宇宙人ポール

2011年
監督:グレッグ・モットーラ
脚本、出演:ニック・フロスト、サイモン・ペッグ ほか

さらっと自分覚書


おちゃらけETってところだろうか
ロードムービーって結構好きなものが多いんだけど、宇宙人のヒッチハイクは始めてだ(笑)
SFオタクの夢?
SFをよく知らないので(ドラマシリーズ「ダークスカイ」程度)、不安になりつつ観たけれど、ばっちり楽しめたのは、私程度の知識でもわかるコネタがあったからかな♪コネタを別にしても、十分楽しかったけどね。
スピルバーグ、本人が声やったの!?(笑)そういうところも、おおらかでいいですね~♪
それなのに、このB級感(笑)そこがよいのです。
監督のグレッグ・モットーラ、こういうコメディを得意としているのかと思ったら、監督作(テレビ)に「ニュースルーム」があって驚いた。報道メインのコメディとは遠い位置にあるドラマのシーズン1の1話の監督を担当していたなんて。このエピソードをみて、お気に入りドラマになったのだ。
出演者の中で、彼らを追いかける捜査官がちょっと気になっていたのだが、調べて驚いた。
ジェイソン・ベイトマン。「ファミリー・タイズ」のマロリー役、ジャスティン・ベイトマンの実弟で、「大草原の小さな家」ではインガルス家の養子の一人を演じていたのだよ。子役で知ってる子を大きくなって知ると、近所のおばちゃん気分になります(笑)
おーきくりっぱになってー(涙)
「Glee」のスー先生役ジェーン・リンチの登場もうれしかった。
ビッグガイやら・・・キャストみんな、大なり小なりSFにかかわってるのだね~わかる人にはわかるキャスティングなのかな?
後味よくいただきました♪
・TBありがとうございました。なぜか受付ることができずに申し訳ありませんでした。
I am invincible !宇宙人ポール(哀生龍さま)

2 thoughts on “宇宙人ポール

  1. 哀生龍

    SECRET: 0
    PASS: e7b58ff9e469b4ad0a90680642cf3d27
    型にはまった宇宙人像を叩き壊すようなポールと、2人のおたく。
    もうこの3人だけでも十分面白かったですね。
    ゲイカプに間違われたり、“ゲイカプが3人目の男の登場でギクシャクしているような状況”になったり(苦笑)
    ジェーン・リンチやシガーニー・ウィーヴァーにも、かなり笑ってしまいましたし。
    で、まめさんの記事を読むと、まめさんと哀生龍の認識のずれが、また面白くて(笑)
    グレッグ・モットーラ監督は、哀生龍にとっては「スーパーバッド 童貞ウォーズ」の監督。
    なので、まめさんの記事を読み「報道メインのコメディとは遠い位置にあるドラマのシーズン1の1話の監督を担当していた」と知って、逆に驚きました。
    また、ジェイソン・ベイトマンの事は色々な作品で良く知っているつもりだったけれど、ジャスティン・ベイトマンと言う女優のお姉さんがいるとは全く知りませんでした。

  2. まめ◆哀生龍様

    SECRET: 0
    PASS: e7b58ff9e469b4ad0a90680642cf3d27
    ◆哀生龍さま
    三人のやりとり、最高に楽しかったです♪
    三人の友情ストーリー・・・宇宙人というのを忘れていました(笑)
    いやぁ私も驚きましたよ~
    てっきりこの作品のような感じがお得意かと思ったので、
    正確には、監督したのは1話だけではないようですが
    シリーズの顔ともいえる、大切なシリアス報道ドラマの1話をやっていたというのは驚きです。
    ジェイソン・ベイトマン、いろんな映画に出ていたんですね~
    ずっと観たいと思いつつ観れていない「JUNO」や
    あと「ハンコック」や「消されたヘッドライン」あたり観てみたくなりました。
    お姉さんのジャスティンは、「ファミリータイズ」でマイケル・J・フォックスの妹役をやっていました♪
    TBありがとうございました。
    なぜか受付られずにすみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA