ワイルドスピードMAX

2009年
Fast & Furious
監督:Fast & Furious
出演:ポール・ウォーカー、ヴィン・ディーゼル、ジョーダナ・ブリュースター、ミシェル・ロドリゲス 他

ネタバレあり


再鑑賞なので、ネタバレ全開でいきます。ポール中心。
ブライアン(ポール・ウォーカー)は、X2でののマイアミでの事件の活躍により無罪放免となり。FBI捜査官としてロスで捜査活動に復帰していた。
一方のドミニク(ヴィン・ディーゼル)は、南米で変わらず仲間たちと車を駆使した強奪を続けていた。
ある日、恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)の死を知らされたドミニクは、復讐のためロスに戻るのだった。
ブライアンとドミニクが追う者が一致。捜査官として、復讐者として、それぞれの立場で悪を追い詰める!
初期モードに戻り、ストーリーもシリアスに戻った4作目。(Paulが出ていないので、TOKYO DRIFTは未見。)
それぞれの俳優さんがそれぞれに活躍した後での同窓会チーム!
8年たって、また全員集合できて、それが大ヒットってすごいことだと思う。
スーツ姿のブライアン!いやぁ、新鮮でした。
スーツに革靴でのアクションは大変そうでしたが、男の戦闘服!という感じで私は好きです。
もちろん、いつものTシャツーモードがポールらしくて一番しっくりくるけどね。
マイアミでのブライアンは封印。くりくりエンジェル頭も封印。捜査官に戻ったブライアンとドミニクは、レティのこともあり、相棒とはおよそ呼べるものではなく、常に緊張感ただよう関係。ビシバシ火花が見えることも。
でも目的は同じ。なんだかんだと、良いコンビになっていくのでありました。
マイアミのブライアンは封印と書いたけど、ストリートレースに潜入捜査できる。って言われたときのブライアンだけは、素に喜んで小さくガッツポーズ。かわいい(笑)
レースのときも、ズルしたな!って、自分だってさんざんコースはずれてたのに(笑)いばってるのがまだまだ青い感じ♪
そして、レースでバカにしたレーサーの家にブライアン率いるFBIで突入。とんだいたずらっこだ!
FBIになって成長したとみせかけて、根っこはまだまだ少年っぽいところに安心したり。
こう書いてると、まったくやんちゃは全然封印してないんだな~
今回のストリートレースは市街地。
他に、採掘所?みたいなところのカーチェイスが見せ場。
すごいとは思うけど、閉塞的でずっとトンネルで運転してるみたいで息苦しかった。視覚的には市街地レースのほうが楽しいな。
ブライアンが派手にクラッシュするのは初めて。フィクションだから許せるけど・・・・
最後は、移送されるドミニクを救出するチームをミアと共に率いてるブライアン。・・・で続く。
FBIに約束を守ってもらえなかったことで、法の世界に見切りをつけたということか。
ここからはお祭り気分で楽しもう!ってふっきれたものです。
DVDにはNGシーンも入ってます。
ポールがグリーンバックが苦手なのがよーくわかる(笑)
アウトドア好きだもんね~
作品がシリアスなので、せめてNGで満面の笑顔がみられて嬉しい
ほんとハッピーそうに笑うのよね~(^-^)
NG集はポールの笑顔でいっぱいですよ~♪
あれ、そういえば珍しく未公開シーンというのはなかったな。
ポールは、この中のインタビューで「4作目に出るのは本当は気が進まなかったんだ」と言っている。
「でも、ヴィン、ミシェル、ジョーダナーが出ると知り出演を決めた」と。
義理堅いポールくんらしい理由の選択だなぁと思います。
上映当時のインタビュー記事リンクしておきます
RIP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA