三銃士(1993年)

1993年
監督:スティーヴン・ヘレク
出演:キーファー・サザーランド、クリス・オドネル、チャーリー・シーン、オリバー・プラット ほか

自分用覚書。


「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」をみたばかりなので、いろいろ比較できる楽しさ♪
多分、こっちが普通の三銃士なんだろうけど。
この三銃士は原作に割と忠実な三銃士ということでいいんだろうか?
ディズニー印なので安心して観ました。
楽しくわかりやすかったです♪
基本形がわかってよかった(^-^)
出会いの決闘シーンはデフォルトのようだけど、両方の映画で少しシチュエーションが違ったので、どっちが本当なのか気になるwもうひとつの「三銃士」をみたら、答えはでるかしら
「王妃の首飾り~」では、銃士隊の活躍が少し物足りないと思っていたので、
じっくりと剣の戦いを堪能した。そしてプラス、乗馬シーンも多くて嬉しい。
「ロック・ユー!(Knight Tale)」が大好きなので、馬上で剣なんか持っちゃって戦ったりしたら最高にうれしい。(あっちは剣じゃないけど)
この時代の戦いは、こうでないとね~♪
袖がふわっとした白ブラウス&剣の戦いの組み合わせにが大好きな私にこの時代のアクション/コスチュームプレイは最高に萌える。
ダルタニアンの夢かなうシーンは、すんごい気持ちが盛り上がった!
「首飾り~」のほうでも、このシーンあったらよかったのに~
あと、細かいことだけど、この作品の剣がすごく好き!持ち手のところの細工がとっても好み♪
クリス・オドネルのダルタニアンが、元気で身体能力高くてくるくるひょいひょい小気味よくて良かった!
最近の姿にみなれていたので(NCI:LAとかの)銃士になりた!とキラキラ目を輝かせる青年役、くるくる巻き毛がかわいいw
アトス役のキーファー・サザーランド、今まで観た作品のキーファーの影響か自信の暴れん坊ぶりのせいか、彼は悪人顔、という位置づけが自分の中でできあがっていたのだけれど(ジャック・バウアーなのに)、おひげにくるまれて出ている目が優しくて、意外にも今作でアトスが一番気になったキャラとなった。
あと、自分で意外だったのが、ポルトスのオリバー・プラットがかわいくみえたことw
涙もろくて力持ち。ぴったりでした(^-^)
でもって、ティム・カリー!!!
怪しげで好きよ!!いかにも悪代官様な風貌と演技が素敵すぎるw
他にも、ミラディにレベッカ・デモーネイ、王妃さまにガブリエル・アンウォー、コンスタンスにジュリー・デルピーなど90年代ヒット映画の顔ぶれが懐かしくも楽しい!みなさん今あまりみませんが、考えてみれば20年もたってるんだもんね(^^ゞ
そして、忘れちゃならないのが音楽の三銃士!
エンディングはブライアン・アダムス、スティング、ロッド・スチュワートと、すごい顔ぶれで歌っているのだ。
ブライアンは、この2年前に「ロビンフッド」でも主題歌(Everything to do)I do it for youを超ヒットさせていたので、一番年下のブライアンがメインになれたのだろうな。ビッグネーム三人で歌ったという話題性の割に、主題歌として、do it for youほどの印象は残せていない気がしたのが残念(><)
哀生龍さんに、入門編はこれ。と教えていただいた通り三銃士初心者に優しい映画でした♪
(ありがとうございました♪)
海外ドラマファンとしては、三銃士流れのまま「ヤング・ブラッド」も観ておくべきだろうか
興収見る限りは、いまいちなのかな(^^ゞ
クリス・オドネルのヒットドラマ、NCIS:LAがテレビ東京で2013/2/18昼12:30から帯放映予定。
成長したクリスがみたい関東のかたはぜひ♪(宣伝隊?w)

3 thoughts on “三銃士(1993年)

  1. 哀生龍

    SECRET: 0
    PASS: c91e6b1d56107216efcfe9a46a2c1d32
    三銃士とダルタニアンの最初の出会い&決闘は、絶対に外せないデフォルトです!
    これは何が何でも外せません!!
    キーファー・アトスを気に入ってもらえて良かったです(笑)
    哀生龍は若い頃の印象の方が強いので、キーファーと言えば“良い所のお坊ちゃん風情”なのです。
    「ヤング・ブラッド」は、ティム・ロスがカッコイイので好きなのですが、三銃士物としてはお勧めしにくいです。
    西部劇風アクションとワイヤーアクション(香港風アクション)がウリとでも言いましょうか・・・

  2. まめ◆哀生龍様

    SECRET: 0
    PASS: e7b58ff9e469b4ad0a90680642cf3d27
    ◆哀生龍さま
    やっぱりデフォルトなんですね~♪
    少しづつ、シチュエーションが違っていても、
    時間と順番だけは、変わらないんですね(笑)
    観る映画によって、イメージって違いますよね~
    方や悪人顔、方やいいところのおぼっちゃま
    ティム・カリーも、いいおっちゃんの笑顔と言う方もいれば、
    私にとっては、裏がある微笑みにしかみえない(^^ゞ
    そのイメージの違いを発見すると、また楽しいんですけどね!!
    比較好きの私には、いろんなパターンがある三銃士ってとってもよいかも♪
    いろいろご紹介ありがとうございました~
    「ヤング・ブラッド」はオススメできない三銃士なんですね~(^^ゞ
    主役が「グレイズ・アナトミー」や「コールドケース」(3話で降板したけど)の
    ジャスティン・チェンバースだから気になるってだけなんですけどねw

  3. I am invincible !

    ディスニーチャンネルで見た三銃士

    初心者向けと言ったら良いだろうか。 枝葉を落としてストーリーを分かりやすく組み立て直し、複雑な政治背景や人間関係を気にせずに、三銃士とダルタニアンの活躍を楽しめる作りに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA