天使と悪魔

レビューではありません。
自分用ミーハー覚書です。

面白かった♪
しっかり出来た娯楽作は、やっぱりみていて楽しいです~

何より、大好きなバチカン&ローマ!
イタリア大好きっこの私には、もう舞台がイタリアってだけで、ウハウハです~。
バチカンは、ベネチアと並ぶ大好きな場所ですし♪システィーナ礼拝堂の最後の審判は、ほんと涙出るほど感動した!
観光案内みたいなサスペンスドラマを楽しくみる方の気持ちがわかりました(笑)

で、やっぱり私が覚書すると、ストーリーよりも俳優さんに目がいっちゃうわけなんですが。(そして主役に目がいかない(^_^;))

いきなり冒頭で、CSI:NYのジェラード警部が登場して、お!と思ったけど、(しかも吹替えだとユアンの声がNYダニーと聞いていたし(笑))その後は、目だった海ドラ俳優さんは登場せず、落ち着いて鑑賞いたしました(笑)

ステランさんは、先日「マンマ・ミーア」で三人の父親の一人で、がんばって歌って楽しい位置も確保してましたが、こっちのコワモテ系が普通モードなんだろうな。

今日は、脇の子に注目!
まず、ラングドンを保管庫に案内してた瞳が鋭くない若いポール・ベタニーみたいな子(役名が覚えられなくて(^_^;))が、なかなかかわいい♪保管庫でパニくっちゃったところが見所でした(そうなのか?)
そして、誘拐犯がメガネくんで(←いかん、メガネ男子に弱いところがバレた)、ちとガイ・ピアースをワイルドに崩したみたいなタイプで、彼が出てくるシーンが楽しみになってしまいました♪お気に入りの場面?どS的には、自分で治療シーンかな!(笑)いやいや、淡々とお仕事する姿がクールで素敵でした。(ということにしておいてください)
と、そんな感じで、楽しくみました!
やっぱり、目をつける男の子が発見できないと、映画はつまらんのだ(断言)

でも、やっぱりユアンがダントツでしょうか~。
静かな瞳、静かな言い回しにすっかりやられてしまいました♪そして、クライマックスにむかっても素晴らしい!・・・・とここは、詳しくはかけませんが。シリアスな役柄でも、ちゃーんとユアン特有のチャーミングさも残っていて、ほんといい味出してるな~と思います(^-^)

しかし、死人がボロボロ出る映画だったな~(><)

そこは、フィクションだから、と割り切るしかないっすな。

さて、原作は、なんだか長そうで、どうしよう・・・と二の足踏んじゃいますが、映画観た後でも、オススメでしょうか?

7 thoughts on “天使と悪魔

  1. I am invincible !

    天使と悪魔

    次期教皇を選出するためのコンクラーベの最中、ヴァチカンは宗教象徴学者のロバート・ラングドン(トム・ハンクス)を呼び寄せた。

  2. 哀生龍

    >今日は、脇の子に注目!
    ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪
    まめさんが注目してくれた!!
    若いポール・ベタニーみたいな子 ⇒ Thure Lindhardt
    誘拐犯がメガネくん ⇒ Nikolaj Lie Kaas
    どちらも、デンマーク産でございますよ!!
    Thureの出演作は過去1作しか見ていないと思うのですが、ニコライ君のほうはいっぱい見てます。
    日本版になっている作品も沢山ある、日本で有名なデンマーク人俳優と言えば、マッツ・ミケルセンと彼が1,2を争うのではないでしょうか。
    お勧め俳優さんですよ!(顔は、まめさん好みとは言いがたいけれど 笑)
    ユアン目当てに見に行ったのだけれど、思った以上に出番の多かったこの2人に、哀生龍もかなり目が釘付けでした。
    ユアンは、何と言っても法衣とあの焼きごて・・・(笑)

  3. jan

     思った以上に巧く作られていて大満足でした。何にしても綺麗な教会の中や見れないだろう彫像が拝見出来て感動です。ちょっと死ぬシーンはグロでしたね。
     ユアンのまた新たな演技の幅をみせてもらった気がします。

  4. まめ◆哀生龍様

    ◆哀生龍さま
    おお~どちらもデンマーク産でしたか!
    お名前も出演作も、読めない言葉が多くて(^_^;)
    どこの方かな~とおもってたんです
    さすが、哀生龍さん♪
    へ~メガネくんのほうは、日本で観られる作品もあったんですね!
    マッツさんは、目から血ぃ流していた方ですよね?
    私も誰かと言えば、ユアン目当てでしたが、
    おもった以上にこの二人に目を奪われてしまいました♪
    焼き鏝(* ̄m ̄*)
    TBありがとうございました♪

  5. まめ◆jan様

    ◆janさま
    娯楽作としてバッチリ楽しめましたが
    原作先行のjanさまも大満足だったんですね♪
    グロいところもありましたが、娯楽に徹してくれていたので
    OKと思えました♪
    イタリア旅行気分で楽しんじゃいました(^-^)
    ユアンもよかったですね~
    特に最初の静かなたたずまいに、やられてしまいました(* ̄▽ ̄*)

  6. さとうさんた

    まめさん、こんにちは。
    再びコメントさせていただきます~。
    メガネ君、素敵でしたよね~。嫌われモノキャラなんだからときめいてはイカン!と思いながらも彼の出番が楽しみでした。
    ユアン、素敵でしたね~。黒服も似合っていました。
    オベリッティ(だったかしら?)役を小山さんが吹き換えされたそうでDVDが出たら吹き替えでも見てみたいです。

  7. まめ◆さとうさんた様

    ◆さとうさんたさま
    こんばんは~
    再度コメントすみませんでした(><)
    メガネくんのたたずまいは、なかなかのものでしたね!
    今、彼の映画をたくさんみていますが
    色々な役になりきって、演技派やな~と感心中。
    だからこの作品でも凄くかっこよくみえたのだと(爆)
    いやいや、本当に登場シーンが楽しみでした♪
    ユアンの平田さんもみたいし、小山さん!!
    おお~吹替え版とても楽しみです(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA