人生の特等席

2012年
Trouble with the Curve
監督:ロバート・ロレンツ
出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス

さらっとさらっと自分覚書


メジャーリーグスカウトマンであるガスは、老いのため、視力にトラブルを抱えてきていた。
かくしてはいたが、何かを感じた親友のピートが、長く離れて暮らしていたガスの一人娘であるミッキーに連絡した。
ガスの様子を見に来たミッキーは、一度は喧嘩別れするが、思いなおし、スカウト期間だけ、ガスのそばについていることにする・・・
とても優しい映画でした。
そういう映画は嫌いではなく、むしろ好みなのだけれど、どうも今日は気分の問題か、先が読めすぎたせいか、ありがちって思ってしまって、素直に浸れなかったです。
それが現実とはいえ、スカウト候補対象に対する容赦のなさも、もやもやが残ってしまった。
父子の話を中心かと思っていたら、突然ラブストーリーになったりして、気持ちがあっちゃこっちゃしてしまったのも原因かも。多分、下手に内容を知っていただけに、期待しすぎてしまったダメパターン。
こういう私は徹底的に内容を知らずに観ないとダメですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA