 thoughts on “アイランド

  1. takbout

    この作品って本当に複雑ですよね。
    どっちの命も大切だと思うのだけども・・・。
    ユアンの声の吹き替えって平田さんが多くないですか?
    「トレスポ」の時が平田さんだったと思います。
    ユアン自身の声も魅力的ですが、平田さんの声も魅力的で好きです。
    でも自分の場合は、どうしても、カーター先生に見えちゃいますけどね。(^◇^;)

  2. まめ◆takbout様

    ◆takboutさま
    考えても答えは出ませんが
    実際、クローンは現実ですからね
    今後も課題となるでしょうね
    平田さん、だいぶユアンの声やってますね~
    「天使と悪魔」もそうなんだとか♪
    私も、カーター先生にもみえたりしますが
    カーター先生とは、ちょっとだけ口調が違うのですよ
    (マニアックですが(笑))
    今回の役柄は、めっちゃダニーっぽかったです♪

  3. I am invincible !

    アイランド

    汚染された世界の生き残りは、管理された都市で変わり映えのしない日々を過ごしていた。彼等の夢は、抽選で選ばれて“地上の唯一汚染させていないアイランド”へ行く事。

  4. 哀生龍

    >事情があって、吹替えでみました。
    そんな理由があったのですね!
    吹き替えで見たまめさんに、教えて頂きたい点が・・・
    ユアンはクローンの時はアメリカ英語で、本人の時はスコティッシュで喋ってるんですが、吹き替えだと、どんな風に喋り分けてたんでしょう???

  5. まめ◆哀生龍様

    ◆哀生龍さま
    おお!
    スコティッシュだ。って紹介はありましたが、
    スコティッシュとアメリカ英語と
    使いわけていたのは知りませんでした!
    日本語では、性格の違い。の話し方の差くらいしか
    わかりませんでした
    めっさダニーがドッペルゲンガーって感じです(笑)
    と言っても、哀生龍さん、NYも字幕派でしたね(^_^;)
    TBありがとうございました♪

  6. jan

     もうかなり身近な問題になりつつあるのじゃないかという感じがいいですね。本気で考えると眠れなくなっちゃう(古)ので個人的な趣味として「スコットランド」出身のトム贔屓とだけっ(笑)大のお気に入り作品ですっ♪

  7. まめ◆jan様

    ◆janさま
    ほんと身近ですよね
    永遠に答えが出ない気がしますが
    時代は進んでいきますからね。
    考えはじめたら止まらないので、頭を強制終了しました(笑)
    実は、janさんは、てっきりリンカーン好きで見ていたのだと思っていました!
    トム、ほんと気の毒すぎです(涙)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA