ワイルドスピードX2

2003年
2 Fast 2 Furious
監督:ジョン・シングルトン
出演:ポール・ウォーカー、タイリース、エヴァ・メンデス、デヴォン青木

ネタバレあり


再鑑賞なのでネタバレありにするつもりでしたが、あまりストーリーに触れてないような・・
ポール中心。
ロスからフロリダに舞台を移したワイルドスピード第二作。
ロス市警での潜入捜査時にドミニクを逃がしたことから、追う者から追われる者へとなっていた。
潜入捜査で味をしめたか、フロリダでストリートレースの凄腕レーサーとなっていた。
ある日、いつものようにストリートレースを終えると、警察の姿が。
捕まり連行されてしまったブライアンは、かつての上司から、新たな潜入捜査の打診を受ける。
受ければ、これまでの罪はチャラという条件で。
相棒を自分で選ぶことを条件に、再度潜入捜査へ向かう
相棒に指定したのは、幼馴染のローマン(タイリース)だった。
シリーズ2作目は、1よりも娯楽色が濃くなっている。
レースも、まっすぐの馬力勝負だけじゃなく、市街地を走るので、派手見せ技術も必要で、楽しさが倍増している。
車なんて、一気にバブル化したような、いやもうカラフルカラフル。煙に巻く大作戦のときは、あまりの派手さにケラケラ笑ってしまった(笑)車をあまり知らない自分でも、視覚的にも楽しめる作品になっていた。
ブライアンも、一作目では普段の会話をしていても、どこか力の抜け切れない緊張感が漂っていたのだけれど、仕事放棄した末の逃亡生活でふっきれたのか、マイアミの風のおかげか、性格かわった?(笑)ってくらい、リラックスしている。タイリースとは大親友になったわけですが、とにかく底抜けに明るいタイリースにひっぱられた形だろうか?
それはそうだよね。潜入捜査のために近づいた男と、昔馴染みとでは、心許せ度が違う。
ノリがもう、親友同士バカやっちゃおっか。的な(笑)
一作目は表の顔、二作目は裏の顔、というのは言葉が悪いけど、ポールの素の部分もちょっと出ているんじゃないかと、嬉しい作。
ずっとブライアンの表情が豊かで、私は一作目よりこちらのほうが好きなのだ。
ファッションも、ハーフパンツに白ソックスにスニーカーだったり(笑)なんかあんちゃんあんちゃんしててかわいい(笑)
特典には、通常のメイキングのほかに、テズ役のリュダクリスのMVメイキングも。
ポールも出演していたのね~共演女優さんとうまく仲良くなれなかった?「彼私を怖がってる」に「彼女こそ冷たい」ってなんかかわいかった♪
NGシーンは、タイリースのおちゃらけ集にも思える(笑)ポールもめちゃめちゃ楽しそうだ!!
1の特典で追記したけど、1から2につながるショートフィルムは当然こちらにも入ってます。
2の特典は、スポットライトが俳優ごとにあたってるのがみやすくてよいですね。
監督、ポールとタイリースを「アホコンビ」って爆笑ですよ(笑)
いたずらっこ二人のとーちゃん役は大変だ!
そしてポールはタイリースを「俺のダチ」と言うとタイリースは「俺の犬」だって(笑)
大あくびポールもかわいいし(*´ω`*)
2の特典は終始笑顔になってしまう。
タイリースは、自分が知りうる限り最初にポールたちの事故現場にお花持ってかけつけてくれた方。
その場で静かに涙を流すタイリースみて、すごく泣けてしまった。
ありがとう。
RIP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA