アウトバーン・スピード 7-8.暴走と逃走の果てにの絆

Alarm fur Cobra 11-7シリーズ
105話
制作放映順ではなく、日本のDVD順にレポしています。
97話を1話にすると、ドイツ放映順だと9話。
アウトバーンを飛ばしていくポルシェに乗った若い男女
追跡をはじめるヤンとゼミルだったが、ポルシェが発端で起きた多重事故に阻まれ取り逃がしてしまう。
ポルシェの所有者の元へ行くと、所有者は別の車のトランクに押し込められていた。
二人はポルシェを盗んだ二人組を追うことに。
cobra11_7_8_003.jpg
防犯カメラに気付くヤン
科学捜査という言葉が結構出てくる回。
この頃のコブラ11は、実に旧式な捜査をしているのだけれど(これ2003年のエピね)
きっとドイツでもCSIがはやりだしたのだろう(笑)
ヤンがガラスにうつった犯人の顔をとらえるところなんかも、それ風♪
ちなみに借りてきた防犯カメラの映像はビデオテープ♪
で、今回もおぃおぃ吹き替えバージョン。
ヤン「待ってくれ」
ゼミル「びっくりしたーリングじゃないんだから。呪われた映像でも写ってるのか?」
リングもはやった頃らしい(笑)
(字幕は普通です)
cobra11_7_8_006.jpg
でもって、ヤンはそういうところ鼻が利く
その都度、ゼミル、俺ってすごいだろー?って顔でみるのが好き♪
その都度、ゼミルもすねたりせず素直に、お前やるな~って顔で返すのもまた好き♪
懐深い先輩っす!
cobra11_7_8_007.jpg
そうそう。ヤン今日は紺のベンツ。
黒のベンツとナンバーは同じ。
日本の順番でいえば、前回、ヤンの車は電車につっこんだことになってるので、ここで新車にしたってことなのか?
前半でもコレ乗ってたような気がする。
車を並べると、撮影順がわかるかも知れない(笑)
個人的には今回前半のようなブルーの車にブルーのシャツがお似合いで好き♪
cobra11_7_8_010.jpg
鍵を開ける(不法侵入)たびにカードを割ってしまうらしいゼミル
今日もヤンのビデオ店の会員証がさようなら(笑)
割るなよ。って言った瞬間割れた時のこのあっけにとられた顔が最高♪
それでも次のカードさしだすヤン、素直だな笑)
しかも自分の尻ポケットにいれようとするゼミル、確信犯では?(笑)
自分のカードでやらないの?それとも、自分のはもう全部割った?(^^ゞ
cobra11_7_8_019.jpg
それぞれ尋問して口を割らせる作戦♪捜査ものの定番ということで♪
口裏あわせなくても、それぞれやることがわかってる二人がいい♪
今日のラストの追跡は、ドリフの車(w)じゃないからスピンターンも楽々♪
車無傷で良かったね~
今日は冒頭から慰安旅行先でもめてたのだが
(ヤンとゼミルはカートレース場派)
結果・・・
cobra11_7_8_020.jpg
サイクリングに決定!
全員でそろってサイクリング姿って珍しくてよいではないですか(笑)
ディータさわやかだな!(笑)
で、カート派だった二人は
cobra11_7_8_024.jpg
なぜかボロボロの二人乗り自転車。
カート場がもえたって(^^ゞホッテが放火したんだろうと推測(笑)
すっごいうらみがましい目で走ってました( ̄▽ ̄メ)
でも、二人の普段着がみられてよかった!
特に、スーツにシャツが多いヤンのカジュアル~♪
ジーンズに白いタートルネックのざっくりせーたーがかわいいじゃないですか(*^^*)
ただし息がまったくあわずに蛇行しまくり・・・・
自転車じゃダメなのね(^^ゞ
さて、ラストでも吹き替え暴走中。
「シートがあたって痛い!」を連発するゼミル
そんなこと字幕では言ってません(^^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA