清須会議

2013年
監督:三谷幸喜
出演:別所広司、大泉洋、小日向文世

さらっとさらっと自分覚書


三谷幸喜氏がみずから書き下ろした小説を元に映画化されたもの。
織田信長亡きあと、織田家のあととりを決める清州会議を元にした喜劇作。
日本の歴史が苦手なので、ほとんど時代ものは観ないのだけれど、三谷映画ならば大丈夫だろうと思ったら、大丈夫でした(笑)
今の言葉と昔の言葉がごっちゃになって、和洋折衷的なわかりやすさ。
歴史好きの相方が、人物とかなんの説明もなくて大丈夫かな?と心配していたけど、この頃の名前は、字で読むほうがよっぽど難しい。信雄ってのぶおじゃないの~?なんてやっているので、小説のほうが難航している(^^ゞ
本能寺の変も描いているのに、戦国時代ものの生臭さは皆無。
三谷作品なじみの面々や台詞、設定の安心感。
期待以上でも以下でもなく、いつも通り楽しく気楽に鑑賞できた。
ただ、前に書いた”三谷さんの映画は、ちょっとドキドキ、ちょっとファンタジーで、ちょっと笑えて、ちょっとホロリ。”
鑑賞後、楽しかった!と思ったけど、何かたりないような?と思っていた理由がなんとなくわかった。
この映画は自分が好きなポイントに、ちょっと足りない部分があった。
小説のほうは、それぞれののキャラの視点でモノローグで全編書かれている。
難航しつつも、背景なんかも詳しく描いているので、なんだかんだと映画にプラスアルファわかりやすい。
がんばろー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA