Tiger&Bunny The LIVEライブビューイング行ってきた!

タイバニの舞台、ギリギリにチケット買って、映画館から鑑賞しました♪
最初は、アニメの舞台化ってどうなの・・・と思っていたのですが、期待以上!でありました。楽しかった!
以下、ネタバレがんがん感じたままにいきますので、続きから。


私が向かった映画館は満員御礼。
タイガー&バニー&スカイハイによる映画館注意事項(タイバニ映画予告付)を聞いて、トイレにかけこんだり毛布に埋もれるタイガーのラブリーさんにひたりつつ、ビューイングスタート!
と言っても、しばらく開演前のZeppが映し出されているだけですけどね~
映画館のほうで、サイリウムを持っている方がちらほら。
その謎が、前説で判明。
どうやら、ブルーローズコンサートシーンがあるらしい。(だから青いサイリウムをみんな最初に用意してたんだ。そのあと、赤と緑もすかさず用意。みんな準備いいな~)
前説は二部リーグのミスバイオレットとスモウサンダーが担当。
あぁ~アニメが生になるってこういうことなのかぁ。その再現っぷり、本編にめちゃめちゃ期待した♪
そしてかわいかった♪
注意事項とブルーローズの振り付け指導などが入り、いよいよ本編です!!
冒頭で、舞台に、映画の予告がうつしだされ、それを大写しにしたものが、映画館でうつしだされるのですが、昔の液晶画面みたいに画素いっぱいいっぱいで、最後のテキストの部分が、全部つぶれて白い点々が並んでるだけ。思わずウケる映画館(笑)
うふふ、この気持ちは、ライブビューイング組しかわかるまい(^^ゞ
ブルーローズコンサートスタート!
すごい!貧乳(←失礼)でお尻ぷりぷりなブルーローズ。まさにブルーローズ♪
更には、BTBも登場。
なんとまぁ、ヒーロースーツでたけふじポーズからのスタートw
あれは、ダダダダン!で最後のポーズではなかったのか?(笑)
とまぁ、いちいちツボ、おさえてくれます♪
ヒーロースーツのタイガーとバニーは、いちいちドタドタしているタイガーと、動きがしゃきしゃきしてスタイリッシュなバニー。これまたちゃんと再現されているのがすごい♪タイガーのダンスがワンテンポ遅れてみえたのは、幻か現実かwとにかく振り付けがかわいくて大爆笑w
あぁ~ヒーローのコンサートって、こういう感じなんだぁと、14話疑似体験できて楽しかったよ(笑)
新曲が!?と思ったところでBTBに亀裂が!
の、バニーとブルーローズのマイク百恵置きw
若い子、元ネタわかるの?な昭和のにほひするネタがちょこまかと飛び出した舞台でもありました。
ここでも、おろおろタイガーかわいいぞ~
まみむめマシューさんの突撃インタビューも楽しかった♪
彼のお顔とテンションは、事前に手話ダンス映像をみていたので、すんなりとはいっていきましたw
マシューさん、お名前拝見したら、あれ、スカイハイのスーツ着てる方やん。
マシューやってスカイハイの代役やって、がんばりましたねぇ(TT)
この時、ブルーローズの後ろで踊ってたダンサーちゃんたちが影に、ミス・バイオレットがスイッチャーメアリーに(激似)、スモウサンダーはMr.M(LIVEオリジナルキャラ)に、とみなさん早変わりお疲れ様でした!!
舞台の装置は、最小限。
中央と左右のスクリーンに映像をうつして、うまく利用していたのがすごい!
特に戦闘シーンが、映像との融合で、みんなの技までみごとに再現されてました♪
会場の通路もいっぱい使ったアクションは、すっごいく華な戦隊ショーをみた気持ちww
ここからは系列追わず、キャラごとに。
●アニエスさん
いや~アニエスさんでした!立つ姿、歩く姿、組み替える足、腰のラインから胸の張り具合まで、すべてがアニメのアニエスさんっぽかったです。
終始尻と胸をつきだしたラインの再現・・・あれ、絶対腰痛くなるよ~(><)
スタイル抜群で、この方なら、ほぼ裸の水陸両用ヒーロースーツも似合いそうだ、と思いました(笑)
他のキャラは声質からの出し方までアニメキャラとそっくりだったのですが、アニエスさんは、ヅカ男役!という感じでした。でも、最初の違和感は途中でふっとんで、生アニエスさんを堪能しました(^-^)
●スイッチャーメアリー/ミス・バイオレット
ミス・バイオレット、すごく元気でかわいいの~♪そして、足ながっ!
ヒーロースーツは、体にフィットしたものが多く、今回みなさんのお体、凝視しちゃったものですが、ほんとスタイルよかったな~
転じて、メアリーがアニメにそっくりでびっくり♪
●ブルーローズ
曲は、寿さんのものを流していたのだと思うけれど、ちょっとズレて聴こえてきたご本人の声も違和感なしでした。
最初にちょっと書いた生意気ボディの再現とともに、立ち姿やアクションが
女の子らしく、ちょっと内またっぽくなるところまで、ブルーローズそのもの♪
カリーナ姿もチョーかわいかった♪
タイガー待つ姿は、恋する乙女♪
●折紙くん
端正なお顔で、ちょっと大人になった折紙くんという感じでした。
いきなり台詞をかんで、ああああ折紙くん!と最初から応援させてもらえましたw
しかし動きはじめると、いや~身軽だ身軽だ。びっくり。
生身でこれだけ戦えるならば、スモウネタは、スモウサンダーに譲ってあげてw生身の折紙くんの活躍という幅が広がるのでは?と次回作に期待をこめて(^-^)
とにかく、彼が動くと彼に目が釘付け~
●ドラゴンキッド
ドラゴンキッドがそのまま舞台にいた!
声のトーンも似てるし。
違いは、アニメのドラゴンキッドよりも笑顔がいっぱいだったかな~
アニメでは華がないと言われていたけれど、華のある元気印なドラゴンキッドだった♪
とにかく元気がよくて、動く動く!
どんだけ体やわらかいの~な技の連発。股割れる割れるw
高いところから飛び降りるなんて、なんてことないよ~とぴょんぴょんしてくれてました♪
パオリンちゃん衣装のほうも、スタイルまでパオリンちゃんしてた!と驚き。
またまたアニメの再現っぷりに驚いていたところ、まだまだ上がいた・・・
●ファイヤーエンブレム
何?津田さん中入ってるんちゃう?ってくらい、アニメからそのまま飛び出してきたかのごとく激似なねーさんに驚きを隠せませんでした(笑)
実は、舞台化のキャラクターをみたとき、ビジュアル的に一番の不安を抱えていた私ですが、その不安は宇宙のかなたへ飛んでったぞ~
ネイサンでした。ほんっとまじネイサンでしたw
えーあのスタイル、あの物腰、あの口調に声!
そのまんま再現できる人がほんとにいたなんて~(@_@)
くいっくるはんどわいぱーくっつけたみたいな髪型もとってもお似合いでした♪
役者さん、193cmもあるんだ~
確かネイサン188cmだけど、ヒーローたちが並んだ時のバランス的にも、等身とか含めて・・・ネイサンでした(笑)
彼・・・いや彼女に関しては、アニメとの違いがみつけられないくらい、完璧でした!
ロック・バイソンとのからみとかさいこーw
影に顔ぶたれて男化するとこもさいこーwww
●ロック・バイソン
今回、折紙くんとともに、ヒーロースーツが用意されなかったキャラ。
ところが、この牛さん、また豪快なアクションがすげーーー!!!
スーツ着なくても堅いんだから、着なくていいんちゃう?とまで思ってしまった、アクションの数々に胸熱!!
3階くらいの高さのところから敵キャラと一緒におっこってきたよ!
ビジュアルもだけど、みんな声まで似ててすごいなぁ~
少し、たいてむさんにも似てたようにみえたw
アクションしはじめるとすっごくかっこよいのに、ちゃんとオチ役、三枚目役も演じられていて、これぞロック・バイソンの正しい姿!と思わせてくれましたw
いや~バイソンさんにかつがれたい!!!!頼りになる男!!!
胸毛を飛ばすご挨拶では、会場までいって拾いに行きたい衝動にかられました♪
ロックバイソンファンよ。本編でたまったフラストレーションは、舞台で晴らそうw
●スカイハイ/まみむめマシューさん
演じていた永徳さんのお怪我により、私がみたライブビューイングでは、キースくんの姿は拝めず。
ということで、スカイハイは、ヒーロースーツだけ語ろうかと思っていたら・・・マシューさんがスカイハイの中でがんばっていたとな~
マシューさんは、事前にオリオン手話映像でみていたので、何このテンション高い人wって思ってたら、まさかJAEの方とはw
マシューさんの客席インタビュー、職人技でした。楽しかった♪
スカイハイの飛翔技もがんばっておられました~
なぜか影に運ばれたりw
が、(剛さんのせいで)キャラ立ちしてるスカイハイ、やっぱりスーツシーンだけだと少しだけ物足りない。
キースくんにも会いたかったなぁ。。。
いつか永徳さんのお怪我が治られたら、ぜひ完全版を!お大事に、ゆっくり治してください。
●ヒーロースーツのタイガー&バーナビー
よーく研究してますね~
タイガーの立ち姿歩く姿は、がにっとどっかり。踊り姿は若干どたばたw
バーナビーは、終始スタイリッシュにスっという感じ。
立ち姿、戦闘シーン、歩く姿から踊る姿まで、ちゃんと中に虎徹さん、バニーちゃんが入ってると感じさせてくれてました。
戦闘シーンになると、足技繰り出せるバーナビーのほうが派手に活躍してみえた。
というのは、蹴り技のほうがどうしてもパンチ技よりも派手にみえるせい。
決して、中の二人に差があるとかそういう意味ではなく、見え方の話ね。
内心、おじさんも蹴っちゃえ~と思ったけれど、そこはちゃーんとキャラわかってる。
あくまで中におじさんが入っているタイガーとしてかっこよい殺陣みせてもらいました♪
もともとの身体能力の差を考えても、この見え方の差が正解なのかもしれないw
見切れる折紙くんをどついて走り去る姿は必見!!おじさんがいたよ!(笑)
●バニーちゃん
バニかずさんでしたw
声はまぎれもないバニーちゃんだし、確かにバニーちゃんでもあるんだけど、やっぱりバニ田バニかずさんw
設定が14話くらいということなので、バニーちゃんが変な水着を着てポーズとっているあたりと考えれば、まさにハマりまくり!!
舞台化されるとき、身長が!とつぶやいておられたように記憶していましたが、虎徹さんよりちっちゃいバニーちゃんも、それはそれでアリ♪しゅっとしたスタイルはちゃんとバニーちゃんのものでした♪
ただ残念なのは、かつらが赤毛で、ちょっとういていたような・・・
森田さん、髪切らなければよかったのに~(><)再演は、ぜひ地毛ブリーチで♪
正義の歌がきこえるダンスのときは、バニーちゃんから目が離せませんでしたよw
そのあとの、落ち込みっぷりもかわいい♪
舞台バニーちゃんはバニ田さんが入って、ちょっとお茶目にバージョンアップしていたように感じました(^-^)
なぜ、脱ぐ・・・何そのあきすぎシャツ・・・とかねw
しかしこの方は、身体能力高いですね~リアルバニー♪
ダンスも生身アクションもキレがよかったです(^-^)特にダンスwwwww
ダンススタート時と最後の表情の違いにも注目!
●虎徹さん
リアルおじさん!!
最初は、平田さんにしかみえなかったんだけど、リアルにおじさんでそのリアルさがまさにおじさんでした。(←意味不明)
失礼を承知で書くけれど、ビジュアルの再現度は一番低かったのではないかと思う。
でも、それはアニメの虎徹さんがおじさんにしては若すぎて痩せすぎてるってことが要因で、むしろ、リアルにおじさんだった。舞台虎徹さんが本当の意味で虎徹さんだったんじゃないかと。
細い脚はばっちり再現されてたよ!
そして当然、声は本人ですから、まさに虎徹さんだったわけで♪
別の人がやったとして、万が一にも似た声質の方が見つかったとしても、平田さんのあの言い回しを再現するのってすごく難しいんじゃないかなぁと。いろんな意味で平田さんでなきゃ演じられなかった役だと思う。平田さんでよかった!
動きもすっごくおじさんでかわいかったな~(*´ω`*)
特に、楓ちゃんとのからみがかわいいことかわいいこと(*´ω`*)
お と う さ ん の     ば  か    ? の顔技なんかもうかわいすぎて反則技です!!
あと、ダンスシーンでは、一人ワンテンポ遅れてとまどう感じが、まさに虎徹さん。
鈍感度はアニメよりも更に上いくw終始かわいさ全開のおじさんでした♪
虎徹さんもアクションがんばってて、おお!となってしまった。
しかし、ついつハラハラとみてしまって、客観的にどうだったかよく覚えていない(^^ゞ
●楓ちゃん
かわいー!ちょーきゅーとっ!!
楓ちゃんあっての虎徹さん。もう二人のやりとりのシーンがかわいくてかわいくて。
一番、アニメに近く安心してみられたシーンでした♪
バニーちゃんのサインが・・・そうか・・・そういうことかw
とまたアニメとのつながりがみえたりして(笑)
●ヒーローアカデミー教官
大場健二さん!!!JAC(JAEの前身)の大御所。
決めポーズのところなんかは、ギャバンネタやバトルケニアネタが出てきたらしいが、ちょびっとしかわからなくて残念。
お茶目なおっさんという感じ。とってもチャーミングな方でした♪
しかし、いきなりダンスシーンへいったのはびっくり。てっきりみんなへアクション指南かと思ってた(笑)
バディにとっても、すっごい重要人物だった♪
おかげであの名シーンへ・・・(笑)
シリアスなのに笑いが起こったけど、二回目は狙ってますよね?(笑)
そしてオリジナルキャラのバベルさんにブライアンさん。
それぞれに、アニメに出てきてもおかしくない”らしい”役柄を演じられていて、みごとなタイバニの世界が三次元化されていたことに感動!!ただただ感動!!
ブライアンのカーテンコールの姿には、思わず目がしらを・・・(笑)
なんかそういう細かいとことかが、すっごい良い!良いのだよ!!
聞いた話では、設定が14話の頃ということらしく、そう考えると、アニメのおじさんがバニーちゃんを叩くあのシーンやあのシーンもそういう意味だったのか~。。。なんていろいろ考えさせられました♪
ポーズを決めるシーンは、桂さんが描いたCOMICのネタ続きって感じもあって、あっちこっちリンクしてたのが楽しい♪
そうそう、巻き込まれ少女もちゃんといるという細かさw
最後の「オリオンをなぞる」手話ダンスでみなさんの笑顔みてたら、涙出てきた。
素敵な作品をありがとう!そしてありがとう!!と私は言いたい!
なんかまだまだ書きたいこといっぱいあったはずなんだけど、私が語っても仕方ない気がしてきた。
11月にDVD化されますんで、ぜひみてみてくださいませ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA