特攻野郎Aチーム THE MOVIE

映画を観るのは、どれだけぶりでしょう!
ここに昔どう書いてたのか、書き方も忘れちゃったよ(^_^;)
以下、(なるべく映画のきもには触れないようにはしたいですが)ネタバレがありますので、よろしい方だけREAD MOREからどうぞ~
監督:ジョー・カーナハン
出演:リーアム・ニーソン、ブラッドリー・クーパー、シャールト・コプリー、クイントン・ジャクソン、ジェシカ・ビール


以下、ドラマの日本語版、冒頭部分を引用させていただきます。
『ベトナムでならした俺たち特攻部隊は、濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、刑務所を脱出し地下に潜った。
しかし、地下で燻ってるような俺たちじゃあない。
すじさえ通りゃ金次第でなんでもやってのける命知らず。
不可能を可能にし、巨大な悪を粉砕する。
俺たち特攻野郎Aチーム!!!!!」
ハンニバル役の羽佐間道夫さんの、こんなナレーションではじまる楽しいドラマに、土曜の午後、わくわくと心を躍らせたあの日あの頃。
数年前に映画化の話がでたときは、想定されたキャストが非現実的だったこともあり、本当?と半信半疑でしたが、こうしてスクリーンで観ることができて、とてもうれしいです!!!
現代設定に変更してあったものの、基本は、ドラマがはじまる以前の、ことの発端となる事件が描かれていた。
ハンニバルとフェイスマンは映画以前からも組んでいた仲で(この二人の関係がとても良い!)、ボスコ(コングという呼び名はドラマ日本語版のオリジナルなので使われない)と、マードック(これまたクレイジーモンキーという呼び名は・・・以下同文)とは、出会いが映画で描かれていた。
何よりも、コング(この呼び名じゃないと、ぴしっとしなくて(^_^;))が、○○○嫌いになった理由が描かれていたのが嬉しい♪
そのコングだけれど、事前にドラマで演じたMr.Tが、映画でのコングの描き方に苦言を呈したような記事を読んだ気がする。(ソースが手元にないので、もし間違えていたらごめんなさい)
映画を観て、その理由はすぐにわかりました。
それはコングの描き方に限らずだけど、映画とドラマで、根本的に違うのは、人が死ぬ。悪を倒すためとはいえ、Aチームが直接手をかけて人を殺めてもOK、的な雰囲気。
ドラマは、とんでもない派手なアクションを繰り広げても、人が死ぬことはなかったのです。そこがAチームの持ち味のひとつでした。
そこが継承されていないのはかなり残念ではあったけれども、映画を楽しむために、ここは脇に置いた!
このことが頭にあっても、しっかりと映画は楽しめました♪
ドラマでは、精神病院からマードックを連れ出す役は、フェイスマン。
作戦を通じて、フェイスとマードックが近づいたきっかけ?のようなやりとりをみせてくれたのも、ニヤリ。としてしまった♪
ドラマの持ち味をきちんと引き継いだ映画キャストの配役も絶妙!
葉巻大好きなハンニバル。イマドキ葉巻こんなスパスパ吸う映画ってあったかな?のキメ台詞はもちろんシリーズを踏襲♪
一番イメージの差が心配だったのが、このリーアムハンニバルだったのだけれど、雰囲気を踏襲していたし、キャストに長身をそろえたことで、長身も気にならなかったですね~。
ちょっといっちゃってるマードックも雰囲気そっくりだし、心優しき力持ちコング(ボスコ)役のジャクソンさんも、生粋の俳優さんではなく格闘家だそうで、オリジナルのMr.Tもだびだびー(WWE)にでたことがある方ですから、特に気にならなかったし。
この二人の仲の悪さがシリーズの売りでもあったけれど、映画ではなぜかタップナードで懐柔されてたり。
彼らも、シリーズにいたるまでに色々あったのでしょう(笑)牛乳が出てこなかったのはちと残念!
私はシリーズでは、フェイスマン大好きでしたが、若い頃は、フェイスマン、こんなに怖いもの知らずだったんだ(笑)
一体何がきっかけで、格闘苦手にになったんでしょうね(^_^;)(←誤解のなきよう注記。苦手といっても口だけで、もちろんやるとなったらやります♪)女性関係で、相当痛い目でもみたのかしら?
でもシリーズがはじまる前の無鉄砲な若い頃と考えると違和感なし♪
むしろ映画フェイスマンも、とってもかっこよくチャーミングで大好き♪
前にも書いたように、ハンニバルとの信頼関係がとても素敵!
ハンニバルもフェイスをKIDとか呼んじゃって♪二人の出会いの経緯も知りたくなっちゃいます。
そして、シリーズではおなじみのキーワード”リンチ”。
映画のしょっぱなからこの名前をきいて、むふふん♪と思っちゃったりして。
(まぁ、そのあたりはおいておいて)
彼を演じるのが、「オペラ座の怪人」のパトリック・ウィルソン。
エンディングロール後の映像まで、たっぷりと楽しませていただきました!!
ドラマ知らなくても、映画として楽しめると思うんですがどうでしょう♪
是非、DVDで吹替え版をみてみたいです!
相方くんがサントラ欲しいそうなので、サントラのリンクも。
?

10 thoughts on “特攻野郎Aチーム THE MOVIE

  1. 哀生龍

    SECRET: 0
    PASS:
    色々設定が変わっている中、直接的に人が・・・という部分は残念。
    逆に、タバコが使われなくなっているご時勢に葉巻が継承されていたのは嬉しい部分。
    何より、ハンニバルとフェイスの関係の見せ方は、良かったですね!
    哀生龍も、更なる前段が気になります!!

  2. まめ◆哀生龍様

    SECRET: 0
    PASS:
    ◆哀生龍さま
    本当に、その部分だけは残念でした
    バイオレンスシーンがあっても、
    わざわざシーンにしてまで宣言させなくても
    よかったんじゃないかなぁと
    そこだけは気になるところでしたが、
    全体的な作品の流れと
    基本的なキャラ設定と
    何より、映画キャストが魅力あったので
    それはそれ、と思うことができました♪
    あれこれ妄想したくなる、二人の関係(笑)
    TBありがとうございました♪

  3. jan

    SECRET: 0
    PASS:
     最後のネタバレみたいなシーンに邦画ドラマの「ハングマン」を思い出した自分です。
     そうかーTVとの違いはそういう所だったんですね。歴代のファンにはかなり痛い設定変更かなー。まるで気付いていませんでした>< コング(吹替で観てたので、こっちのが馴染み深い自分)の飛行機恐怖症の元ネタが分かったのが楽しかったですっ!!

  4. まめ◆jan様

    SECRET: 0
    PASS:
    ◆janさま
    残念ながら「ハングマン」とどのあたりが似てるのかわからなかったのですが(><)
    (すみません、とことん海外ドラマみてたので)
    やっぱりコングはコングですよね~
    ドラマとのリンクをみつけると、とっても嬉しいですよね
    楽しかったです!!

  5. 白木庵

    SECRET: 0
    PASS:
    コメントありがとうございましたv
    まめさんのとことtop記事が同じネタになるなんてとっても珍しいので、
    記念トラバさせていただきました(笑)。
    ほんとに楽しい映画でしたよね!

  6. まめ◆白木庵様

    SECRET: 0
    PASS:
    ◆白木庵さま
    本当に珍しいですね!
    って私が、映画を観なさすぎるのですが(汗)
    オリジナルドラマ大ファンの私も
    とーっても楽しむことができたのは
    とても嬉しいことでした(^-^)
    これって、思いいれがあればあるほど
    難しいことだと思うので安心しました
    続編は興行収入次第だそうですが、
    あるといいなぁと思います♪
    TBありがとうございました
    話が全然それちゃうんですけど
    来月スパドラで放映されるトーマスさんの
    「蘇生~イヴィル・ネバー・ダイズ~」
    ってご存知ですか?
    とっても楽しみです♪

  7. takbout

    SECRET: 0
    PASS:
    やっと見てきました。
    最初は、どうでもよかったのですが、こちらの記事を読んですっごく見たくなったので、やっと田舎の上映時間との折り合いが出来て、ギリで見てきました。
    交通事情により初めの10分間が見れなくて、フェイスを奪還するハンニバルが見れなかったです。(ToT)
    (マードックの出会いは見れたのだけど)
    自分も早く、DVDを見たいです。
    吹き替えは昔のドラマの吹き替えの方々じゃなかったでしたっけ?
    やっぱり、自分は、昔も今もマードック=モンキーが好きですわ!

  8. まめ◆takbout様

    SECRET: 0
    PASS:
    ◆takboutさま
    ありゃりゃーーー(><)
    交通事情で10分見られなかったってきついですね
    フェイス救出作戦、とっても楽しかったので
    是非DVDでチェックしてくださいませ!!
    吹き替え版は、メインのメンバーは
    オリジナルのメンバーと違う方がふきかえています
    モンキー役の富山さんは残念ながら永眠されておりますし(TT)
    ただ将軍役にオリジナルのハンニバル声の羽佐間さんでした♪
    もちろん彼は彼の声でしたけどね♪(謎)
    私もDVD楽しみです!!

  9. NOB

    SECRET: 0
    PASS:
    まめさんの感想を読んで
    「なるほど~!」
    って思うことがたくさんありました~!
    なんでコングって呼んでないのか、人を殺さないのがAチームとか…etc
    TVはほとんど見たことがないので、細かい違いがよくわかりました(´ω`*)
    自分もハンニバルとフェイスが出会った時のエピソードは面白そうなので、見たいですね~!
    >ハングマン
    悪人を殺さずに、色々な仕掛けを使ったりして懲らしめるって感じなので、少し雰囲気は似てるかも?ですね~。
    あ、ちなみに自分はハングマンもほぼ見たことないです(笑)。
    *TBさせてもらいました~(´ω`*)

  10. まめ◆NOB様

    SECRET: 0
    PASS:
    TBありがとうございます~♪
    色々違いはありましたが、
    TV版を知らなくても楽しめた作品だったので
    多くの方がAチームを知ってくれて、うれしかったです~♪
    ハンニバルとフェイスの出会ったきっかけは是非次回作に盛り込んでほしいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA